ドラギシャ・ビニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラギシャ・ビニッチ Football pictogram.svg
名前
愛称 ビナ(Бина, Bina)、タイガー
ラテン文字 Dragiša Binić
キリル文字 Драгиша Бинић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1964-10-20) 1964年10月20日(57歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 クルシェヴァツ
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1983 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ナプレダク 20 (3)
1983-1987 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ラドニチュキ・ニシュ 101 (20)
1987-1988 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 27 (13)
1988-1989 フランスの旗 スタッド・ブレスト 29 (18)
1989-1990 スペインの旗 レバンテ 7 (0)
1990-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 27 (14)
1991-1993 チェコスロバキアの旗 スラヴィア・プラハ 19 (8)
1993-1994 キプロスの旗 APOELニコシア 14 (10)
1994 日本の旗 名古屋グランパスエイト 8 (5)
1995 日本の旗 鳥栖フューチャーズ 6 (5)
代表歴
1990-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 3 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドラギシャ・ビニッチセルビア語: Драгиша Бинић, ラテン文字転写: Dragiša Binić1964年10月20日 - )は、セルビア(旧ユーゴスラビア)の元サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

国内外の数クラブを経て、1990年に再びレッドスター・ベオグラードに移籍。1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ優勝に貢献するも、その後に審判への唾吐き事件を起こして出場停止を食らい、チェコSKスラヴィア・プラハへと売却された。そのため1991年トヨタカップには出場していない。

1994年7月にドラガン・ストイコビッチと共にJリーグ名古屋グランパスエイトへ移籍。Jリーグデビューから2戦目の、8月27日のレッズ戦でJリーグ初ゴールを含む2ゴールを挙げた[1]ゴードン・ミルン監督からの評価が低く、8試合に出場して、5ゴールと[1]、活躍の割に出場機会は少なかった。そのためマスコミ陣の前で公然とミルン監督を批判したこともあった。 翌1995年JFL鳥栖フューチャーズへ移籍。ここでもイヴァン・チャブリノヴィッチ監督と衝突して退団。そのまま引退している。

引退後は、友人でもあるアルカン(セルビアの民兵組織「タイガー」の隊長。2000年暗殺)がオーナーを務めていたクラブFKオビリッチのディレクターに就任している。

エピソード[編集]

100mを10秒台で走るなど、スピードに優れ[2]、抜群の才能持つ反面、気性の荒さでも知られたが、チームメイトからの信頼は厚く、特に森山泰行とはニックネームで呼び合う仲だった(ちなみに彼が森山に名付けたニックネームは「ターボ」)。

虎の入れ墨をしていたことから「タイガー」のニックネームで呼ばれていた。

息子のヴラダン・ビニッチもプロサッカー選手。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

年度 チーム 背番号 リーグ リーグ戦 カップ戦 天皇杯
1994年 名古屋 - J 8試合5得点 0試合0得点 0試合0得点
1995年 鳥栖F 10 JFL 6試合5得点 - -

脚注[編集]

  1. ^ a b ビニッチ”. data.j-league. 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ サッカーマガジン 1994年6月22日 no.459号 120-121

外部リンク[編集]