フロリン・ラドチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロリン・ラドチョウ Football pictogram.svg
KL 2015 Final (1).jpg
名前
本名 フロリン・ヴァレリウ・ラドチョウ
Florin Valeriu Răducioiu
愛称 Radu
ラテン文字 Florin Răducioiu
基本情報
国籍 ルーマニアの旗 ルーマニア
生年月日 1970年3月17日(45歳)
出身地 ブカレスト
身長 180cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1978-1986 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1990 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト 76 (29)
1990-1991 イタリアの旗 バーリ 30 (5)
1991-1992 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 30 (2)
1992-1993 イタリアの旗 ブレシア 29 (13)
1993-1994 イタリアの旗 ミラン 7 (2)
1994-1996 スペインの旗 エスパニョール 46 (14)
1996-1997 イングランドの旗 ウェストハム 11 (2)
1997 スペインの旗 エスパニョール 10 (5)
1997-1998 ドイツの旗 シュトゥットガルト 19 (4)
1998-2000 イタリアの旗 ブレシア 37 (5)
2000-2001 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト 8 (1)
2001-2002 モナコの旗 モナコ 12 (2)
2003-2004 フランスの旗 クレテイユ=リュシタノ 9 (1)
代表歴
1990-1996[1] ルーマニアの旗 ルーマニア 40 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フロリン・ラドチョウFlorin Răducioiu, 1970年3月17日 - )は、ルーマニアの元サッカー選手。ポジションはフォワード(センターフォワード)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ラドチョウは1985年にディナモ・ブカレストで選手経歴を開始した。当時のディナモの監督ミルセア・ルチェスクは、若手育成に実績のある指導者であり、ラドチョウが17歳のときにトップチームへと昇格させた。1980年代当時のルーマニア国内はステアウア・ブカレストが全盛期にあり、国内のタイトルを独占していたが、ディナモはこれに対抗出来るクラブであった。

ディナモでは1988-89シーズンのUEFAカップウィナーズカップ準々決勝進出(イタリアサンプドリアに敗退)、翌1989-90シーズンにはUEFAカップウィナーズカップ準決勝進出(ベルギーRSCアンデルレヒトに敗退)、国内ではリーグとカップの二冠に貢献し、ルーマニア国内において著名な選手の一人となった。

1990年からはイタリアへ活躍の場を移し、幾つかのクラブチームを渡り歩いた後に、ブレシア・カルチョへ移籍すると1992-93シーズンに13得点を記録し注目を集めた。この活躍により翌1993-94シーズンに強豪のACミランへ移籍を果たしたが、選手層の厚いミランでは出場機会を掴むことが出来ずリーグ戦7試合に出場2得点を記録しただけに終わった。

1994年からはスペインRCDエスパニョールへ移籍。1996年にイングランドウェストハム・ユナイテッドFCへ移籍したが、翌1997年1月に再びエスパニョールへ復帰し3シーズンで56試合に出場し19得点を記録した。その後は、フランスASモナコドイツVfBシュトゥットガルトなどを渡り歩いたが、ルーマニア国内やイタリア、スペイン時代のような結果を残すことは出来ず、2004年に現役を引退した。

ルーマニア代表[編集]

ルーマニア代表としては1988年に代表デビューを飾ると、翌1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会代表メンバーに選出され、3試合に出場したが無得点に終わった。1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会では、1次リーグ初戦のコロンビア戦で2得点、準々決勝のスウェーデン戦で2得点の合計4得点を記録した。

1996年のUEFA欧州選手権1996では1次リーグのスペイン戦で1得点を記録したが、1次リーグ敗退に終わった。ラドチョウはルーマニア代表通算40試合に出場し21得点を記録した。

出典[編集]

外部リンク[編集]