藤本充安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 充安(ふじもと じゅうあん、慶応3年7月9日1867年8月8日) - 没年不詳)は、日本の内務官僚高松市長

経歴[編集]

熊本県出身。1896年(明治29年)、東京帝国大学法科大学を卒業するとともに高等文官試験に合格した。島根県参事官奈良県参事官、京都府参事官、同事務官、島根県事務官、秋田県事務官、香川県内務部長を歴任した。

退官後の1917年大正6年)に高松市長に就任した。

著書[編集]

  • 『人円主義』(九州日日新聞社、1892年)

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。