ヴァンサン・ペイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴァンサン・ペイヨン
Vincent Peillon
Vincent Peillon le 1er juin 2012 au rectorat d'Orléans.JPG
生年月日 (1960-07-07) 1960年7月7日(58歳)
出生地 フランスの旗 フランス
オー=ド=セーヌ県シュレンヌ
出身校 パリ第1大学パンテオン=ソルボンヌ
前職 哲学者
所属政党 社会党
称号 哲学国家博士号
公式サイト Le blog de Vincent Peillon

内閣 第1次ジャン=マルク・エロー内閣
第2次ジャン=マルク・エロー内閣
在任期間 2012年5月16日 - 2014年3月31日
大統領 フランソワ・オランド

選挙区 フランス北西選挙区
フランス南東選挙区
当選回数 2回
在任期間 2004年7月20日 - 2012年5月15日

選挙区 ソンム県第3選挙区
当選回数 1回
在任期間 1997年6月12日 - 2002年6月18日
テンプレートを表示
ヴァンサン・ペイヨン(2005年4月21日撮影)

ヴァンサン・ブノワ・カミーユ・ペイヨンフランス語: Vincent Benoît Camille Peillonフランス語発音: [vɛ̃.sɑ̃ pɛ.jɔ̃]1960年7月7日 - )は、フランス哲学者政治家哲学博士

哲学者としては、モーリス・メルロー=ポンティ研究の専門家。

フランス社会党(PS)所属。2004年欧州議会議員選挙欧州社会党から立候補し当選する。2012年5月16日からジャン=マルク・エロー内閣フランス国民教育大臣[1]

私生活では、夫人との間に四子。

著作[編集]

ペイヨンの主な著作は以下の通り。

  • La Tradition de l'esprit : itinéraire de Maurice Merleau-Ponty, Grasset, Paris, 1994.
  • Jean Jaurès et la religion du socialisme, Grasset, Paris, 2000.
  • Pierre Leroux et le socialisme républicain, Le Bord de l'eau, 2003.
  • L'Épaisseur du cogito. Trois études sur la philosophie de Maurice Merleau-Ponty, Le Bord de l'eau, 2004.
  • La Révolution française n'est pas terminée, Le Seuil, Paris, 2008.
  • Une religion pour la République : la foi laïque de Ferdinand Buisson, Le Seuil, Paris, 2010.
  • Éloge du politique : une introduction au XXIe siècle, Le Seuil, 2011.
  • Conversations républicaines, avec François Bazin, Denoël, 2011.

脚注[編集]

  1. ^ www.education.gouv.fr

外部リンク[編集]

公職
先代:
リュック・シャテルフランス語版
国民教育・青少年・市民生活大臣
フランスの旗 国民教育大臣
2012年 - 2014年
次代:
ブノワ・アモン
国民教育・高等教育・研究大臣