鞍馬寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鞍馬寺
Kurama-dera sanmon.jpg
仁王門
所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
位置 北緯35度7分5.02秒 東経135度46分14.67秒 / 北緯35.1180611度 東経135.7707417度 / 35.1180611; 135.7707417座標: 北緯35度7分5.02秒 東経135度46分14.67秒 / 北緯35.1180611度 東経135.7707417度 / 35.1180611; 135.7707417
山号 鞍馬山
宗派 鞍馬弘教
寺格 総本山
本尊 尊天(毘沙門天王千手観世音菩薩・護法魔王尊)
創建年 伝・宝亀元年(770年
開基 伝・鑑禎
札所等 新西国三十三箇所19番
文化財 木造毘沙門天立像・木造吉祥天立像・木造善膩師童子立像、鞍馬寺経塚遺物一括(国宝)
木造聖観音立像、木造兜跋毘沙門天立像、黒漆剣、剣(無銘)、銅燈篭、鞍馬寺文書(重要文化財)
テンプレートを表示
本殿金堂
本殿前の阿吽の虎
石段を飾る灯篭
奥の院魔王殿(拝殿)
大杉権現
僧正ガ谷不動堂
冬柏亭、与謝野晶子書斎

鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られる。新西国十九番札所である。

なお、鞍馬寺への輸送機関としてケーブルカー鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっている。

歴史[編集]

寺に伝わる『鞍馬蓋寺縁起』(あんばがいじえんぎ)が草創縁起を伝えており、鑑真の高弟・鑑禎が宝亀元年(770年)に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりという。鑑禎は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8名のうちの最年少であった。宝亀3年(772年)のある夜、鑑禎は霊夢を見、山城国の北方に霊山があると告げられる。霊山を尋ねて出かけた鑑禎は、ある山の上方に宝の鞍を乗せた白馬の姿を見る。その山が鞍馬山であった。山に入った鑑禎は女形の鬼に襲われ殺されそうになるが、あわやという時、枯れ木が倒れてきて鬼はつぶされてしまった。翌朝になると、そこには毘沙門天の像があったので、鑑禎はこれを祀る一寺を建立したという。この鑑禎の話は『鞍馬蓋寺縁起』以外の書物には見えず、どこまで史実を伝えるものかわからない。ただし、清水寺の草創縁起と同様、南都(奈良)の僧が創建にかかわったとしている点は注目される。

今昔物語集』『扶桑略記』など諸書には別の伝承が見られる。それによれば、延暦15年(796年)、藤原南家の出身で造東寺長官を務めた藤原伊勢人は、自分の個人的に信仰する観音を祀る寺を建てたいと考えていた。伊勢人は、ある夜見た霊夢のお告げにしたがい、白馬の後を追って鞍馬山に着くと、そこには毘沙門天を祀る小堂(上述の鑑禎が建てたもの?)があった。「自分は観音を信仰しているのに、ここに祀られているのは毘沙門天ではないか」と伊勢人はいぶかしがった。ところが、その晩の夢に1人の童子が現われ、「観音も毘沙門天も名前が違うだけで、実はもともと1つのものなのだ」と告げた。こうして伊勢人は千手観音の像をつくって、毘沙門天とともに安置し、鞍馬寺を創建したという。この伝承は『日本後紀』延暦15年(796年)の条に東寺の造営の任に当たっていた藤原伊勢人の夢に現在の鞍馬寺からほど近い貴船神社の神が現れ鞍馬寺を建立するよう託宣したと記されていることからほぼ史実であると考えられる。

9世紀末の寛平年間(889年 - 897年東寺の僧・峯延(ぶえん)が入寺したころから、鞍馬寺は真言宗寺院となるが、12世紀には天台宗に改宗し、以後の鞍馬寺は長く青蓮院の支配下にあった。寛治5年(1091年)には白河上皇が参詣、承徳3年(1099年)には関白藤原師通が参詣するなど、平安時代後期には広く信仰を集めていたようである。『枕草子』は「近うて遠きもの」の例として鞍馬寺の九十九(つづら)折りの参道を挙げている。

鞍馬寺は大治元年(1126年)の火災をはじめとして、たびたび焼失している。江戸時代文化9年(1812年)には一山炎上する大火災があり、近代に入って1945年昭和20年)にも本殿などが焼失している。このため、堂宇はいずれも新しいものだが、仏像などの文化財は豊富に伝えられている。

昭和期の住職・信楽香雲(しがらきこううん)は、1947年鞍馬弘教を開宗。1949年には天台宗から独立して鞍馬弘教総本山となっている。

京都の奥にある鞍馬山は山岳信仰、山伏による密教も盛んであった。そのため山の精霊である天狗もまた鞍馬に住むと言われる。鞍馬に住む大天狗は僧正坊と呼ばれる最高位のものでありまた鞍馬山は天狗にとって最高位の山のひとつであるとされる。

本尊[編集]

京都の北に位置する鞍馬寺は、もともと毘沙門天(四天王のうち北方を守護する)を本尊とし、併せて千手観世音を祀った寺院であった。[1]しかし、鞍馬弘教立教後の現在の鞍馬寺の信仰形態は独特のもので、本尊についても若干の説明を要する。

鞍馬弘教立教後の寺の説明によると、鞍馬寺本殿金堂(本堂)の本尊は「尊天」であるとされる。堂内には中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊が安置され、これらの三身を一体として「尊天」と称している。「尊天」とは「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとする。また、毘沙門天を「光」の象徴にして「太陽の精霊」・千手観世音を「愛」の象徴にして「月輪の精霊」・魔王尊を「力」の象徴にして「大地(地球)の霊王」としている。鞍馬寺とは、どこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多い場所にして、そのパワーに包まれるための道場であるとしている。「尊天」のひとり、「護法魔王尊」とは、650万年前(「650年」の間違いではない)、金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない永遠の存在であるという[2]

本殿金堂の毘沙門天・千手観世音・護法魔王尊はいずれも秘仏であるが、秘仏厨子の前に「お前立ち」と称する代わりの像が安置されている。お前立ちの魔王尊像は、背中に羽根をもち、長いひげをたくわえた仙人のような姿で、鼻が高い。光背は木の葉でできている。多宝塔に安置の護法魔王尊像も同じような姿をしている。このことから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったと思われる。また、16歳とされているわりに歳をとった姿をしている。

境内・伽藍[編集]

  • 仁王門 - 1891年(明治24年)焼失し、1911年(明治44年)再建された。山門駅から多宝塔駅までのケーブルカーは1957年(昭和32年)に開通している。標高250m。
  • 多宝塔 - 1959年(昭和34年)再建。標高370m。
  • 鬼一法眼社、魔王乃滝
  • 由岐神社
  • 義経公供養塔 - 牛若丸(後の源義経)が7歳から約10年間住んだ東光坊の跡。
  • 九十九折参道 - 清少納言が『枕草子』で「くらまの九十九折といふ道」と記した坂道。
  • 中門 - 勅使が通った門
  • 転法輪堂 - 1969年(昭和44年)再建。
  • 本殿金堂 - 1971年再建。三尊尊天を祀る。標高410m。
  • 寝殿 - 1924年(大正13年)の建築。
  • 光明心殿 - 護法魔王尊を祀る。
  • 与謝野鉄幹・与謝野晶子歌碑
  • 霊宝殿 - 本殿裏にある。1階は鞍馬山自然博物苑で、鞍馬山の動植物に関する展示がある。2階は寺宝展示室と与謝野鉄幹与謝野晶子の遺品等を展示した、与謝野記念室がある(鞍馬弘教を開宗した信楽香雲は与謝野門下の歌人であった)。3階は仏像奉安室で、国宝の木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子(ぜんにしどうじ)立像の三尊像をはじめとする文化財が展示されている。鞍馬寺の本尊はこの毘沙門天の三尊像であったとする説や、同じく霊宝館に安置されている平安時代後期の重要文化財兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)の姿と近いものでなかったかとする説もある。平安時代中期以降の末法思想から生み出された経塚遺跡からの発掘品も見ることができる。
  • 冬柏亭 - 与謝野晶子書斎、東京から移築
  • 息つぎの水 - 牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水を汲んで喉の渇きを潤したと伝えられている。
  • 屏風坂の地蔵堂(革堂の地蔵尊)
  • 背比べ石 - 奥州に下る牛若丸が名残を惜しんで背を比べたと言われる石。標高485m。
  • 大杉権現 - 護法魔王尊影向(ようごう)の杉として信仰を集める。
  • 義経堂 - 義経公を遮那王尊として祀る。
  • 僧正ガ谷不動堂 - 謡曲の鞍馬天狗が牛若丸と出会ったと言われる所。堂内には伝教大師(最澄)が刻んだと伝えられる不動明王が安置されている。
  • 奥の院魔王殿 - 本殿から西の貴船神社へ抜ける山道の途中、奇岩の上にある小堂。650万年前に金星から地球に降り立ったという魔王尊を祀っている。現在の建物は1945年(昭和20年)の焼失後の再建。標高435m。
  • 西門

文化財[編集]

毘沙門天立像
吉祥天立像

国宝[編集]

  • 木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子(ぜんにしどうじ)立像
  • 鞍馬寺経塚遺物 一括
    • 石宝塔(旧塚上所在)1基
    • 銅宝塔 1基
    • 鉄宝塔 1基
    • 銅経筒 経巻残塊共 保安元年(1120年)在銘 1合
    • 銅経筒残闕 治承三年(1179年)在銘 1合
    • 銅経筒蓋 法橋院尚在銘 1箇
    • 金銅経筒 1合
    • 銅宝幢形経筒 1合
    • 銅経筒残闕 一括
    • 土製経筒 2合
    • 金銅三尊像 3躯
    • 金銅板押出菩薩像残闕 1面
    • 懸仏 残闕共 一括
    • 鏡像 3面
    • 銅鏡 残闕共6面分
    • 金銅独鈷杵 1本
    • 銅水瓶 1口
    • 青白磁合子類 一括
    • 石硯 2面
    • 銅板扉 文応元年(1260年)在銘 1枚
    • 銅銭 一括
    • 其の他伴出物一切

重要文化財[編集]

  • 木造観音菩薩立像 肥後別当定慶
  • 木造兜跋毘沙門天立像
  • 黒漆剣
  • 剣(無銘)
  • 銅燈籠 正嘉銘(1258年頃)
  • 鞍馬寺文書 1巻

札所[編集]

年中行事[編集]

  • しめのうち詣(元旦 - 1月15日)
  • 初寅大祭(1月最初の寅の日)
  • 節分追儀式(節分の日)
  • 春の酬得会(春の彼岸入の日)
  • 清浄髪祈願祭(4月上旬)
  • 尊天むすび伝法式(4月上旬)
  • 花供養(4月中旬)
  • 五月満月祭(うえさくさい -五月の満月宵 5月の満月の日に行われる)
  • 竹伐り会式(たけきりえしき)(6月20日午後2時)
  • 如法写経会(8月1日 - 8月4日)
  • 義経祭(9月15日)
  • 秋の酬得会(秋の彼岸入の日)
  • 秋の大祭(10月14日)
  • 平和の祈り(11月23日)
  • 納めの寅(12月再度の寅の日)
  • 毎月の御縁日(毎月1・7・14日・寅の日)

交通[編集]

京都市内から鞍馬寺前まで
叡山電鉄出町柳駅から鞍馬線に乗ると約30分で鞍馬駅に着く。駅を出て徒歩1分で仁王門(山門)に至る。
  • その叡山電鉄の親会社である京阪電気鉄道では、同社との共同企画乗車券『鞍馬・貴船1dayチケット』を出町柳駅を除く京阪線系統すべての駅で発売しており、拝観の際に本券を受付に提示すると、愛山費が大人通常200円のところを優待料金で拝観できる[3]
仁王門から本殿金堂まで(徒歩)
仁王門(0) - 287m - 由岐神社(50) - 791m - 本殿金堂(160)
  • 括弧内の数字は仁王門の標高を基準とした標高差(単位m)
山門から由岐神社を経て途中にある小さな門までは未舗装の急坂の山道で、門からは石段と石畳の道となる。全て歩くとなると成人男性で30分ほどは見ておく必要がある。
仁王門から本殿金堂まで(ケーブルカー利用)
仁王門(山門駅)(0) - 200m - 多宝塔駅(120) - 456m - 本堂金堂(160)
  • 括弧内の数字は仁王門の標高を基準とした標高差(単位m)
徒歩での参拝は、高齢者などには大変なため、仁王門から多宝塔の間にケーブルカー鞍馬山鋼索鉄道)を運行している。乗車時間は2分ほどの距離だが、寺に100円の寄付金を納めた人が無料で乗車できる(事実上、運賃が片道100円)。多宝塔から本殿金堂までは10分ほどの石畳を歩く。ただ、ケーブルカー経由の道は由岐神社を経由しない。なお、寺側は歩くことが可能な人は、ケーブルカーを使わずに徒歩で参拝することを勧めている。
貴船側からのアクセス
貴船神社(35) - 573m - 魔王殿(185) - 460m - 背比べ石(235) - 404m - 本殿金堂(160)
  • 括弧内の数字は仁王門の高さを基準とした標高差(単位m)
貴船からの入り口は西門と呼ばれる。このルートはかつて牛若丸が天狗との修行で走った道とされている。山をひとつ越えることになるので鞍馬側から登るより大変である。成人男性でも50分ほどかかる。

脚注[編集]

  1. ^ 鞍馬寺史 大正十年
  2. ^ 以上の説明は信楽香仁「くらま山の信仰と歴史」『古寺巡礼京都27 鞍馬寺』(淡交社、1978)、pp.79 - 85による。
  3. ^ 鞍馬・貴船1dayチケット 優待特典一覧 (PDF) - 京阪電気鉄道

参考文献[編集]

  • 信楽香仁『天狗の山 くらまだより』、大東出版社、1990
  • 井上靖、塚本善隆監修、遠藤周作、信楽香仁著『古寺巡礼京都27 鞍馬寺』、淡交社、1978
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛北』駸々堂、1982
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』13号(鞍馬寺ほか)、朝日新聞社、1997
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 京都府』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館

関連項目[編集]