アッティリオ・ロンバルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アッティリオ・ロンバルド Football pictogram.svg
Attilio Lombardo.JPG
名前
ラテン文字 Attilio LOMBARDO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1966-01-06) 1966年1月6日(52歳)
出身地 サンタ・マリーア・ラ・フォッサ
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1985 イタリアの旗 ペルゴクレーマ 38 (9)
1985-1989 イタリアの旗 クレモネーゼ 141 (17)
1989-1995 イタリアの旗 サンプドリア 201 (34)
1995-1997 イタリアの旗 ユヴェントス 35 (2)
1997-1999 イングランドの旗 クリスタル・パレス 43 (8)
1999-2001 イタリアの旗 ラツィオ 33 (2)
2001-2002 イタリアの旗 サンプドリア 34 (4)
代表歴
1990-1997 イタリアの旗 イタリア 19 (3)
監督歴
1998 イングランドの旗 クリスタル・パレス
2002-2006 イタリアの旗 サンプドリア(リザーブ)
2006-2007 スイスの旗 キアッソ
2008 イタリアの旗 カステルヌオーヴォ
2008-2009 イタリアの旗 レニャーノ
2009 イタリアの旗 スペツィア
2010-2012 イングランドの旗 マンチェスター.C(アシスタントコーチ)
2012-2013 イングランドの旗 マンチェスター.C(リザーブ)
2013-2014 トルコの旗 ガラタサライ(アシスタントコーチ)
2014-2015 ドイツの旗 シャルケ(アシスタントコーチ)
2016- イタリアの旗 トリノ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アッティリオ・ロンバルドAttilio LOMBARDO1966年1月6日 - )は、イタリアカンパニア州出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。現在はトリノFCのアシスタントコーチを務める。

セリエAでは、UCサンプドリアユヴェントスFCSSラツィオと異なる3つのクラブでタイトルを獲得した。代表では、メジャー大会には召集されなかったものの、19試合に出場した。

現役時代は、外見から「ポパイ」、体格とスタミナ、そして仕事率の良さから「ダチョウ」などのニックネームで呼ばれていた[1]。また、正確なクロスとゴール前での貢献度の高さでも知られていた[2]

経歴[編集]

初期[編集]

1983年にUSペルゴクレーマの下部組織でキャリアをスタートし[3]、1985年からはセリエBUSクレモネーゼに移籍した。

サンプドリア[編集]

1987年、クレモネーゼでの活躍が認められ、40億リラの移籍金でUCサンプドリアに移籍した。サンプドリアでは、ジャンルカ・ヴィアリロベルト・マンチーニピエトロ・ヴィエルコウッドジャンルカ・パリュウカルート・フリットらとプレーし、1989年のコッパ・イタリア決勝では、ディエゴ・マラドーナを擁するSSCナポリに4-0で勝利した。1990年のカップウィナーズカップでは、ボルシア・ドルトムントASモナコRSCアンデルレヒトを破って優勝し、評価を高めた[1][3]

翌1991シーズンには、スーペルコッパ・イタリアーナで前セリエA王者のローマを破ると、勢いそのままセリエAを制覇した。また、UEFAチャンピオンズカップでも決勝まで勝ち進んだが、決勝でヨハン・クライフ率いるFCバルセロナに敗れ、準優勝に終わった。1994年には、セリエAで8得点、コッパ・イタリアで5得点を挙げ、コッパ・イタリアの決勝では2得点を挙げて、チームの優勝に貢献した[1][3]

ユヴェントス[編集]

1995年、前シーズンにセリエAを制したイタリアの強豪ユヴェントスFCに移籍した[1][3]。それでもセリエA、UEFAチャンピオンズリーグインターコンチネンタルカップUEFAスーパーカップなどで優勝した。しかし、在籍中は怪我に苦しみ、また、ディディエ・デシャンアントニオ・コンテらとのポジション争いが激しかったため、散発的にしか出番を与えられず、2シーズンで51試合4得点に留まった[4]

クリスタル・パレス[編集]

1997年、調子を落としていたロンバルドは、イングランドのクリスタル・パレスFCへ移籍した。彼はデビュー戦のエヴァートンFC戦でいきなり初ゴールを決め、移籍後すぐに中心選手として活躍した。1998年、チェアマンのマーク・ゴールドバーグによって、監督のスティーヴ・コッペルはディレクターに就任し、後任としてロンバルドがプレイングマネージャーに就任した[3]

しかし同年11月、イタリア代表の試合で再び負傷してしまった。ロンバルドが怪我をした時点ではパレスは10位をマークしていたが、彼が復帰した4月の時点でパレスは最下位に沈んでいた。その後、復帰したロンバルドがホームで二つの決勝点をマークする活躍を見せたものの、パレスは二部のファーストディヴィジョン (現チャンピオンシップ)へと降格した[3]

それでもロンバルドはチームに残ることを決め、新監督にはテリー・ヴェナブルズが就任した。しかし、厳しい財政事情から賃金が払えない状態となり、1999年1月、ロンバルドはスヴェン・ゴラン・エリクソン率いるSSラツィオに移籍した。2005年、ロンバルドはクリスタル・パレスの100周年を祝う企画の一環として、ファンによる投票で、わずか49試合の出場にも関わらず、センテナリーX1に選出された[3]

晩年[編集]

ラツィオ移籍後は、サンプドリア時代のハイパフォーマンスを取り戻し、1999年にはカップウィナーズカップ 1998-991999 UEFAスーパーカップを、2000年にはセリエA、スーペルコッパ・イタリアーナ、コッパ・イタリアの三冠を獲得した[3]。その後2001年1月、古巣のサンプドリアに復帰し、2002年に引退した。

イタリア代表[編集]

代表では、1990年から1997年の間にサッカーイタリア代表として19試合に出場し3得点を記録した。しかし、怪我の多さや、ロベルト・ドナドーニアンジェロ・ディ・リービオフランチェスコ・モリエーロジャンルカ・ペッソットらとのポジション争いの激しさから、レギュラーとしての出番は限られ、メジャー大会には召集されなかった[3][5]

引退後[編集]

引退後は指導者の道を進み、2002年からはサンプドリアのユースチームを指揮した。2006年6月からは、スイス2部のチャレンジリーグに所属するFCキアッソの監督に就任したが、モチベーションの欠如を理由に、2007年5月に辞任し[6]、その後、チームは3部に降格した。

2008年4月からは、セリエC2に所属するトスカーナ州USカステルヌオーヴォ・ガルファニャーナを指揮した[7]。2009年からはイタリア3部のACレニャーノの監督を務める[8]も、チームの降格を阻止することはできなかった。

2009年7月、イタリア4部のスペツィア・カルチョの監督に就任すると、3位と望外も躍進を遂げたにもかかわらず、10月に辞任した[9]。最終的にそのシーズン、スペツィアは3部に昇格した。

2010年7月からは、サンプドリア時代の同胞マンチーニが指揮するマンチェスター・シティのアシスタントコーチに就任[10]し、2012年からはユースチームの監督にも兼任した。しかし、2013年5月にマンチーニが解任されたことを受け、ロンバルドもその2日後に辞任した。

その後、2013年からはマンチーニが監督に就任したガラタサライのアシスタントコーチに、2014年10月からはイタリア代表での元チームメイトロベルト・ディ・マッテオが指揮するシャルケ04のアシスタントコーチをそれぞれ務めた。

タイトル[編集]

UCサンプドリア
ユベントスFC
SSラツィオ
個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Stefano Bedeschi. “Gli eroi in bianconero: Attilio LOMBARDO” (Italian). Tutto Juve. 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ Storie di calcio: Attilio "Popeye" Lombardo” (Italian). Storie di Calcio. 2015年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i MB – Meteore Bianconere: Attilio Lombardo” (Italian). Canale Juve.it. 2015年1月15日閲覧。
  4. ^ Attilio LOMBARDO” (Italian). Il Pallone Racconta. 2015年1月15日閲覧。
  5. ^ Nazionale in cifre: Lombardo, Attilio” (Italian). figc.it. FIGC. 2015年4月24日閲覧。
  6. ^ (イタリア語) Chiasso, Lombardo presenta le dimissioni
  7. ^ Bardelli, Paolo (2008年4月24日). “UFFICIALE:Lombardo è il nuovo allenatore del Castelnuovo Garfagnana” (Italian). TuttoMercatoWeb. http://tuttomercatoweb.com/?action=read&id=101494 2008年4月24日閲覧。 
  8. ^ “Attilio Lombardo:Ex Samp, Juve e Lazio sulla panchina del Legnano” (Italian). Yahoo! Sports Italia. (2008年5月29日). http://it.eurosport.yahoo.com/29052008/44/attilio-lombardo-ex-samp-juve-lazio-panc-0.html 2008年5月29日閲覧。  [リンク切れ]
  9. ^ “Sampdoria legend Lombardo resigns as Spezia coach”. Tribalfootball.com. (2009年10月13日). http://www.tribalfootball.com/sampdoria-legend-lombardo-resigns-spezia-coach-376401 2009年10月13日閲覧。 
  10. ^ “Lombardo joins City coaching staff”. ESPNsoccernet (ESPN). (2010年7月17日). http://soccernet.espn.go.com/news/story?id=809122&sec=england&cc=5739 2010年7月17日閲覧。 
  11. ^ Italy - Coppa Italia Top Scorers”. RSSSF (2015年6月4日). 2015年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]