フランク・アルネセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・アルネセン Football pictogram.svg
Frank Arnesen.jpg
名前
ラテン文字 Frank Arnesen
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1956-09-30) 1956年9月30日(61歳)
出身地 コペンハーゲン
選手情報
在籍チーム PSVアイントホーフェン
ポジション MF
ユース
1974-1975 デンマークの旗 Fremad Amager
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975-1981 オランダの旗 アヤックス 159 (52)
1981-1983 スペインの旗 バレンシアCF 32 (10)
1983-1985 ベルギーの旗 RSCアンデルレヒト 50 (15)
1985-1988 オランダの旗 PSVアイントホーフェン 54 (11)
代表歴
1977-1987 デンマークの旗 デンマーク 52 (14)
監督歴
1991-1994 オランダの旗 PSVアイントホーフェンコーチ
1994-2004 オランダの旗 PSVアイントホーフェンスポーツディレクター
2004-2005 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFCスポーツディレクター
2005-2009 イングランドの旗 チェルシーFC育成部門コーディネーター
2005-2009 イングランドの旗 チェルシーFCチーフスカウト
2008-2011 イングランドの旗 チェルシーFC取締役
2009-2011 イングランドの旗 チェルシーFCスポーツディレクター
2011-2013 ドイツの旗 ハンブルガーSV取締役
2011-2013 ドイツの旗 ハンブルガーSVスポーツディレクター
2011.10 ドイツの旗 ハンブルガーSV暫定監督
2014 ウクライナの旗 FCメタリスト・ハルキウスポーツディレクター
2015-2016 ギリシャの旗 PAOKテッサロニキスポーツディレクター
2017- オランダの旗 PSVアイントホーフェン監査役員
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・アルネセンFrank Arnesen1956年9月30日 - )は、デンマーク出身の元サッカー選手サッカー指導者。元デンマーク代表。ポジションはMF。現PSVアイントホーフェン監査役員。

経歴[編集]

選手時代[編集]

アルネセンはFremad Amagerで選手キャリアをスタートさせるが、チームメイトのセーレン・レアビーと共に1975年12月にオランダのアヤックス・アムステルダムへ移籍。4ヶ月後の1976年3月7日のFCユトレヒト戦でリーグデビューを飾った。アヤックスに在籍した6年間で3度のリーグ制覇(1977年、1979年、1980年)と1度のKNVBカップ制覇、1980年のUEFAチャンピオンズカップではベスト4進出(この大会を制するノッティンガム・フォレストに敗退)に貢献した

1981年にスペインのバレンシアCFへ移籍。RSCアンデルレヒトを経て1985年11月にアヤックスのライバルであるPSVアイントホーフェンへ移籍。同郷のレアビーやヤン・ハインツェらと共にリーグ3連覇(1986年、1987年、1988年)、1988年のKNVBカップ制覇に貢献、また1987-88シーズンのUEFAチャンピオンズカップ優勝を経験するが、決勝のSLベンフィカ戦は怪我により出場は成らなかった。

デンマーク代表としては1977年のスウェーデンとの親善試合で代表デビューを飾る。1984年のUEFA欧州選手権では3得点を挙げベスト4進出に貢献、1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会にも出場するなど、1987年に代表から退くまで国際Aマッチ52試合出場14得点を記録した。

引退後[編集]

引退後は1991年から1993年まで古巣のPSVで、ボビー・ロブソン監督のアシスタントコーチを務め、1994年からは同クラブのスポーツディレクターに就任した。アルネセンはPSVのスポーツディレクターとして10年間を過ごしブラジルロナウド、オランダ国内からヤープ・スタムルート・ファン・ニステルローイアリエン・ロッベンら多くの選手を発掘した。

2004年5月からはデビッド・プリートの後任としてトッテナム・ホットスパーFCのディレクターに就任。選手移籍と新人選手の発掘に関する責任者となった。監督のジャック・サンティニが個人的な事情を理由に数ヶ月でクラブを退団すると、後任にはコーチのマルティン・ヨルを監督に抜擢した。

2005年6月、チェルシーFCロマン・アブラモヴィッチオーナーが所有するヨットに乗っている所を地元紙にスクープされ、アルネセンの獲得に乗り出している事が明らかとなった。これに対しチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(当時)は異議を唱えたが、助言を求められたデ・ヴィッセル(嘗てロナウドやロマーリオをスカウトした責任者であり、アルネセンの上司にあたる。フース・ヒディンクを招聘できた人物)はアブラモヴィッチに獲得を勧めた。その後、同月24日にトッテナム側に対し、チェルシー側が500万ポンドを支払う事で合意に達しチェルシーへと移籍する事になった。チェルシーではサロモン・カルーミケル・ジョン・オビの獲得に重要な役割を果たした。2010年11月27日に辞任。

2011年2月20日、ハンブルガーSVのスポーツディレクターに就任。2011-12シーズンはチェルシーでのコネクションを生かし、マイケル・マンシェンジェフリー・ブルマスロボダン・ライコヴィッチギョクハン・トレなどといった期待の若手を多数獲得した。同年9月19日にミヒャエル・オエニンク監督が解任され、暫定的に指揮を執っていたロドルフォ・カルドーソ・アシスタントコーチはコーチライセンスを持っていないため、10月10日から16日までの1週間アルネセンが暫定監督として指揮を執った。

外部リンク[編集]