トニー・ドリゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トニー・ドリゴ Football pictogram.svg
名前
本名 Anthony Robert Dorigo
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1965-12-31) 1965年12月31日(53歳)
出身地 アデレード
身長 175cm
選手情報
ポジション DF
ユース
オーストラリアの旗 アデレード・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1987 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 111 (2)
1987-1991 イングランドの旗 チェルシー 146 (11)
1991-1997 イングランドの旗 リーズ・ユナイテッド 171 (5)
1997-1998 イタリアの旗 トリノ 30 (2)
1998-2000 イングランドの旗 ダービー・カウンティ 41 (1)
2000-2001 イングランドの旗 ストーク・シティ 36 (0)
代表歴
1986-1988 イングランドの旗 イングランドU-21 11 (0)
1989-1993 イングランドの旗 イングランド 15 (0)
1989-1992 イングランドの旗 イングランドB 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トニー・ドリゴ(Tony Dorigo、1965年12月31日 - )は、オーストラリアアデレード出身の元プロサッカー選手。元サッカーイングランド代表。現役時代のポジションは、DF

経歴[編集]

クラブ[編集]

父はイタリア人[1]。10代でイングランドに渡り、トライアルを経てアストン・ヴィラFCと契約した。

1987年、47万5千ポンドチェルシーFCに移籍。加入初年度、チームはセカンドディビジョンに降格してしまったが、チームのベストプレーヤーに選出された。チームに残留すると、1年でファーストディビジョン復帰を果たした。チェルシーでは180試合に出場し、11ゴールを挙げた。

1991年夏、リーズ・ユナイテッドAFCに130万ポンドで移籍。リーズでも中心選手として活躍し、1991-92シーズンのチームMVPに選ばれた。

1997年、トリノFCに移籍。1シーズンプレーした後、トリノの財政問題からダービー・カウンティFCに移籍。

2000年、ストーク・シティFCに移籍。シーズン終了後、35歳で現役引退を表明。

代表[編集]

1986 FIFAワールドカップ・予選の際、オーストラリア代表の招集を受けたが、アストン・ヴィラのトニー・バートン監督が拒否した[1]

1989年のユーゴスラヴィア戦でイングランド代表デビュー。UEFA欧州選手権1988ではケニー・サムソンのバックアッパーとしてサプライズ選出された。1990 FIFAワールドカップにも出場し、3位決定戦のイタリア戦でデビッド・プラットの同点ゴールをアシストした。

所属クラブ[編集]

ユース
プロ

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェルシー
リーズ・ユナイテッド

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Made In Australia: Tony Dorigo”. FourFourTwo (2011年12月16日). 2013年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]