筑波観光鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筑波観光鉄道株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
300-4352
茨城県つくば市筑波1番地
設立 1923年4月4日
業種 陸運業
法人番号 5050001015822
事業内容 鋼索鉄道・索道事業
食堂・売店業、ホテル業
代表者 代表取締役社長 手塚 真一
資本金 4735万円
(2017年3月31日現在[1]
売上高 7億1543万6000円
(2017年3月期[1]
営業利益 3535万6000円
(2017年3月期[1]
純利益 3080万5000円
(2017年3月期[1]
純資産 8億9521万1000円
(2017年3月31日現在[1]
総資産 12億7603万8000円
(2017年3月31日現在[1]
決算期 3月31日
主要株主 京成電鉄 73.46%
筑波山神社 18.96%
関東鉄道 3.17%
(2018年3月31日現在[2]
主要部門 鋼索鉄道・索道
主要子会社 筑波山京成ホテル
外部リンク http://www.mt-tsukuba.com/
特記事項:筑波山ケーブルカー、筑波山ロープウェイのブランドで展開
テンプレートを表示

筑波観光鉄道株式会社(つくばかんこうてつどう)は、茨城県つくば市ケーブルカーロープウェイによる交通運輸業、食堂・売店業、ホテル業を営む京成グループの会社である。

筑波山のケーブルカーとロープウェイはそれぞれ別の会社が運営していたが、1999年10月にからは両社が合併して発足した筑波観光鉄道が運営している。

筑波鉄道筑波線が廃止された1987年4月からつくばエクスプレス線が開業する2005年8月までつくば市内唯一の鉄道事業者であった。

関東鉄道や、つくばエクスプレス線を運営する首都圏新都市鉄道など、筑波山にアクセスする公共交通機関には当社と同様京成電鉄の資本が直接・間接的に入っている事業者が多い。

歴史[編集]

運営路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鉄道統計年報平成28年度版 - 国土交通省
  2. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成30年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]