金井之恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金井之恭

金井 之恭(かない ゆきやす、天保4年9月18日1833年10月30日) - 明治40年(1907年5月13日)は幕末期の志士明治期の官僚、書家。通称は五郎。字は子誠。号は金洞(きんどう)・梧樓・錦鶏など。長女は弁護士で政治家の小川平吉に嫁ぐ。錦鶏間祗候

経歴[編集]

1833年9月、上野国佐位郡島村(現在の群馬県伊勢崎市)に画家で勤皇家の父・烏洲の三男として生まれる。金井氏新田氏支族岩松氏の流れを汲むとされる。幼少の頃から文学を好み、またもよくした。1867年新田義貞の末裔とされる新田満次郎を擁し倒幕の挙兵を企てるが、事が露顕して投獄される。1868年9月、東京府市政局に出仕。

1869年8月、太政官少史。1874年1月、権少内史。1882年、内閣大書記官。1888年元老院議官1890年10月20日、元老院が廃止され非職となり錦鶏間祗候を仰せ付けられ[1]1891年4月21日、非職元元老院議官を依願免本官となる[2]。同年4月15日、貴族院勅選議員[3]1907年浜松で客死。

人物[編集]

書は初め中沢雪城に学び、のち貫名菘翁の書風に傾倒した[4]。明治書壇の有数の大家であり、日本書道会・書道奨励会の会長等を歴任し、明治9年4月に明治天皇が大久保利通邸を訪問した際には、日下部鳴鶴とともに席書を行った。

大久保利通に渡った際は、井上毅らとともに随行している。

栄典[編集]

筆跡[編集]

高野長英の碑
岩手県奥州市水沢区にある高野長英誕生の地の碑[8]
建碑は1885年、中沢雪城、私淑した貫名菘翁をへて、この顔法に至っている[9]
岡山県新見市大佐小阪部上町にある臨終の地にある碑。

この他全国に150基以上の石碑を残している[10]

著書[編集]

  • 『高山操志』

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  2. ^ 『官報』第2340号、明治24年4月22日。
  3. ^ 『官報』第2335号、明治24年4月16日。
  4. ^ 書道辞典(飯島) P.120
  5. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  7. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  8. ^ 書道辞典(西川) P.28
  9. ^ 近藤 P.194
  10. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「金井金洞石碑一覧表」(勝山城博物館、2017年)

参考文献[編集]

  • 奥山錦洞 『日本書道史』藤森書店、1982年(清教社、1943年の覆刻版)
  • 西川寧ほか 「書道辞典」(『書道講座』第8巻 二玄社、1969年7月)
  • 「図説日本書道史」(『墨スペシャル』第12号 芸術新聞社、1992年7月)
    • 近藤高史 「名品鑑賞 明治」
  • 飯島春敬ほか 『書道辞典』(東京堂出版、1975年4月)
  • 『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』勝山城博物館発行 林淳著 2017年4月

関連項目[編集]