レフィク・シャバナジョヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レフィク・シャバナジョヴィッチ Football pictogram.svg
名前
愛称 シャバン(Šaban)
ラテン文字 Refik Šabanadžović
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 (1965-08-02) 1965年8月2日(56歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 トゥジ
身長 180cm
選手情報
ポジション DFMF
利き足 右足
ユース
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 デチッチ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ブドゥチノスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1983 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 OFKティトーグラード 23 (1)
1983-1987 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ジェリェズニチャル 82 (0)
1987-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 62 (2)
1991-1996 ギリシャの旗 AEKアテネ 143 (5)
1996-1998 ギリシャの旗 オリンピアコス 25 (0)
1998-1999 アメリカ合衆国の旗 カンザスシティ・ウィザーズ 27 (0)
代表歴
1986-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レフィク・シャバナジョヴィッチボスニア語: Refik Šabanadžović1965年8月2日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)の元サッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

経歴[編集]

モンテネグロの小さなクラブであるデチッチでキャリアをスタートした。その後プロ入りを経て、ジェリェズニチャル・サラエヴォに移籍するとイビチャ・オシムの手ほどきを受け、国内でも注目されるDFとなった。

1987年にレッドスター・ベオグラードに移籍すると同年のジェリェズニチャル戦で相手選手と激突し3日間昏睡状態になったアクシデントを乗り越えて中心選手として活躍、リーグ優勝3回とカップ優勝1回に貢献し、UEFAチャンピオンズカップ 1990-91で優勝を果たしキャリアの全盛期を迎えた。

その後、1991年にギリシャリーグにも挑戦し、91年に移籍したAEKアテネでは1992、1993、1994のリーグ優勝に貢献、96年に移籍したオリンピアコスでは97年の優勝に貢献した。

キャリアの最後は、1998年にアメリカのメジャーリーグサッカーカンザスシティ・ウィザーズに移籍し2年プレーした後、引退を表明した。

代表[編集]

ユーゴスラビア代表としては8キャップを記録しており、イタリアW杯では4試合(コロンビア戦、UAE戦、スペイン戦、アルゼンチン戦)に出場した。ベスト4を賭けたアルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナに対するファールで2枚目のカードをもらい退場した(1枚目はフリーキックの壁を飛び出したための警告)。

彼は、後にボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてプレーする事となっていたが、ユーゴスラビア紛争のためそれは不可能となった。

家族[編集]

息子のアネル・シャバナジョヴィッチもサッカー選手[1]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

レッドスター・ベオグラード[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]