ネナド・ジョルジェビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネナド・ジョルジェビッチ Football pictogram.svg
Nenad Djordjevic 2011.jpg
2011年のジョルジェビッチ
名前
愛称 ジョーレ
ラテン文字 Nenad Đorđević
セルビア語 Ненад Ђорђевић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1979-08-07) 1979年8月7日(38歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 パラチン
身長 183cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998 セルビア・モンテネグロの旗 FKゼムン 12 (2)
1998-1999 セルビア・モンテネグロの旗 FKイェディンストヴォ・パラチン 18 (3)
1999-2003 セルビア・モンテネグロの旗 FKオビリッチ 97 (3)
2003-2007 セルビア・モンテネグロの旗セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード 85 (7)
2007 日本の旗 ジェフユナイテッド市原・千葉 13 (3)
2008-2010 セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード 50 (7)
2010-2012 ロシアの旗 クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 53 (5)
2012-2015 スウェーデンの旗 カルマルFF 48 (2)
2016 スウェーデンの旗 IFKベルガ 14 (3)
通算 390 (35)
代表歴
2002-2006 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 17 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ネナド・ジョルジェビッチ(Nenad Đorđević、1979年8月7日 - )は、ユーゴスラビア(現セルビア)・ベオグラード市ゼムン区出身の元サッカー選手である。現役時代のポジションはDF。本職はストッパーだが、中盤からサイドバック、ボランチもこなせるユーティリティプレーヤー。空中戦にも強く、激しいマークをみせる[1][2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元、ゼムンのFKゼムンでキャリアをスタートさせ、その後、FKイェディンストヴォ・パラチンに売却される。パラチンでも目立つことなく、FKオビリッチに移籍。再びベオグラードに戻ることになった。オビリッチではDFとしての頭角を現し、国内のビッグ・クラブが注目する存在となった。2003年にパルチザン・ベオグラードに移籍する。パルチザンではキャプテンも務め、UEFAチャンピオンズリーグUEFAカップでも活躍した。

彼はこれまでのキャリアのほとんどを、セルビア、しかもベオグラード近辺のクラブで過ごしてきたが、パルチザンとの契約は2007年シーズンオフで終了となるため、新しい移籍先を探していた。2007年、日本のジェフユナイテッド市原・千葉からオファーを受け移籍を決断。これが彼のキャリアで初めての海外移籍となった。

2007年、千葉ではアマル・オシムから全幅の信頼を得るに足らず20試合程度の出場に終わった。複数年契約だったため2008年も残留予定であったが、新監督となったヨシップ・クゼの意向もあり契約を解除し退団。その後、パルチザン・ベオグラードに復帰し、2008-09シーズンからは主将を務めた[3]

2010年4月8日、ロシアクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラへ2年契約で移籍[4]。その僅か2日後にはサトゥルン・ラメンスコーエ戦(2対1で勝利)にてデビューを飾った[5]

代表[編集]

ユーゴスラビアセルビア・モンテネグロセルビア代表の代表選出歴を持つ。2002年4月17日、スメデレボユーゴスラビア)で行われたリトアニア代表との親善試合で初キャップを記録[2][6]。A代表初ゴールは2005年11月13日、南京中国)で行われた中国代表との親善試合であった[1][6]

セルビア・モンテネグロが失点1で通過した同欧州予選には2試合のみの出場だったが、ワールドカップドイツ大会ではネマニャ・ヴィディッチの怪我により、対オランダ戦、コートジボワール戦の2試合に出場した。しかし、右サイドバックとして出場したオランダ戦では対面のアリエン・ロッベンにまったく対応できないまま、前半で交代させられるなど悪い意味で目立った大会となってしまった。

エピソード[編集]

  • 2003年の夏、レッドスター・ベオグラードからオファーが舞い込んだが、返事を保留。子供の頃からサポーターだったパルチザンに入団したい気持ちが強く、その誘いを待つためだった[7]
  • 2007年11月24日日本平で行われた清水エスパルス戦で自陣でボールを奪うと、相手ゴールキーパー西部洋平が飛び出しているのを見逃さず、J1最長となる約70メートルのロングシュートを決めた[8]。するとすかさず西部は西日でジョルジェビッチの放ったシュートが見えにくかったことをジェスチャーした。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ユーゴスラビア/セルビア・モンテネグロ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1997-98 ゼムン ? 1部 12 2 - 12 2
1998-99 パラチン ? 2部 18 3 - 18 3
1999-00 オビリッチ ? 1部 14 0 - 14 0
2000-01 21 0 - 21 0
2001-02 27 0 - 27 0
2002-03 33 3 - 33 3
2003-04 パルチザン 14 25 2 3 1 - 28 3
2004-05 27 2 3 0 - 30 3
2005-06 4 20 1 2 0 - 22 1
セルビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2006-07 パルチザン 4 スーペル 13 2 0 0 - 13 2
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 千葉 40 J1 13 3 13 3
セルビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2007-08 パルチザン 44 スーペル 11 5 3 0 - 14 5
2008-09 4 22 1 4 1 - 26 2
2009-10 14 0 2 0 - 16 0
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2010 クリリヤ・ソヴェトフ 79 プレミア 24 3 0 0 - 24 3
通算 ユーゴ/セルビア・モンテネグロ 1部 179 10 8 1 - 187 11
ユーゴスラビア 2部 18 3 - 18 3
セルビア スーペル 60 8 9 1 - 69 9
日本 J1 13 3 0 0 0 0 0 0
ロシア プレミア 24 3 0 0 - 24 3
総通算 294 27 17 2 0 0 311 29
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA EL CL予選 UEFA CL
2001-02 オビリッチ ? 4 0 - -
2003-04 パルチザン 14 - 4 0 4 0
2004-05 12 0 - -
2005-06 4 1 0 3 0 -
2006-07 8 0 - -
2008-09 - 4 0 4 0
2009-10 7 0 4 2 -
通算 UEFA 32 0 11 2 8 0

出場大会[編集]

  • 2001年-2002年 UEFAカップ (1回戦)
  • 2003年-2004年 UEFAチャンピオンズリーグ (グループリーグ)
  • 2004年-2005年 UEFAカップ (決勝トーナメント2回戦)
  • 2005年-2006年 UEFAカップ (1回戦)
  • 2005年-2006年 UEFAチャンピオンズリーグ (予選3回戦)
  • 2006年- FIFAワールドカップ (グループリーグ)
  • 2006年-2007年 UEFAカップ (グループリーグ)
  • 2008年-2009年 UEFAチャンピオンズリーグ (グループリーグ)、UEFAカップ (グループリーグ)
  • 2009年-2010年 UEFAチャンピオンズリーグ (予選)、UEFAヨーロッパリーグ (グループリーグ)

代表歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]