フランク・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・ウェルズ
Frank Wells
生誕 1932年3月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1994-04-03) 1994年4月3日(62歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ネバダ州
死因 ヘリコプター墜落事故
民族 アメリカ人
職業 実業家
肩書き ウォルト・ディズニー・カンパニー代表取締役社長兼COO
任期 1984年 - 1994年
前任者 ロン・ミラー
後任者 ロバート・A・アイガー

フランク・ウェルズ(Frank Wells、1932年3月4日 - 1994年4月3日)は、アメリカ合衆国実業家

生い立ち[編集]

大学卒業後、ワーナー・ブラザースに勤め、1969年から西海岸担当副社長、1973年から社長、1977年から退社する1982年まで副会長を務めた。

1984年、ウォルト・ディズニー・カンパニーの株主ロイ・E・ディズニーとスタンリー・ゴールドは社長兼CEOロナルド・W・ミラーを追放する為、マイケル・アイズナーを会長兼CEO、ウェルズを社長兼COOに迎え入れ、ウェルズはディズニーに入社した。

日本との関係では東京ディズニーシーのディズニー側責任者として交渉に臨んでいる。1991年9月5日、オリエンタルランドの高橋政知会長との会談で日本側より映画スタジオをテーマにした第二パーク計画の中止を正式に通知されると三年をかけたプロジェクトの変更に「我々のやってきた事はシシュフォスの石(the stone of Sisyphus賽の河原の意)に過ぎなかったのか」と正直に嘆じている。

冒険家としての顔も持ち、七大陸最高峰登頂を目標としていたが、エベレストのみ登頂の前日悪天候に見舞われ登頂はならなかった。彼の登山パートナーだったディック・バスは1985年に七大陸最高峰登頂を果たしている。1986年にはこれらの冒険を詳述した著書『Seven Summits』をバス、リック・リッジウェイとの共著で出版した。

1994年4月3日、ネバダ州のルビー山脈でのスキー旅行から帰宅途中、ヘリコプター墜落事故で死亡した。62歳だった。没後ディズニー・レジェンドが贈呈され、1994年6月15日に公開された映画『ライオン・キング』は彼に捧げられた。カリフォルニア州バーバンクにあるウォルト・ディズニー・スタジオには彼の名を冠したビルが建設されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]