東京四社営業委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
  1. 帯の位置の違いがわかる四社カラー車の側面の高解像度画像
  2. 四社の行灯の点灯中の画像
画像提供をお願いします。2021年2月
株式会社東京四社営業委員会
Tokyo yonsha taxi association
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
103-0023
東京都中央区日本橋本町四丁目15番11号
業種 陸運業
法人番号 1010001129530
事業内容 輸送効率向上に関する事業 他
代表者 代表取締役 前島 忻治
資本金 1億円
純利益 3540万8000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 2億2990万8000円(2020年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
外部リンク http://www.tokyo-yonsha.gr.jp
テンプレートを表示

東京四社営業委員会(とうきょうよんしゃえいぎょういいんかい)は、東京23区武蔵野市三鷹市営業区域(特別区・武三交通圏)とするタクシー会社大手4社によって構成される営業組織である。構成しているのは以下の4社で、「東京四社」、「東京大手四社」などとも呼ばれる。

  1. 和自動車交通 
  2. 日本交通
  3. 都自動車交通
  4. 際自動車

上記4社は、それぞれの会社の頭文字から「大日本帝国」とも総称・俗称される。

概要[編集]

太平洋戦争末期の統制経済下に東京地区のタクシー会社は整理統合された後、これら4社はいずれも終戦後ほぼ同時期に設立された。

本委員会は各社が営業上の相互利益を得るために組織されたもので、共通チケット・クーポン券の発行・取り扱いならびに無線配車での協力が行われる。

車両に関しては、一般車では球型行灯に「四社カラー」と呼ばれるレモンイエローに赤帯[注釈 1]の統一仕様となる。ただし、ハイグレード車では、行灯は一般車と共通となるものの色が黒または紺とするほか車体表記に統一性がない。球型行灯も社章や文字色は基本的に青だが、日本交通のみ車体色の区別を行灯の社章や文字色に移行したため金色の車両があるほか、ピンク色の車両も存在する。四社の系列にある事業者のうち都区内・武蔵野・三鷹以外の営業区域(特別区・武三交通圏)以外にある事業者は「四社カラー」を採用している場合(例:東葛交通圏の帝都あたごタクシー(2020年京成タクシーホールディングス傘下に異動し京成タクシーあたごに改称され四社からは離脱)[注釈 2])とそうでない場合(例:南房交通圏の館山中央交通(2018年廃業))がある。

運転席・助手席扉の社名表記は英文字となるが、本体と系列事業社では以下の差異がある。

東京四社社名表記
グループ 本体 系列・提携事業社 無線番号表記 帯の位置(クラウン)
大和自動車交通 DAIWA DAIWA GROUP
社名英大文字
大和**** アウタードアハンドルを結んだ線と並行ではなく車体下部と並行
日本交通 NIHON KOTSU NIHON KOTSU GROUP[注釈 3]
社名英大文字[注釈 4]
無線**** アウタードアハンドルを結んだ線と並行しそれより上
帝都自動車交通 TEITO[注釈 5] TEITO GROUP
社名英大文字[注釈 6]
無線**** アウタードアハンドルを結んだ線と並行しそれより下
国際自動車 KOKUSAI MOTORCARS KOKUSAI GROUP[注釈 7]
社名英大文字
無線****[注釈 8] アウタードアハンドルを結んだ線と並行しそれと同じ高さ

参考までに、ハイグレード車の表記の差異は下記の通り。

東京四社社名表記(ハイグレード車)
グループ 本体 系列・提携事業社 無線番号表記 表記のスタイル
大和自動車交通 (社紋)
DAIWA TAXI
(社紋)
DAIWA TAXI GROUP
社名英大文字
****[注釈 9] 社名は斜体
ゴシック金文字
日本交通 (社紋)
NIHONKOTSU
(社紋)
NIHON KOTSU GROUP
社名英大文字[注釈 4]
無線**** 社名はフーツラ
ゴシック金文字
帝都自動車交通 TEITO TAXI[注釈 10] TEITO TAXI GROUP
社名英大文字[注釈 11]
帝都****[注釈 12] 社名は斜体
明朝体金文字
国際自動車 (社紋)
KOKUSAI MOTORCARS
(社紋)
社名英大文字[注釈 13]
無線****[注釈 8] ゴシック銀文字

なお、2017年1月12日に大和自動車交通が東京無線と無線配車用スマートフォンアプリケーション[注釈 14]ならびにタクシーチケットを同年4月1日から統合することを発表[2]したことを受け、同年2月9日に本委員会協定1条に定められている「相互の融和と協調」に反するとして大和自動車を除名することを決定通告[3][4]。これに対し同社では法的措置を検討[5]、同月17日に東京地方裁判所に仮処分申し立てを行った[6]。同年8月9日に申し立てに対する和解が成立[7][8]。2020年3月末まで東京無線との間で車体色・行灯の統一ならびにタクシーチケットおよび無線配車の統合を行わないことを条件として大和以外の三社が除名の意思表示を撤回した[注釈 16]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 車体側面以外に関しては系列事業者では一部を除き省略するほか、位置など細かい差異は存在する。また日本交通グループの日交美輝所属車の一部は大和グループの金龍自動車交通から移籍であるため帯が大和仕様という異端車があったなど、四社間の移籍(昭栄自動車、改進タクシー、日日交通が大和から日本交通に移籍した例)や中古車(日本交通グループの東京梅田交通の国際自動車からの中古車)においては必ずしも帯の仕様等は一致しない。
  2. ^ ただし通常前輪と前扉の間にあるTAXIの表記が前扉の帯中央のTEITOと書かれるべき位置にあり、本来TAXIの表記がある位置に帰庫地表記がある。
  3. ^ JapanTaxi(旧:全国タクシー)やGO(旧:MOV)アプリラッピング車は帯に系列社名を表記。
  4. ^ a b ワイエム交通のみYm KOTSUと小文字を含む。
  5. ^ 本体直系の4社のうち1社は帯の表記は同一なものの帯の下の帝都の社章の横の表記が異なり、帝都三信交通・帝都日新交通は帝都(帝○都)が三信(三○信)または日新(日○新)になっている。残る帝都葛飾交通・帝都三信大森交通は四社色は存在しない(一般車も濃紺色または黒)。かつての直系であった帝都あたごタクシーは帝都(帝○都)が帝都あたご(帝都○あたご)になっていた。
  6. ^ 帝都と提携する京王グループは四社色が存在しない。また四社色を保有する系列会社でも本体と異なり社紋横の帝都(帝○都)がなく社紋のみある。
  7. ^ フルクルアプリラッピング車は帯に系列社名を表記。
  8. ^ a b かつては番号の前が「国際」であった。
  9. ^ 本体およびグループでもジャパンタクシーは丸孝グループ3社を除き無線番号の前には何もつかない。それ以外のグループ各社のジャパンタクシー以外およびジャパンタクシーを含む丸孝グループ3社は無線番号の前に「大和」とつく。
  10. ^ 本体直系の4社は表記が異なり、帝都葛飾交通は「TEITO KATSUSHIKA」、帝都三信交通は「TEITO SANSHIN」、帝都三信大森交通は「TEITO SANSHIN ŌMORI」、交通は「TEITO NISSIN」となっていて、社名の後ろか下にTAXIが入る。また、クラウン系・セドリック以外は社紋が社名の下につく。かつての直系であった帝都あたごタクシーは「あたごタクシー」となっていた。
  11. ^ 帝都と提携する京王グループは帝都の社紋の下に京王グループロゴがついている。それ以外のグループのクラウン・セドリックは社紋がつかない。
  12. ^ 都内の本体直系4社は番号の前が帝都葛飾・帝都三信・帝都三信大森・帝都日新となっている。
  13. ^ 一部の系列では社名の後ろにTAXIと表記し、前輪と前扉の間のTAXIを省略している。その事業者の一般色では社名の後ろにはTAXIとは入っていない。
  14. ^ なお、どちらの無線配車用スマートフォンアプリケーションも使用するデジタル無線が両者とも富士通テン(現・デンソーテン)製であったことから同社およびメイテツコムが各者と共同開発したアプリケーションであり、ほぼ同一のUIを使用するものであってかつ容易に統合可能なものであった。
  15. ^ 東京四社の中では国際自動車および大和自動車交通が導入。日本交通および帝都自動車交通はJapanTaxiおよびGOを採用。
  16. ^ 2020年3月末以前でも無線配車用スマートフォンアプリケーションの統合は可能とされたものの、いずれの統合・統一も2020年末時点ではなされていない。無線配車用スマートフォンアプリケーションの統合に代わりチェッカーキャブを含めたPC・スマホ用ウェブアプリ「Webタク」がサービス開始されたほか、東京無線はチェッカーキャブとの提携に伴い「S.RIDE[注釈 15]の導入が機関決定されていることから最終的には同一のスマートフォンアプリケーションからの配車は実現される。

出典[編集]

外部リンク[編集]