ディエゴ・ラクサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラクサール第二姓(母方の)はスアレスです。
ディエゴ・ラクサール Football pictogram.svg
名前
本名 ディエゴ・セバスティアン・ラクサール・スアレス
Diego Sebastián Laxalt Suárez
ラテン文字 Diego LAXALT
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1993-02-07) 1993年2月7日(24歳)
出身地 モンテビデオ
身長 178cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ジェノアCFC
ポジション MF
背番号 93
利き足 左足
ユース
2003-2012 ウルグアイの旗 デフェンソール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 ウルグアイの旗 デフェンソール 15 (1)
2013-2016 イタリアの旗 インテル 0 (0)
2013-2014 イタリアの旗 ボローニャ (loan) 15 (2)
2014-2015 イタリアの旗 エンポリ (loan) 4 (0)
2015-2016 イタリアの旗 ジェノア (loan) 43 (3)
2016- イタリアの旗 ジェノア 8 (1)
代表歴
2013 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20 16 (1)
2016- ウルグアイの旗 ウルグアイ 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・ラクサールDiego Sebastián Laxalt Suárez, 1993年2月7日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身のサッカー選手セリエAジェノアCFC所属。ポジションはミッドフィールダー

なお、祖父母がシチリア出身であるため、イタリアのパスポートも有する[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

2012年9月、ウルグアイデフェンソール・スポルティングでプロデビュー。2013年1月、シーズン終了後のインテル移籍が内定し[2]、2013年7月に正式に移籍が決定[3]。同年8月にサフィル・タイデルの加入に絡み、ボローニャFCへレンタルで移籍した[4]

2014年8月15日セリエAへ昇格したエンポリFCレンタル移籍[5]。契約にはエンポリ側による買取オプションと、インテル側による買戻しオプションがつけられていた。しかしシーズン前半を終了した時点で4試合の出場に留まったため、レンタルは半年で打ち切りとなった。

2015年1月、ジェノアCFCへ1年半のレンタル移籍。2016年7月30日クリスティアン・アンサルディの移籍交渉の一部として完全移籍を果たした[6]

代表[編集]

ウルグアイU-20代表として2013年南米ユース選手権に出場。チームは3位となり、FIFA U-20ワールドカップ出場権獲得した。同年の夏にトルコで開催されたU-20ワールドカップにも出場し、ウルグアイの準優勝に貢献した。

2016年5月、負傷したクリスティアン・ロドリゲスに代わりにコパ・アメリカ・センテナリオのメンバーに選出された[7]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ボローニャFC 2013-2014 (loan)
イタリアの旗 エンポリFC 2014-2015 (loan)
イタリアの旗 ジェノアCFC 2015-2016 (loan)
  • イタリアの旗 ジェノアCFC 2016-

脚注[編集]

外部リンク[編集]