ハセミモータースポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社ハセミモータースポーツ
HASEMI MOTOR SPORT
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町中津6758
設立 1981年2月
業種 サービス業
代表者 長谷見昌弘
外部リンク http://www.hasemi-ms.com/
テンプレートを表示

有限会社ハセミモータースポーツ(HASEMI MOTOR SPORT)は、元レーシングドライバー長谷見昌弘が代表を務める日本の企業。

星野一義率いるホシノインパルと並び、日産系チームとしてNISMOに次ぐ地位を占めるレーシングチームであった。

2010年まで後述するようにプロトタイプレーシングカーツーリングカーで争われる各種レースに参戦していたが、2011年のSUPER GT参戦を断念し、現在はレース活動を中断。アフターパーツの販売を中心に企業活動を継続している。

レース参戦実績[編集]

全日本耐久選手権[編集]

1983年から1987年まで、日産のエンジンを搭載するグループCカーで参戦。ワークス活動を再開する前の日産のセミワークス的立場にあった。1988年にNISMOが直接エントリーすることになり、撤退することとなる。

年度 参加マシン ドライバー 最高位
1983年 スカイラインターボC 長谷見昌弘/都平健二
1984年 LM04C/日産 長谷見昌弘/都平健二 4位
1985年 LM04C/日産、マーチ・85G/日産 長谷見昌弘/和田孝夫 5位
1986年 マーチ・85G/日産、マーチ・86G/日産 長谷見昌弘/和田孝夫 3位
1987年 マーチ・86G/日産、マーチ・87G/日産 長谷見昌弘/鈴木亜久里 8位

全日本ツーリングカー選手権[編集]

1986年から1995年まで、日産の車両で参戦(1994年はNISMOワークスのみでハセミの参戦はなし)。日産のセミワークス的立場で、1989年、1991年、1992年にはタイトルを獲得した。1996年からはハセミモータスポーツでの参戦はなくなり、長谷見自身はHKSオペルでシリーズに参戦した。

年度 参加マシン ドライバー 最高位
1986年 スカイラインRSターボ(R30) 長谷見昌弘/舘善泰 2位
1987年 スカイラインRSターボ(R30) 長谷見昌弘/鈴木亜久里 2位
1988年 スカイラインGTS-R(R31) 長谷見昌弘/高橋健二 5位
1989年 スカイラインGTS-R(R31) 長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン 1位
1990年 スカイラインGT-R(R32) 長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン 1位
1991年 スカイラインGT-R(R32) 長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン 1位
1992年 スカイラインGT-R(R32) 長谷見昌弘/福山英朗 1位
1993年 スカイラインGT-R(R32) 長谷見昌弘/福山英朗 1位
1995年 プリメーラ(P10) 長谷見昌弘 3位

全日本GT選手権・SUPER GT[編集]

1994年~2000年は日産・スカイラインGT-RでGT500(GT1)クラスに参戦していた。参戦初年度から好調だったが、成績は次第に低迷した。

2001年~2003年は予算の関係並びに日産の意向により日産・シルビア(2001年・2002年)や日産・フェアレディZ(2003年)でGT300クラスに参戦。2003年はシリーズチャンピオンに輝く。

2004年にフェアレディZでGT500クラスに復帰。2008年より車両が日産・GT-Rに変更。

2010年は、再度日産の意向によりフェアレディZでGT300クラスに参戦、シリーズチャンピオンを獲得した。

長年、ユニシアジェックス(現・日立ユニシアオートモーティブ)をメインスポンサーとしていたが、2003年はエンドレス、2004年・2005年はG'zox、2006年から2008年はイエローハットがメインスポンサーとなっていた。2009年はメインスポンサーはなくなったが、トミカタカラトミー)とEBBRO(エムエムピー)が車名に冠された。マシンのカラーリングは、シルエットフォーミュラ時代を髣髴させる赤と黒の復刻カラーリングで、長年のスポンサーであるトミカへの感謝を表したものでもある。この年からタイヤをミシュランに変更した。

エンジンチューナーは東名エンジンなど。

年度 参戦クラス 参加マシン ドライバー 獲得ポイント ランキング
1994年 GT-1 (GT500) スカイラインGT-R(R32) 長谷見昌弘 56pts 2位
1995年 スカイラインGT-R(R32、R33) 長谷見昌弘 61pts 2位
1996年 GT500 スカイラインGT-R(R33) 長谷見昌弘/田中哲也 47pts 5位
1997年 スカイラインGT-R(R33) 長谷見昌弘/田中哲也 37pts 7位
1998年 スカイラインGT-R(R33) 長谷見昌弘/田中哲也 37pts 5位
1999年 スカイラインGT-R(R34) 長谷見昌弘/田中哲也 27pts 17位
2000年 スカイラインGT-R(R34) 長谷見昌弘/田中哲也 13pts 16位
2001年 GT300 シルビア(S15) 井出有治柳田真孝 53pts 4位
2002年 シルビア(S15) 山野哲也/柳田真孝 70pts 3位
2003年 フェアレディZ(Z33) 木下みつひろ/柳田真孝 77pts シリーズチャンピオン
2004年 GT500 フェアレディZ(Z33) 金石年弘エリック・コマス 50pts 4位
2005年 フェアレディZ(Z33) 金石年弘/エリック・コマス 42pts 8位
2006年 フェアレディZ(Z33) 横溝直輝ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 32pts 15位
2007年 フェアレディZ(Z33) セバスチャン・フィリップ/柳田真孝 30pts 12位
2008年 GT-R(R35) ロニー・クインタレッリ/横溝直輝 39pts 12位
2009年 GT-R(R35) ロニー・クインタレッリ/安田裕信 49pts 7位
2010年 GT300 フェアレディZ 星野一樹/柳田真孝 64pts シリーズチャンピオン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]