ドゥシャン・バスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドゥシャン・バスタ Football pictogram.svg
Crvena-zvezda-beograd-roter-stern-belgrad-belgrade-20060705-dušan basta-2.jpg
2006年
名前
本名 ドゥシャン・バスタ
ラテン文字 Dušan Basta
セルビア語 Душан Баста
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1984-08-18) 1984年8月18日(32歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア
Flag of Belgrade.pngベオグラード
身長 184cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 SSラツィオ
ポジション DF (RSB)
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2008 セルビアの旗 レッドスター 97 (3)
2003-2004 セルビアの旗 イェディンストヴォ (loan) 26 (7)
2008-2014 イタリアの旗 ウディネーゼ 105 (9)
2008-2009 イタリアの旗 USレッチェ 7 (0)
2014- イタリアの旗 SSラツィオ 31 (0)
代表歴2
2005 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 2 (0)
2006-2007 セルビアの旗 セルビア U-21 9 (0)
2012- セルビアの旗 セルビア 15 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年9月20日現在。
2. 2015年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドゥシャン・バスタDušan Basta, 1984年8月18日 - )は、ユーゴスラビア出身のセルビア代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー。主に右サイドでプレーをする。セルビア・モンテネグロ代表として2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出されたがプレーすることはなかった。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

生まれ故郷パディンスカ・スケラ英語版のPKBパディンスカ・スケラの下部組織に在籍。その後、13歳の時にレッドスター・ベオグラードの下部組織へと籍を移した。

レッドスター[編集]

ユースチームから数名の選手と共にトップチームへ昇格し、17歳の時にプロ契約を結んだ。2008年8月の自身18歳の誕生日に、FKスチェスカ・ニクシッチ英語版戦でデビューをし1-0で勝利した。2年目は、アレクサンダル・ルコヴィッチと共にイェディンストヴォ・ウブ英語版へレンタル移籍をし、26試合7得点を挙げた。レンタル期間終了後はレッドスターへと戻り、2005年4月に左手を負傷し5ヶ月プレー出来なかったことを除き4シーズンに渡りレギュラーを務めた。レッドスターでは97試合3得点を記録し、3つのカップ戦を含め6つのトロフィーを手に入れた。

ウディネーゼ[編集]

2008年7月にレッドスター・ベオグラードからウディネーゼへ移籍。プレシーズンの親善試合にも出場した。しかし、クラブは2つある非EU枠にバスタを登録したくなかったため、チームメイトで同郷のアレクサンダル・ルコヴィッチが、かつてそうしたように開幕前にUSレッチェへレンタル移籍させた[1]

2009年夏にチームへ戻ると、いつもプレーしていた中盤右サイドから右WBとしてスタートすることになった。9月23日のACミラン戦で、27分にマウリシオ・イスラとの交代で初出場し1-0で勝利した。その後、シモーネ・ペペが負傷したためチームは3-5-2へとフォーメーションを以降。バスタは右サイドのMFとして数試合プレーしたが、翌2010-11シーズン全試合欠場するほどの大怪我を負い欠場を余儀なくされ、その間にバスタのポジションはイスラへと渡った。

バスタは、2011年9月11日の2011-12シーズン開幕戦で18ヶ月ぶりに復帰した。その試合をフランチェスコ・グイドリンは、イスラを休ませ3-5-2の右WBでバスタを起用した。このUSレッチェではゴールを決め2-0で勝利した。次のUEFAヨーロッパリーグ 2011-12グループステージ第1試合のスタッド・レンヌ戦ではベンチに戻った。バスタ, イスラとポジションが被る2選手に対し、グイドリン監督はバスタを右WBに、そしてイスラを中央右へと起用して共存を成功させた。ちなみに、前年まで中央右だったジャンピエロ・ピンツィは、SSCナポリへ移籍したギョクハン・インレルが務めていた中央底に変更された。11月6日のACシエナ戦で試合開始1分でゴール、12月11日のACキエーヴォ・ヴェローナ戦でヘディングゴールと決め、最終的にこのシーズンは5得点を挙げた。

代表[編集]

2005年3月31日のスペイン戦で77分にオグニェン・コロマンと交代でピッチへ入り、セルビア・モンテネグロ代表として、代表初キャップを記録した[2]チュニジア戦で2キャップ目を記録した[3]2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出されるも出場はなかった。

2006年からは、U-21代表に選ばれ18試合に出場。同年のポルトガルで行われたUEFA U-21欧州選手権2006と、翌年のオランダで行われたUEFA U-21欧州選手権2007に2度出場。それぞれ準決勝と決勝で敗退している。

セルビア代表としては、ラドヴァン・クルチッチ英語版時代に初招集された。メキシコ戦とホンジュラス戦に向け招集されていたネヴェン・スボティッチが負傷により辞退した代わりとしてだった。しかし、バスタも招集された後に同様に負傷した。その代わりとしてクルチッチ監督は、ネマニャ・トミッチ, アデム・リャイッチ, アンドリヤ・カルジェロヴィッチを招集した。

2013年2月6日のキプロスとの親善試合で代表初得点を挙げた。

脚注[編集]

  1. ^ "Lecce lure Basta from Udinese"
  2. ^ "Petkovic puts faith in new faces"
  3. ^ "Petković names squad for Tunisia test"

外部リンク[編集]