ビセンテ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロドリゲス第二姓(母方の)はギジェンです。
ビセンテ Football pictogram.svg
Vicente Rodríguez Guillén VCF.jpg
名前
本名 ビセンテ・ロドリゲス・ギジェン
Vicente Rodríguez Guillén
ラテン文字 VICENTE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1981-07-16) 1981年7月16日(35歳)
出身地 バレンシア
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF(左ウインガー
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000
2000-2011
2011-2013
スペインの旗 レバンテUD
スペインの旗 バレンシアCF
イングランドの旗 ブライトン
54 (9)
243 (36)
32 (5)
代表歴
1998-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2005
スペインの旗 スペイン U-17
スペインの旗 スペイン U-18
スペインの旗 スペイン U-21
スペインの旗 スペイン
15 (6)
7 (1)
11 (1)
38 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年5月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビセンテ・ロドリゲス・ギジェンVicente Rodríguez Guillén1981年7月16日 - )は、スペインバレンシア出身の元サッカー選手。元スペイン代表。ポジションはMF(左ウインガー)。登録名は「ビセンテVicente)」。

優れたテクニックや得点能力を兼ね備えた左ウインガーであったが、幾度もの怪我によってその才能を十分に発揮できないでいた[1] [2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

幼少時代から地元のクラブバレンシアCFを応援していた。バレンシアにあるレバンテUDの下部組織に入団し、16歳だった1997年11月23日にCDレガネス戦でトップチームデビューした。セグンダ・ディビシオン(2部)に属していたレバンテUDでの活躍から、アーセナルFCバレンシアCFレアル・マドリードなどが注目する存在となり、2000年夏にバレンシアCFに移籍した。

左ウイングのキリ・ゴンサレスとのポジション争いに勝利し、2000-01シーズンはプリメーラ・ディビシオン(1部)初挑戦ながら33試合に出場して5得点を挙げる活躍を見せた。それに加えてUEFAチャンピオンズリーグでは13試合に出場したが、バイエルン・ミュンヘンとの決勝戦はベンチで敗戦を眺めた。2001年夏にラファエル・ベニテス監督が就任すると、自身の出場試合数・得点数は減らしたが30年ぶりのリーグ優勝を果たした。2003-04シーズンは33試合出場12得点と絶好調で、自身2度目のリーグ優勝を果たし、UEFAカップでは7試合に出場して2得点をマークし、決勝ではミスタの得点をアシストして優勝に貢献した。

2004年夏にはビッグクラブからの誘いがあったが、バレンシアCFとの契約を4年延長した。2004年のバロンドール投票では1ポイントを獲得して28位にランクインした。イタリア人のクラウディオ・ラニエリ監督が就任したことや、足首の怪我に悩まされたことから出場機会を減らし、2004-05シーズンのリーグ戦出場はわずか12試合にとどまり、チームも7位に終わった。2005-06シーズンも足首の怪我に苦しみ、優勝したFCバルセロナから勝ち点11も離された。足首の他にもしばしば怪我で離脱したが、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグチェルシーFC戦ファーストレグでは太ももを負傷し[3]、その後のシーズンを棒に振った。ダビド・シルバが台頭したこともあり、リーグ戦出場は16試合にとどまった。

2007年9月にはクラブのメディカルスタッフが「ビセンテの筋肉トラブルは彼の精神的な問題によるもの」と発言し、それに対して不満を爆発させた。UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦のIFエルフスボリ戦で復活弾を決めたが、トレーニング中の負傷によりベンチから眺める試合が続き、2007-08シーズンは17試合出場にとどまった。2008-09シーズンはフアン・マヌエル・マタとの交代で出場することが多かったが、過去5シーズンで最多の27試合に出場し、6得点を挙げた。2009-10シーズンは前半戦を丸々棒に振り、2010年1月6日にリーグ戦初出場を果たした。

ケガや若手の台頭で出場機会が減っていき、契約最終年である2010-11シーズンも、途中出場を含め17試合に留まった。契約の延長はされず、11年過ごしたクラブを契約満了で退団した。

2011年8月、フットボールリーグ・チャンピオンシップ (イングランド2部相当)に昇格したブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCと1年契約を結んだ。

2014年4月17日に、現役引退を発表した[4]

スペイン代表[編集]

1998年にはUEFA U-16欧州選手権に出場し、1999年にはイケル・カシージャスらとともにUEFA-CAF メリディアン・カップを制した。2001年3月のサッカーフランス代表との親善試合でスペイン代表デビューした。2002 FIFAワールドカップの本大会参加メンバーからは落選したが、ポルトガルで開催されたUEFA欧州選手権2004には選ばれ、グループリーグ3試合すべてに出場した。2005年10月、スペイン代表合宿中にカルレス・プジョルに足首を激しく削られ、取っ組み合いの喧嘩になったことがある。2006 FIFAワールドカップのスペイン代表候補27名に残ったが、本大会出場メンバーからは落選した。

所属クラブ[編集]

代表[編集]

38試合 / 3得点

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スペイン代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vicente faces threat of surgery”. UEFA.com (2004年11月19日). 2010年9月15日閲覧。
  2. ^ Hamstring woe for Valencia's Vicente”. UEFA.com (2007年4月4日). 2010年9月15日閲覧。
  3. ^ バレンシアMFビセンテ、太もも負傷で5週間欠場へ”. ロイター (2007年4月7日). 2010年9月11日閲覧。
  4. ^ Vicente Rodriguez today announced his retirement from football. One of the greatest players to have ever worn the Albion shirt.”. Twitter (2014年4月17日). 2014年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]