大山観光電鉄大山鋼索線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大山鋼索線
大山ケーブルカーの車両「おおやま」号
2015年まで運行していた
大山ケーブルの車両「おおやま」号
概要
通称 大山ケーブルカー
種別 鋼索鉄道
起終点 起点:大山ケーブル駅
終点:阿夫利神社駅
駅数 3駅
運営
開業 1931年8月1日 (1931-08-01)
廃止 1944年2月5日
再開 1965年7月11日
所有者 大山観光電鉄
運行方法 単線2両交走式
路線諸元
路線総延長 0.8 km (0.50 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
運行速度 3.5 m/s (11 ft/s)[1]
最高地点 標高 678 m (2,224 ft)
高低差 278 m (912 ft)
最急勾配 477 [2] (25 ° 30 )[1]
停車場・施設
ENDEa+BSalr
0.0 大山ケーブル駅
STR+BSlr
TUNNEL2
BRÜCKE
BRÜCKE
BS2+l BS2+r
STR+BSr STR+BSl
0.4 大山寺駅
BS2l BS2r
TUNNEL2
STR
STR
STR+BSr
ENDEe+BSer
0.8 阿夫利神社駅

大山鋼索線(おおやまこうさくせん)とは、神奈川県伊勢原市の大山ケーブル駅から阿夫利神社駅に至る大山観光電鉄ケーブルカーである。大山ケーブルカーと呼ばれている。

丹沢山地の南東にある大山を登るケーブルカーで、山上にある大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)への参詣のほか、大山・ヤビツ峠方面へのハイキングなどに利用されている。

2015年(平成27年)まで約50年間使用された車両は「たんざわ」号、「おおやま」号の2両であった[3][4][5][6]2005年(平成17年)10月に最終の車両塗装デザイン変更と改装を行った[1][6]。老朽化に伴う設備交換で2015年(平成27年)5月17日の最終運行をもって引退し[3][4][6]、同年10月1日に新造車両が運行を開始する予定である[3][4][7]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

20分間隔で運行。多客期は増発や営業時間の延長が行われる。大山ケーブル - 阿夫利神社間の所要時間は6分。

歴史[編集]

江戸時代から庶民の信仰を集めた「大山講」で賑わいを見せた大山阿夫利神社への参詣の便を図るために建設された。1928年に開業し、1944年まで大山鋼索鉄道として営業していたが、戦後1965年になってこれを大山観光電鉄の運営で復活した。戦時中不要不急路線として休止ないし廃止されたケーブルカーの中ではもっとも遅く復活開業した路線である[11]

  • 1927年(昭和2年)9月22日 大山鋼索鉄道発起人に対し大山町地内1マイル (1.6km) の鉄道免許状下付[12]
  • 1928年(昭和3年)9月 大山鋼索鉄道設立。所在地は東京市麹町区丸ノ内[13]
  • 1931年(昭和6年)8月1日 大山鋼索鉄道 追分 - 不動尊 - 下社間 0.7km が開業[14]
  • 1937年(昭和12年)9月14日 大山町地内下社 - 山頂間 指定期限までに工事竣工せざるため免許取消[15]
  • 1944年(昭和19年)2月5日[9][16] 不要不急線として追分 - 下社間を廃止[1]
  • 1950年(昭和25年)7月21日[8][1] 大山観光設立[6][1]
  • 1951年(昭和26年)2月19日[8] 大山観光に対し追分 - 下社間の地方鉄道敷設免許[11]
  • 1953年(昭和28年)8月 大山観光電鉄に社名変更[1]
  • 1965年(昭和40年)7月11日 大山観光電鉄 追分 - 下社間 0.8km が開業[8][9][6]
  • 2008年(平成20年)10月1日 追分駅を大山ケーブル駅、不動前駅を大山寺駅、下社駅を阿夫利神社駅に改称[17]
  • 2012年(平成24年)
  • 2015年(平成27年)
    • 5月17日 この日の営業をもって、戦後の再開業以来使用されてきた客車「たんざわ」号・「おおやま」号が引退[3][4]
    • 5月18日 同年9月30日までの予定で、車両・レール・枕木・電気設備等の大規模更新工事を実施するため長期運休[5]
    • 10月1日 新型車両の運行開始予定[3][4][7]

駅一覧[編集]

大山ケーブル駅(地図) - 大山寺駅(地図) - 阿夫利神社駅(地図

大山ケーブル駅[編集]

頭端式ホーム2面1線の地上駅。標高400m[1]。当駅から山麓方面を結ぶ大山登山鉄道が接続する計画が存在したが、1961年に免許申請が取り下げられた[19]

大山寺駅[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。標高512m[1]。1番ホームと2番ホームは跨線橋で連絡している。当駅で列車の交換を行う。列車により発着番線が異なり、線路にケーブルがある方に上り列車が、ケーブルがない方に下り列車が発着する。行き違い箇所に設けられた中間駅は、日本に現存する鋼索線では唯一である。

阿夫利神社駅[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅。標高678m[1]。かつては当駅から山頂までの延伸計画が存在したが、1937年に免許取消となった[12][15][19]

接続路線[編集]

バス停から大山観光電鉄大山ケーブル駅までの間は上り階段が続き、その沿道には多数のお土産屋や茶店が並ぶ観光地となっている。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 会社概要”. 大山観光電鉄. 2012年10月25日閲覧。
  2. ^ けいてつ協會『知られざる鉄道』JTB、1997、p.184
  3. ^ a b c d e f “大山ケーブルカー、50年分のありがとう 新型車両は10月から”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年5月18日)
  4. ^ a b c d e 長真一(2015年5月20日). “大山ケーブルカー:旧型車両が最終運行 9月末まで運休”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  5. ^ a b 「大山ケーブルカー」長期運休のお知らせ (PDF) - 大山観光電鉄. (2015年1月29日) 2015年5月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e 岸田法眼 (2015年6月1日). “フォーエヴァースペシャル2015-鉄道車両の引退が相次ぐIII-”. Yahoo!ニュース(個人). http://bylines.news.yahoo.co.jp/kishidahougan/20150601-00045965/ 2015年6月5日閲覧。 
  7. ^ a b 「新型大山ケーブルカー」デザイン決定! (PDF) - 大山観光電鉄. (2015年3月24日) 2015年5月25日閲覧。
  8. ^ a b c d e 国土交通省鉄道局監修『平成18年度 鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会、2006年、p.184
  9. ^ a b c d 和久田康雄『私鉄史ハンドブック』電気車研究会、1993年、p.81
  10. ^ 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』4号 関東2、新潮社、p.44
  11. ^ a b 1951年の運輸審議会にて免許「運輸省告示第36号」『官報』1951年3月3日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ a b 「鉄道免許状下付」『官報』1927年9月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 日本全国諸会社役員録。 第39回(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  14. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1931年8月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)距離は官報による。
  15. ^ a b 「鉄道免許取消」『官報』1937年9月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 岸田 (2015)によれば2月11日
  17. ^ 10月から全駅名が変更 - タウンニュース 伊勢原版、2008年9月12日号
  18. ^ a b “大山ケーブルカー、きょう2日運行再開、阿夫利神社節分祭は予定通り/伊勢原”. 神奈川新聞. (2012年2月2日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1202010044/ 2012年2月3日閲覧。 
  19. ^ a b 相武電鉄上溝浅間森電車庫付属資料館 このサイトの下社 - 山頂間の免許取消年の記述「昭和12年(1936年)」の西暦は官報に従うと1937年の誤り。

外部リンク[編集]