施工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プレハブ建築の施工

施工(せこう、しこう[注 1])とは、設計図書設計図、あるいは仕様図ともいう)に基づき、建築物並びに工作物を作り上げると同時に、所定の性能仕様意匠を作り上げることである。施行は誤記。

施工を管理すること、建設業における施工に関する管理(工程管理安全管理品質管理原価管理など)の総称を施工管理と呼んでいる。

そして設計図書通りに施工が遂行されているか、第三者として監理するものを設計監理者という。

外注総額3000万円以上となる工事の施工を設計図書通りに遂行するよう、実際に現場で監理するものを監理技術者といい、一級施工管理技士等の資格を有する必要がある。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 伝統的読みは「しこう」だが、建設業の現場では慣用読みの「せこう」が使われることが多く、NHKでも「せこう」の読みを採用している[1]

出典[編集]

関連項目[編集]