アントン・シュニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントン・シュニン Football pictogram.svg
Anton Shunin 2018.jpg
名前
本名 アントン・ウラジーミロヴィッチ・シュニン
Anton Vladimirovich Shunin
ラテン文字 Anton SHUNIN
ロシア語 Антон Владимирович Шунин
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1987-01-27) 1987年1月27日(32歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
身長 191cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 FCディナモ・モスクワ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004- ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 230 (0)
代表歴
2007-2011 ロシアの旗 ロシア 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年10月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントン・ウラジーミロヴィッチ・シュニン: Антон Владимирович Шунин: Anton SHUNIN1987年1月27日 - )は、ロシアモスクワ出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。現在はFCディナモ・モスクワ所属。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ディナモでのシュニン

1987年、現ロシアの首都モスクワで生まれた。スポーツに熱心な両親の下でバスケットボールやアイスホッケーなどを経験して、FCディナモ・モスクワの入団テストを受けたが、サッカーに適さないとして落とされる。しかし、一週間後に最初のコーチとなるウラジーミル・コズロフから連絡を受け再テストをした。

ディフェンダーのポジションに就くも合格はしなかったが、ゴールキーパーへ変更するように申し込んで下部組織に滑り込み、1994年から2004年までユースで過ごした。ディナモには過去にレフ・ヤシンが所属していたが、若手GK育成には積極的ではなかったために、ユース時代にはPFC CSKAモスクワFCロコモティフ・モスクワFCモスクワ等のクラブを訪問して研究していた時期がある。

2007年4月21日のFCヒムキ戦でリーグ戦デビューを飾った。当時正GKだったジドゥルナス・カルチェマルスカスからポジションを奪い、レギュラーとして活躍した。しかし、2008年5月にウラジーミル・ガブロフが加入するとベンチに甘んじるようになる。2011-12シーズンからは正GKに復帰し、前半戦は全試合フルタイム出場した。

代表[編集]

2007年8月27日、ポーランド戦でA代表デビューを飾った。それ以降、クラブでの不振により代表からは疎遠となるもの、2010年11月17日、ベルギー代表との試合で約3年ぶりに代表に招集された[1]。2011年にはクラブでコンスタントに出場した事とイゴール・アキンフェエフが長期負傷離脱したため、2011年11月17日に行われる親善試合のギリシャ戦に招集され4年ぶりに出場を果たした。

個人成績[編集]

クラブ ディヴィジョン シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 Total
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
ディナモ・モスクワ プレミア 2007 23 0 2 0 25 0
2008 9 0 9 0
2009 8 0 8 0
2010 9 0 0 0 9 0
2011-12 30 0 3 0 33 0
Total 79 0 5 0 0 0 84 0
通算 79 0 5 0 0 0 84 0

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]