星野錫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星野 錫(ほしの しゃく、安政元年12月26日1855年2月12日) - 昭和13年(1938年11月10日)は、明治時代から昭和時代にかけての実業家、政治家。

略歴[編集]

安政元年(1854年)12月26日に星野乾八の長男として江戸に生まれる。幼名は錫一郎、後に成人後、錫(しゃく、又はせき)と号す。播磨国姫路藩の藩校において学び、明治6年(1873年)に印刷職工となった。明治20年(1887年)に渡米、印刷技術を修める。帰国後、王子製紙を経て明治29年(1896年)に東京印刷を創立し、専務、後に社長を務めた。また、東京商業会議所副会頭などを務め、明治45年(1912年)には第11回衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選。昭和13年(1938年)11月10日に死去した。享年85。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭ほか編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年
  • 日外アソシエーツ編 『20世紀日本人名事典』 日外アソシエーツ、2004年