アルベルト・オルマエチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルベルト・オルマエチェア Football pictogram.svg
San Sebastián - Estadio de Anoeta 2 (Ormaetxea).jpg
名前
ラテン文字 Alberto Ormaetxea Ibarlucea
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1939-04-07) 1939年4月7日
出身地 ギプスコア県エイバル
没年月日 (2005-10-28) 2005年10月28日(66歳没)
身長 177cm
選手情報
ポジション DF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルベルト・オルマエチェア(Alberto Ormaetxea Ibarlucea, 1905年1月6日 - 2005年10月28日)は、スペインギプスコア県エイバル出身のサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフルバック

経歴[編集]

選手時代[編集]

ギプスコア県エイバルに生まれ、1958年に地元のSDエイバルからデビューしたが、1958-59シーズンはセグンダ・ディビシオンからセグンダ・ディビシオンBへの降格を経験した。1959年にはレアル・ソシエダに移籍した[1]

レアル・ソシエダでは2シーズンをBチームで過ごし、1961年にトップチームに昇格したが、1961-62シーズンにはプリメーラ・ディビシオンからセグンダ・ディビシオンへの降格を経験した。1966-67シーズンにはプリメーラ・ディビシオンに昇格した[2]。1969-70シーズンには28試合すべてに先発出場して2得点し、チームはプリメーラ・ディビシオンで7位となった。負傷などもあって、35歳だった1974年に引退した。レアル・ソシエダでは公式戦通算280試合に出場した[2]

指導者時代[編集]

1974年の現役引退後すぐにレアル・ソシエダのアシスタントコーチとなり、1978年にはホセ・アントニオ・イルレギ監督に代わって監督に就任した。1978-79シーズンには4位となり、1979-80シーズンにはレアル・マドリードに勝ち点1及ばずにプリメーラ・ディビシオン優勝を逃したが、1980-81シーズンには初優勝を果たし、1981-82シーズンには2連覇を達成した。コパ・デル・レイでも1982年と1983年に2連覇を達成している[2][3]。1985年にレアル・ソシエダ監督を退任した。

1986年9月にはエルクレスCFの監督をわずか1ヶ月で退任し、プロサッカー指導者から引退した。その後はレアル・ソシエダのシニアチームで草サッカーをプレーしたり、エル・ディアリオ・バスコ紙にコラムを執筆したりした[4]。2005年のレアル・ソシエダ会長選挙ではミゲル・フエンテスを支持した[2]。長い闘病生活の末に、同年10月28日にサン・セバスティアンで死去した。66歳だった[2]。レアル・ソシエダのホームスタジアムであるエスタディオ・アノエタにはオルマエチェアの胸像が飾られている。

所属クラブ[編集]

1959–1960 →スペインの旗 SDエイバル(レンタル移籍)

指導クラブ[編集]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

レアル・ソシエダ

指導者時代[編集]

レアル・ソシエダ

脚注[編集]

外部リンク[編集]