ドリネル・ムンテアヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドリネル・ムンテアヌ Football pictogram.svg
Dorinel Munteanu 2013.jpg
2013年のムンテアヌ
名前
本名 ドリネル・ヨネル・ムンテアヌ
Dorinel Ionel Munteanu
愛称 Neamtul (The German)
ラテン文字 Dorinel Munteanu
基本情報
国籍  ルーマニア
生年月日 (1968-06-25) 1968年6月25日(51歳)
出身地 グレディナリGrădinari/Kákófalva
身長 170cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MFDF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1987 ルーマニアの旗 メタルル・ボチシャ  ? (?)
1987-1988 ルーマニアの旗 CSMレシツァ  ? (?)
1988-1989 ルーマニアの旗 FCオルト 31 (2)
1989-1991 ルーマニアの旗/ルーマニアの旗 FCインテル・シビウ 47 (7)
1991-1993 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト 67 (27)
1993-1995 ベルギーの旗 サークル・ブルッヘ 68 (13)
1995-1999 ドイツの旗 1.FCケルン 133 (18)
1999-2003 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク 101 (11)
2003-2005 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 33 (2)
2005-2006 ルーマニアの旗 CFRクルジュ 26 (0)
2006-2007 ルーマニアの旗 FCアルゲシュ 3 (0)
2007 ルーマニアの旗 FCヴァスルイ 16 (0)
2008 ルーマニアの旗 U・クルジュ 2 (0)
通算 528 (80)
代表歴
1991-2007 ルーマニアの旗 ルーマニア [1] 134 (16)
監督歴
2005-2006 ルーマニアの旗 CFRクルジュ
2006-2007 ルーマニアの旗 FCアルゲシュ
2007-2008 ルーマニアの旗 FCヴァスルイ
2008 ルーマニアの旗 U・クルジュ
2008 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト
2009 ルーマニアの旗 U・クルジュ
2009-2012 ルーマニアの旗 オツェルル・ガラツィ
2012 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト
2012-2013 ロシアの旗 モルドヴィア・サランスク
2013 ロシアの旗 クバン・クラスノダール
2014 アゼルバイジャンの旗 ガバラFK
2015 ルーマニアの旗 アストラ・ジュルジュ
2017 イラクの旗 ザーホー
2017-2018 ルーマニアの旗 CSMレシツァ
2018-2019 ルーマニアの旗 コンコルディア・キアジナ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドリネル・ムンテアヌ(Dorinel Munteanu、1968年6月25日 -)は、ルーマニアの元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはMF(攻撃的MF)、DF(サイドバック)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ムンテアヌは1986年に2部リーグのメタルル・ボチシャで選手経歴を開始した。その後、幾つかのルーマニア国内のクラブを渡り歩き1991年に強豪のディナモ・ブカレストへ移籍。1993年以降は国外へ活躍の場を求め、ベルギーのサークル・ブルッヘ、1995年にドイツの1.FCケルン、1999年から2003年までは同じドイツのVfLヴォルフスブルクでプレーをした。

2003年、35歳の時にルーマニアへ帰国しステアウア・ブカレストへ移籍したが、クラブの首脳陣と対立し2005年に退団。ステアウアを退団後は選手兼任監督となり、ルーマニア国内の複数のクラブで指揮を執った。

代表[編集]

ルーマニア代表としては1991年5月23日のノルウェー戦で代表デビューを飾った。ムンテアヌは左サイドバック、左サイドハーフ、攻撃的MFなどの様々なポジションをこなすユーティリティープレーヤーとして重用され、1994年のワールドカップ・アメリカ大会、1996年の欧州選手権、1998年のワールドカップ・フランス大会、2000年の欧州選手権に出場した。

2001年に敵地のブダペストで行われたハンガリー戦で100試合出場を達成し、4年後の2005年にはゲオルゲ・ハジの記録を更新する126試合出場を達成した。ムンテアヌは2007年に代表から退くまでルーマニア歴代最多となる134試合に出場し16得点を記録した。

監督業[編集]

2008年9月からはウニヴェルシタテア・クルージュの選手兼任監督を務めていたが7試合の指揮を務めた後の10月に辞任。同月27日にマリウス・ラカトゥシュの後任としてステアウア・ブカレストの監督に就任した。しかし、リーグ戦では不振が続き、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09では最下位でグループリーグ敗退に終わると、同年12月16日に解任された[2]

2009年から2012年まではFCオツェルル・ガラツィを指揮し、リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした。2012年11月から12月までディナモ・ブカレスト監督となる。海外での指揮を望んでいたため、ロシアのFCモルドヴィア・サランスクのオファーを受け入れ、監督に就任したが2部降格となった。2013年8月にはクバン・クラスノダール監督を務めたものの、10月に成績不振で退任。

脚注[編集]

外部リンク[編集]