金杉英五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金杉英五郎

金杉 英五郎(かなすぎ えいごろう、慶応元年7月13日1865年9月2日[1] - 昭和17年(1942年1月26日)は、日本医学者である。

経歴[編集]

千葉県に生まれ、帝国大学(現、東京大学)にて医学を学んだ後、ドイツへ留学。その後、1892年に、高木兼寛経営の東京病院(現、東京慈恵会医科大学附属病院)にて勤務をする傍ら、東京慈恵医院医学校(現、東京慈恵会医科大学)にて、講義を行う。後に、東京慈恵医院医学校が、大学令に基づき、大学に昇格した際、東京慈恵会医科大学の初代学長となった。

耳鼻咽喉科という専門科を創設した人物として知られ、「本邦ニ於テ首メテ耳鼻咽喉科ヲ開設シタルハ本院ニシテソノ第一回部長タルハ将ニ不肖ナリ」という書も残しており、東京耳鼻咽喉科学会(現、日本耳鼻咽喉科学会)の創設者でもある。1917年(大正6年)衆議院議員に当選、1922年(大正11年)貴族院議員勅選。

三男・金杉台三は尾高次郎の娘婿。

栄典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.38。
  2. ^ 『官報』号外、「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。