マドリードダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マドリード・ダービー
エル・デルビ・マドリレーニョ
都市、地域 スペインの旗 マドリード
チーム レアル・マドリード
アトレティコ・マドリード
最多勝利 レアル・マドリード
最多出場選手 パコ・ヘント
マヌエル・サンチス(42)
最多得点選手 クリスティアーノ・ロナウド (21)
最多勝利 レアル・マドリード


マドリード・ダービー西: El Derbi Madrileño, エル・デルビ・マドリレーニョ)とは、スペインサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラで、マドリード市などマドリード都市圏に本拠を置くクラブ同士が対戦するダービーマッチのことである。狭義にはレアル・マドリードアトレティコ・マドリードの対戦を指し、広義にはレアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、ラーヨ・バジェカーノヘタフェCFの4クラブ間の対戦を指す。この項では狭義のマドリード・ダービーについて述べる。

歴史[編集]

マンチェスター・ダービーで争う2つのクラブ(マンチェスター・ユナイテッドFCマンチェスター・シティFC)のように、マドリード・ダービーを戦うレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードも伝統的に対照的な個性を持ち互いに対立している。しかし、他国のダービーマッチに比べてマドリード・ダービーはエル・クラシコと同様に政治的な側面が強い。というのも、歴史的にレアル・マドリードはスペインの支配層に好まれてきたクラブである。

フランシスコ・フランコ独裁時代初期に政権側に好まれていたのはアトレティコ・マドリードの方であり、1950年代に政権側の好みがレアル・マドリードに移るまで、アトレティコ・マドリードはスペイン空軍と結び付けられていた。しかし国際的に孤立していた当時のスペインで、フランコはUEFAチャンピオンズカップのタイトルホルダーであるレアル・マドリードを政治的に利用しようとし、ある大臣は「レアル・マドリードは我々にとって最高の使節である」と発言した。このことから、アトレティコのファンはレアル・マドリードに対して「政府のチーム、国の恥」(el equipo del gobierno, la vergüenza del país)というチャントを歌う。

アトレティコのファンはより左翼的であり、保守的なレアル・マドリードのファンと争っている。しかし、アトレティコ・マドリードの左翼的思想はウルトラス文化の隆盛によって緩和されているし、マドリードで最も左翼的なクラブはラージョ・バジェカーノである。

国内カップ戦決勝[編集]

コパ・デル・レイ決勝ではこれまでに5回マドリード・ダービーが行なわれ、アトレティコの4勝1分である(PK戦は公式記録上は引き分けであるため)。 1959-60シーズン・1960-61シーズン・1991-92シーズン・2012-13シーズンはアトレティコ・マドリードが、1974-75シーズンはレアル・マドリードがPK戦で勝利して優勝した。

1985年には、コパ・デ・ラ・リーガ(現存せず)の決勝でマドリード・ダービーが行なわれた。両クラブがホームゲームに勝利したが、2試合合計スコアでレアル・マドリードが優勝した。

欧州カップ戦[編集]

1958-59シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは準決勝でマドリード・ダービーが行なわれた。レアル・マドリードは前回大会優勝クラブ(スペイン王者でもあった)として、アトレティコ・マドリードはリーガ・エスパニョーラ2位でUEFAチャンピオンズカップの出場権を得ていた。準決勝は2試合合計2-2の同点となったが、サラゴサで行なわれたプレーオフに勝利したレアル・マドリードが決勝に進出した。しかし、現行ルールのようにアウェーゴールルールが適用されていれば、勝ち上がっていたのはアトレティコ・マドリードである。

2013-14年度シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ 2013-14決勝戦において、欧州の国際カップ戦のファイナルとしては史上初となる同一地方自治体によるダービーマッチとして「マドリード・ダービー」が開催されることになった。ただし、決勝戦は予め開催地のスタジアムが決定しているため、マドリードではなく、ポルトガルエスタディオ・ダ・ルスで行われている。試合はアトレティコが1-0とリードして迎えた後半のアディッショナルタイムでレアル・マドリードが同点に追いつき、さらに延長戦でレアル・マドリードが3点を追加、4-1で勝利したレアル・マドリードが通算10回目のチャンピオンズリーグ優勝を果たした。2015-16年シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ 2015-16決勝戦でも、再び対戦することとなり[1]、1-1となり延長戦でも決着がつかず、PK戦の末5-3でレアルが勝利し、11回目のチャンピオンズリーグ優勝を果たした[2]

文化[編集]

レアル・マドリードのホームスタジアムであるエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウは、銀行街や高級ビジネス街、エリート層の多いパセオ・デ・ラ・カステリャーナ通りの近くに位置している。一方、アトレティコ・マドリードのホームスタジアムであるエスタディオ・ビセンテ・カルデロンは、醸造所やマンサナーレス川などの近くに位置する。その成功の歴史から、レアル・マドリードは富裕層を含む様々な階級のファンに支持されている(市北部に住むファンが多いとされる)が、一方のアトレティコ・マドリードは特に市中南部に住む労働者階級のファンが多い[3][4]

ホセ・マルティネス・サンチェスなどが「歴史的に見れば、レアル・マドリードの最大のライバルはFCバルセロナではなくアトレティコ・マドリード」と述べるように[5]、マドリード・ダービーはエル・クラシコに匹敵する盛り上がりを見せる。2012-13シーズン終了時点で、リーグ戦はレアル・マドリードが23戦負けなし(15勝6分)で8連勝し、アトレティコ・マドリードは1999-2000シーズンのアウェー戦以来勝利していなかったが、2013-14シーズン第7節アウェー戦で1-0の勝利をおさめた。前シーズンのコパ・デル・レイ決勝を含めて、アトレティコ・マドリードのダービー連勝となった。2014-15シーズンはスーペル・コパ・デ・エスパーニャとリーグ戦に加え、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグでも対決し、1シーズンに計8回もの対戦が実現した。 2015-16シーズンはアトレティコの1勝1分に終わったが、アトレティコはサンティアゴ・ベルナベウで勝利を収め、リーガ史上初めてサンティアゴ・ベルナベウで3連勝を飾ったチームとなった。

ホームスタジアム[編集]

チーム名 スタジアム名
命名権名称)
収容人員 画像 備考
レアル・マドリード エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ 80,354人
Santiagobernabeupanoramav3.jpg
アトレティコ・マドリード エスタディオ・ビセンテ・カルデロン 54,851人
VicenteCalderon.jpg

試合一覧[編集]

リーグ戦[編集]

UEFAチャンピオンズリーグ[編集]

シーズン 日時 ラウンド スタジアム スコア
2013–14 2014年5月24日 決勝 ポルトガルの旗 エスタディオ・ダ・ルス 4-1(延長)
2014–15 2015年4月14日 準々決勝 1st leg エスタディオ・ビセンテ・カルデロン 0–0
2015年4月22日 準々決勝 2nd leg エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ 1–0
2015-16 2016年5月28日 決勝 イタリアの旗 サン・シーロ 1-1(延長)

(pk5-3)

2016–17 2017年5月2日 準決勝 1st leg エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ 3-0
2017年5月10日 準決勝 2nd leg エスタディオ・ビセンテ・カルデロン 1-2

対戦成績[編集]

  • 2015年4月23日時点。リーグ・大会名は現在の名称で統一。
大会 レアル・マドリード
勝利
引き分け アトレティコ・マドリード
勝利
レアル・マドリード
得点
アトレティコ・マドリード
得点
リーガ・エスパニョーラ 83 34 40 270 212
コパ・デル・レイ
コパ・デ・ラ・リーガ
17 12 17 - -
UEFA主催試合 3 1 1 - -

移籍[編集]

1985年にアトレティコ・マドリードからレアル・マドリードに移籍したウーゴ・サンチェス
1990年にレアル・マドリードからアトレティコ・マドリードに移籍したベルント・シュスター

両クラブを直接移籍した選手[編集]

ポジション 名前 レアル・マドリード アトレティコ・マドリード
期間 期間
FW スペインの旗 ラモン・グロッソ 1964-1976 1964
FW スペインの旗 セバスティアン・ロサーダ 1984-1991 1991-1992
FW メキシコの旗 ウーゴ・サンチェス 1985-1992 1981-1985
FW スペインの旗 フランシスコ・ジョレンテ 1986-1987 1987-1994
MF ドイツの旗 ベルント・シュスター 1988-1990 1990-1993
FW アルゼンチンの旗 サンティアゴ・ソラーリ 2000-2005 1998-2000
FW ブラジルの旗 ロドリゴ・ファブリ 1998-2003 2003-2004
MF スペインの旗 ホセ・マヌエル・フラド 2005-2006 2006-2010
DF フランスの旗 テオ・エルナンデス 2017- 2016-2017
  • レンタル移籍で在籍した

他クラブを経て移籍した選手[編集]

ポジション 名前 レアル・マドリード アトレティコ・マドリード
期間 期間
FW スペインの旗 ルイス・アラゴネス 1958-1960 1964-1974
FW スペインの旗 フアニート 1977-1987 1972-1974
MF スペインの旗 ホセ・ルイス・カミネロ 1987-1989** 1993-1998
DF スペインの旗 ガルシア・カルボ 1995-1997 2001-2006
MF スペインの旗 フアンフラン 2004-2006 2011-
DF ブラジルの旗 フィリペ・ルイス 2005-2006** 2010-2014、2015-
FW スペインの旗 ホセ・アントニオ・レジェス 2006-2007 2007-
MF スペインの旗 ホセ・マリア・モビージャ  ? ** 2001-2004
  • レンタル移籍で在籍した
  • ** ただしトップチームではプレーしていない

脚注[編集]

  1. ^ レアルがマンC下す!欧州CL決勝はマドリード・ダービーに! - 2016年5月5日 スポーツニッポン
  2. ^ レアル、史上最多11度目の欧州CL制覇 PK戦でアトレチコ下す - 2016年5月29日 スポーツニッポン
  3. ^ no love lost madrid FIFA.com(2009年7月10日時点のアーカイブ
  4. ^ Football Travel - Madrid Four Four Two.com
  5. ^ footballista、ソルメディア、2010年11月17日号、16頁