FCステアウア・ブカレスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FCステアウア・ブカレスト
原語表記 Fotbal Club Steaua Bucureşti
愛称 Viteziştii
クラブカラー 青と赤
創設年 1947年
所属リーグ ルーマニア・リーグ
所属ディビジョン リーガ1
ホームタウン ブカレスト
ホームスタジアム ゲンチェア
収容人数 28,000
代表者 ルーマニアの旗 ゲオルゲ・ベカリ
監督 ルーマニアの旗 ラウレンツィウ・レゲカンプ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCステアウア・ブカレストルーマニア語: Fotbal Club Steaua Bucureștiルーマニア語発音: [ˈste̯awa bukuˈreʃtʲ])は、ルーマニアブカレストを本拠地とするサッカークラブ。

現在リーガ1(ルーマニア1部リーグ)に所属し、過去に26のリーグ、22のルーマニア・カップ、6つのルーマニアスーパーカップを獲得するなどルーマニア国内において最も成功したクラブである。 またUEFAチャンピオンズリーグの前身であるUEFAチャンピオンズカップを制した東欧勢初のクラブでもある。

略歴[編集]

クラブは1947年6月7日、ルーマニアの王室の数人の役員の主導により、ミハイ・ラスカル(ルーマニア国防相)の承認を受けて王立軍のクラブとして創設された。当初のクラブ名はASA ブカレスト(Asocia ia Sportiva a Armatei Bucuresti)。また7つの部門(サッカーを含む)を擁する総合スポーツクラブでもあった。その後、政変が起こり共産主義政権が樹立した事で1948年にCSCA(Clubul Sportiva Central al Armateii)、1950年にCCA(Casa Centrala Armetei)と改称された。

1961年にCSAステアウア・ブカレスト(Clubul Sportival Armatei Steauai)へ改称された。クラブの新しい名前「ステアウア」の由来はルーマニア語のを意味する言葉であり、赤軍の象徴である赤い星から採用された(ルーマニア国防省の象徴。東欧の多くの軍所有のクラブの象徴でもある)。

1980年代にエメリック・イェネイアンゲル・ヨルダネスクの指導の下で、印象的なチームを築き上げた。1986年5月7日にセビリアで行われたUEFAチャンピオンズカップ決勝において名門FCバルセロナを下し、同タイトルを制した東欧初のクラブとなった。更に同年のUEFAスーパーカップにおいてディナモ・キエフを破り国際タイトル二冠を達成した。クラブはその後チャンピオンズカップにおいて1987-88にベスト4進出、1989年に準優勝する等国際試合において安定した力を維持した。ルーマニア国内においても4度のリーグ(1985-86、1986-87、1987-88、1988-89)と4度のカップ戦(1984-85、1986-87、1987-88、1988-89)を制した。また1986年6月から1989年9月に掛けてリーグ戦104試合無敗記録も作り上げた。

1989年のルーマニア革命によって共産主義政権が崩壊した事で、軍は旧政権との全ての繋がりを断つ事を決定し、1991年に象徴を従来の「星」のデザインから「」がデザインされたものへ変更されたが、2003年に1974年から1991年まで使用したエンブレムに戻した。

また革命後は開かれた自由市場を国家にもたらし、それに伴いゲオルゲ・ハジら有力選手達は西側のクラブに移籍していった。これ以降ヨーロッパのカップ戦においては苦戦を続けているが、国内では安定した地位を維持し続けている。現在のオーナー、ゲオルゲ・ベカリは不動産業で蓄財した資産家・政治家であり、ステアウアへの多額の投資を行う一方、頻繁に監督を解任している。

1998年にサッカー部門はヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の規則に従う為にCSAステアウアから独立し、現在のFCステアウア・ブカレスト(Fotbal Club Steaua)に改称し、AFC ステアウア・ブカレストと呼ばれる非営利団体によって所有される事になった。それと共にかつての「星」のデザインされた象徴も復活させた。現在、軍との直接的な繋がりは、ルーマニア国防省が所有する「Stadionul Ghencea」をホームスタジアムとして使用するだけである。

2014-15シーズンはリーガ1クパ・ロムニエイクパ・リギーで優勝し、史上初の国内3冠を達成した[1]

クラブの特徴[編集]

ゲンチェア

カラー[編集]

クラブ創設時にはルーマニアの三色旗を模した黄色のシャツにいパンツを着用していたが、王立軍のクラブから国軍のクラブへと移行した際に黄色だけは除外され青と赤が公式色として残った。現在は赤いシャツに青いパンツ、赤いソックスの組み合わせが基本であるが他のパターンもある。

スタジアム[編集]

ホームスタジアムはStadionul Steaua(ゲンチェア)を使用する。1974年4月9日に開場されたサッカー専用スタジアムで、当初の収容能力は30,000人であった。 1991年にスタジアムは改修工事を行い、ベンチシートから個席へと変更された。これにより収容能力は28,139人に減少した。またその際に夜間照明システムやVIP専用ボックスも設置された。

ルーマニア代表もこのスタジアムを使用し、1977年3月にトルコ代表との試合が行われて以来59回の国際試合が行われた。

ダービー[編集]

クラブの最も重要な試合はディナモ・ブカレストとの試合である。両クラブはルーマニアにおいて最も成功したサッカークラブであり、この一戦はマレレ・ダービー(グレート・ダービー)と呼ばれ人気を得ているが、サポーター同士の衝突もたびたび起きている。またルーマニア軍(ステアウアを支援)と内務省(ディナモを支援)の代理戦争でもある。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1951, 1952, 1953, 1956, 1959-60, 1960-61, 1967-68, 1975-76, 1977-78, 1984-85, 1985-86, 1986-87, 1987-88, 1988-89, 1992-93, 1993-94, 1994-95, 1995-96, 1996-97, 1997-98, 2000-01, 2004-05, 2005-06, 2012-13, 2013-14, 2014-15
1948-49, 1950, 1951, 1952, 1955, 1961-62, 1965-66, 1966-67, 1968-69, 1969-70, 1970-71, 1975-76, 1978-79, 1984-85, 1986-87, 1987-88(*), 1988-89, 1991-92, 1995-96, 1996-97, 1998-99, 2010-11, 2014-15
2014-15
1994, 1995, 1998, 2001, 2006, 2013

国際タイトル[編集]

1985-86
1987

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン クパ・ロムニエイ
リーグ 順位
1947–48 ディヴィジアA 14位 8回戦敗退
1948–49 ディヴィジアA 6位 優勝
1950 ディヴィジアA 5位 優勝
1951 ディヴィジアA 1位 優勝
1952 ディヴィジアA 1位 優勝
1953 ディヴィジアA 1位 準優勝
1954 ディヴィジアA 2位 準決勝敗退
1955 ディヴィジアA 6位 優勝
1956 ディヴィジアA 1位 準決勝敗退
1957–58 ディヴィジアA 2位 準々決勝敗退
1958–59 ディヴィジアA 3位 準々決勝敗退
1959–60 ディヴィジアA 1位 準々決勝敗退
1960–61 ディヴィジアA 1位 準決勝敗退
1961–62 ディヴィジアA 9位 優勝
1962–63 ディヴィジアA 2位 準決勝敗退
1963–64 ディヴィジアA 3位 準優勝
1964–65 ディヴィジアA 3位 8回戦敗退
1965–66 ディヴィジアA 12位 優勝
1966–67 ディヴィジアA 5位 優勝
1967–68 ディヴィジアA 1位 準々決勝敗退
1968–69 ディヴィジアA 4位 優勝
1969–70 ディヴィジアA 3位 優勝
1970–71 ディヴィジアA 3位 優勝
1971–72 ディヴィジアA 9位 7回戦敗退
1972–73 ディヴィジアA 6位 準決勝敗退
1973–74 ディヴィジアA 6位 準決勝敗退
1974–75 ディヴィジアA 5位 準決勝敗退
1975–76 ディヴィジアA 1位 優勝
1976–77 ディヴィジアA 2位 準優勝
1977–78 ディヴィジアA 1位 8回戦敗退
1978–79 ディヴィジアA 3位 優勝
1979–80 ディヴィジアA 2位 準優勝
1980–81 ディヴィジアA 4位 準々決勝敗退
1981–82 ディヴィジアA 6位 8回戦敗退
1982–83 ディヴィジアA 5位 8回戦敗退
1983–84 ディヴィジアA 2位 準優勝
1984–85 ディヴィジアA 1位 優勝
1985–86 ディヴィジアA 1位 準優勝
1986–87 ディヴィジアA 1位 優勝
1987–88 ディヴィジアA 1位 優勝
1988–89 ディヴィジアA 1位 優勝
1989–90 ディヴィジアA 2位 準優勝
1990–91 ディヴィジアA 2位 準々決勝敗退
1991–92 ディヴィジアA 2位 優勝
1992–93 ディヴィジアA 1位 準々決勝敗退
1993–94 ディヴィジアA 1位 8回戦敗退
1994–95 ディヴィジアA 1位 8回戦敗退
1995–96 ディヴィジアA 1位 優勝
1996–97 ディヴィジアA 1位 優勝
1997–98 ディヴィジアA 1位 準々決勝敗退
1998–99 ディヴィジアA 3位 優勝
1999–00 ディヴィジアA 3位 8回戦敗退
2000–01 ディヴィジアA 1位 準々決勝敗退
2001–02 ディヴィジアA 4位 準決勝敗退
2002–03 ディヴィジアA 2位 8回戦敗退
2003–04 ディヴィジアA 2位 8回戦敗退
2004–05 ディヴィジアA 1位 7回戦敗退
2005–06 ディヴィジアA 1位 7回戦敗退
2006–07 リーガ1 2位 準決勝敗退
2007–08 リーガ1 2位 8回戦敗退
2008–09 リーガ1 6位 7回戦敗退
2009–10 リーガ1 4位 8回戦敗退
2010–11 リーガ1 5位 優勝
2011–12 リーガ1 3位 8回戦敗退
2012–13 リーガ1 1位 8回戦敗退
2013–14 リーガ1 1位 準優勝
2014–15 リーガ1 1位 優勝
2015–16 リーガ1 2位 準優勝
2016–17 リーガ1 2位 8回戦敗退
2017–18 リーガ1

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2017年6月15日現在[2][3]
No. Pos. 選手名
1 ルーマニアの旗 GK フロリン・ニツァ
2 ルーマニアの旗 DF ガブリエル・シミオン
5 ルーマニアの旗 MF ミハイ・ピンティリイ (主将)
7 ルーマニアの旗 FW デニス・アリベク
8 ルーマニアの旗 MF ルチアン・フィリプ
9 ルーマニアの旗 FW アレックス・チューダー
10 ルーマニアの旗 FW フローリン・タナセ
11 ガーナの旗 MF ムニル・サリー
14 ルーマニアの旗 DF ミハイ・バラサ
15 セルビアの旗 DF マルコ・モムチロヴィッチ
17 クロアチアの旗 MF アントニオ・ヤコリス
18 ルーマニアの旗 MF ヴラド・ミハルチェア
20 ルーマニアの旗 MF ヴラド・アキム
No. Pos. 選手名
21 フランスの旗 DF ウィルフレッド・モケ・アブロ
23 ルーマニアの旗 MF オヴィディウ・ポペスク
25 ルーマニアの旗 MF ラレス・エンセアヌ
27 ブラジルの旗 MF フェルナンド・ボルドリン
28 ルーマニアの旗 MF マリオ・ミハイ
29 ブラジルの旗 FW ウィリアム・アモリム
31 フランスの旗 FW ハーレム=エディ・グノヘレ
32 ルーマニアの旗 GK イオヌト・ポイアナ
33 ルーマニアの旗 GK エドゥアルド・スタンチョーユ
35 ルーマニアの旗 MF セバスチャン・チトスカ
44 ルーマニアの旗 DF ガブリエル・エナケ
98 ルーマニアの旗 FW デニス・マン
-- ルーマニアの旗 FW コンスタンティン・ブデスク

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Steaua sew up treble with Romanian Cup win”. UEFA.com (2015年5月31日). 2015年6月3日閲覧。(英語)
  2. ^ First Team”. Steaua București. 1] October 2015閲覧。
  3. ^ Steaua București”. LPF. 2017年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]