森光明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もり みつあき
森 光明
生誕 1923年3月29日
徳島県徳島市幸町
死没 (1992-01-11) 1992年1月11日(68歳没)
東京都渋谷区
死因 心筋梗塞
住居 東京都世田谷区用賀2-21-20-210
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学経済学部
職業 実業家
活動期間 1946 - 1992
肩書き オリエンタルランド代表取締役社長
任期 1988 - 1992
前任者 高橋政知
後任者 加藤康三
取締役会 京成電鉄
三井不動産
千葉県
子供 森光太郎(長男)

森 光明(もり みつあき、1923年3月29日 - 1992年1月11日)は、日本実業家オリエンタルランド第3代代表取締役社長徳島県徳島市幸町出身。

経歴[編集]

1946年京都帝国大学経済学部卒業と同時に三井物産に入社するも三井財閥解体の為、1年で退社。その後、1947年9月に知人の勧めで日本興業銀行に入行。1973年に仙台支店長就任。

1975年に関連会社の常和興産常務取締役に就任。1979年に同社の専務取締役を経て、1980年オリエンタルランドの専務取締役に転身し東京ディズニーランド建設に参加。

1988年4月に高橋政知代表取締役社長の妻・弘子さんが心臓病の悪化した事をきっかけに、同年6月25日付で同社の3代目代表取締役社長に就任[1]

1988年4月15日の東京ディズニーランド開園5周年記者会見でディズニー・ハリウッド・スタジオの日本版・「ディズニー・ハリウッド・マジック」(1989年11月に「ディズニー・ハリウッド・スタジオ・テーマパーク」に正式検定)建設に積極的だった。しかし、1991年9月5日の高橋政知代表取締役会長とウォルト・ディズニー・カンパニーフランク・ウェルズ代表取締役社長との会談で計画が中止となった。

その後、1991年の銀行関係の新年会に元気な姿で出席していたが、年が明けた1992年1月9日心筋梗塞を起こし東京都渋谷区の病院に入院するも、同年1月11日午後1時13分に帰らぬ人となった(享年68歳)[2][3]。同年には高橋政知会長の愛妻・弘子さんも亡くなっている。

参考文献・出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “人 オリエンタルランドの三代目社長に就任する 森光明さん”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24. (1988年6月25日) 
  2. ^ 読売新聞1992年1月12日朝刊31面
  3. ^ “森オリエンタルランド社長急逝”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (1992年1月12日)