レフィク・シャバナジョヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レフィク・シャバナジョヴィッチ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Refik Šabanadžović
ボスニア語
セルビア語
Refik Šabanadžović
Рефик Шабанаджович
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 (1965-08-02) 1965年8月2日(51歳)
出身地 トゥジ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MFDF
利き足
代表歴
1986-1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 8 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レフィク・シャバナジョヴィッチRefik Šabanadžović1965年8月2日 - )は、モンテネグロ(当時ユーゴスラビア)生まれのボシュニャク人の元サッカー選手。ポジションはMFDF

経歴[編集]

彼は、モンテネグロの小さなクラブFKデチッチでキャリアをスタートした。その後、FKジェリェズニチャルに移籍するとイビチャ・オシムの手ほどきを受け、国内でも注目されるDFとなった。

そして、1987年に国内屈指の名門、レッドスターに移籍すると中心選手として活躍、リーグ優勝(1987、1989、1990)やカップ制覇(1990)に貢献し、UEFAチャンピオンズカップ 1990-91で優勝を果たしキャリアの全盛期を迎えた。

その後、1991年にギリシャリーグにも挑戦し、91年に移籍したAEKアテネでは1992、1993、1994のリーグ優勝に貢献、96年に移籍したオリンピアコスでは97年の優勝に貢献した。

キャリアの最後は、1998年にアメリカのメジャーリーグサッカーカンザスシティ・ウィザーズ に移籍し2年プレーした後、引退を表明し、キャリアに幕を閉じた。

代表[編集]

ユーゴスラビア代表としては8キャップを記録しており、イタリアW杯では4試合(コロンビア戦、UAE戦、スペイン戦、アルゼンチン戦)に出場した。ベスト4を賭けたアルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナに対するファールで2枚目のカードをもらい退場した(1枚目はフリーキックの壁を飛び出したための警告)。

彼は、後にボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてプレーする事となっていたが、ユーゴスラビア紛争のためそれは不可能となった。

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]