ヨハン・クライフ財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クライフ・コート

ヨハン・クライフ財団(ヨハン・クライフざいだん、英語: The Johan Cruyff Foundation)は子どもにスポーツを楽しむ機会を与えることを目的に、オランダの元サッカー選手、ヨハン・クライフ1997年に創設した財団。事務局はアムステルダムオリンピックスタジアムにおかれている。ヨハン・クライフ基金とも呼ばれる。

活動内容[編集]

主な活動には、子どもが安全かつ気軽にサッカーを楽しむための「クライフ・コート(Cruyff Court)」と呼ばれる人工芝ピッチの設置や、発展途上国の子どもや障害児を対象としたスポーツ活動支援などがある。

クライフ・コートは、2003年から同財団により、オランダのプロサッカーリーグ、エールディヴィジの年間若手最優秀選手に与えられるヨハン・クライフ賞の副賞ともなっている。これによって受賞選手にはクライフ・コートを設置する場所を選ぶ権利が与えられる。多くの場合、選手とゆかりのあるオランダの市町村が選ばれるが、イブラヒム・アフェレイのようにモロッコの都市を希望し、実際に設置された例もある。他に同様の実例としては、2007-2008から2009-2010シーズンの3シーズンの間をVVVフェンローでプレーし、オランダ二部リーグで年間MVPを受賞した日本代表MF本田圭佑(現在はイタリアのACミラン所属)にも副賞のクライフコート設置の権利が与えられ、2011年8月、本田は自身の出身校の星陵高校がある金沢に「本田圭佑クライフコート」という正式名称で設置して今日に至っている[1]

脚注[編集]

  1. ^ The Johan Cruyff Foundation. “Johan Cruijff Prijs” (オランダ語). 2008年9月15日閲覧。cf.uefa.com (2005年6月1日). “カルーがクライフ賞に輝く” (日本語). 2008年9月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]