サッカー南米選手権1947

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南米選手権1947
大会概要
開催国 エクアドルの旗 エクアドル
日程 11月30日 - 12月31日
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  アルゼンチン (9回目)
準優勝  パラグアイ
3位  ウルグアイ
4位  チリ
大会統計
試合数 28試合
ゴール数 102点
(1試合平均 3.64点)
得点王 ウルグアイ Nicolás Falero (8)

南米選手権1947は、第20回目の南米選手権である。エクアドルが初めて開催国となり、試合はすべてグアヤキルエスタディオ・ジョージ・キャプウェルで行われた。アルゼンチンが9回目の南米チャンピオンとなった。ブラジルは棄権した。

大会方式[編集]

各チーム1回総当り戦を行い、勝ちには2ポイント、引き分けには1ポイント、負けには0ポイントの勝ち点が与えられる。トーナメント終了時に最も多くの勝ち点を獲得したチームがチャンピオンとなる。

1次ラウンド[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 アルゼンチン 7 6 1 0 28 4 +24 13
 パラグアイ 7 5 1 1 16 11 +5 11
 ウルグアイ 7 5 0 2 21 8 +13 10
 チリ 7 4 1 2 14 13 +1 9
 ペルー 7 2 2 3 12 9 +3 6
 エクアドル 7 0 3 4 3 17 −14 3
 ボリビア 7 0 2 5 6 21 −15 2
 コロンビア 7 0 2 5 2 19 −17 2
 ブラジル 0 0 0 0 0 0 0 0

1947年11月30日
エクアドル  2–2  ボリビア
Jiménez 1分にゴール 1分24分 Gutiérrez 26分にゴール 26分44分


1947年12月2日
アルゼンチン  6–0  パラグアイ
Moreno 10分にゴール 10分
Loustau 22分にゴール 22分
Pontoni 40分にゴール 40分50分82分
Méndez 87分にゴール 87分
エスタディオ・ジョージ・キャプウェル, グアヤキル
観客数: 20,000
主審: Víctor Francisco Rivas (チリ)

1947年12月4日
アルゼンチン  7–0  ボリビア
Méndez 3分にゴール 3分44分
Pontoni 22分にゴール 22分
Loustau 56分にゴール 56分
Boyé 58分にゴール 58分76分
ディ・ステファノ 62分にゴール 62分


1947年12月6日
ペルー  2–2  パラグアイ
Castillo 17分にゴール 17分
Mosquera 63分にゴール 63分
Villalba 38分にゴール 38分
Marín 74分にゴール 74分

1947年12月6日
ウルグアイ  6–0  チリ
Sarro 3分にゴール 3分
Falero 39分にゴール 39分42分
Gambetta 68分にゴール 68分
Magliano 88分にゴール 88分89分

1947年12月9日
チリ  2–1  ペルー
Varela 25分にゴール 25分
Busquets 71分にゴール 71分
López 72分にゴール 72分

1947年12月9日
ウルグアイ  3–0  ボリビア
Magliano 9分にゴール 9分
Falero 50分にゴール 50分79分

1947年12月11日
チリ  3–0  エクアドル
Peñaloza 51分にゴール 51分
López 62分にゴール 62分72分

1947年12月11日
アルゼンチン  3–2  ペルー
Moreno 41分にゴール 41分
ディ・ステファノ 55分にゴール 55分
Boyé 56分にゴール 56分
Gómez Sánchez 25分にゴール 25分
López 65分にゴール 65分 Red card
Torres Red card

1947年12月13日
コロンビア  0–0  ボリビア

1947年12月13日
パラグアイ  4–2  ウルグアイ
Genés 52分にゴール 52分79分
Marín 76分にゴール 76分
Villalba 89分にゴール 89分
Magliano 3分にゴール 3分
Britos 47分にゴール 47分

1947年12月16日
ウルグアイ  6–1  エクアドル
Falero 19分にゴール 19分21分
Puente 24分にゴール 24分88分
García 28分にゴール 28分
Sarro 35分にゴール 35分
Garnica 51分にゴール 51分
エスタディオ・ジョージ・キャプウェル, グアヤキル
観客数: 30,000
主審: Victor Francisco Rivas (チリ)

1947年12月16日
アルゼンチン  1–1  チリ
ディ・ステファノ 12分にゴール 12分 Riera 37分にゴール 37分

1947年12月18日
パラグアイ  3–1  ボリビア
Marín 5分にゴール 5分
Genés 20分にゴール 20分
Ávalos 25分にゴール 25分
González 71分にゴール 71分

1947年12月18日
アルゼンチン  6–0  コロンビア
Fernández 7分にゴール 7分
ディ・ステファノ 30分にゴール 30分62分75分
Boyé 38分にゴール 38分
Loustau 55分にゴール 55分


1947年12月20日
パラグアイ  2–0  コロンビア
Villalba 22分にゴール 22分68分

1947年12月23日
ペルー  5–1  コロンビア
Mosquera 3分にゴール 3分
Guzmán 53分にゴール 53分79分
Gómez Sánchez 67分にゴール 67分81分
Arango 48分にゴール 48分

1947年12月23日
パラグアイ  1–0  チリ
Villalba 60分にゴール 60分


1947年12月26日
ウルグアイ  1–0  ペルー
Falero 74分にゴール 74分 González Red card 67分
エスタディオ・ジョージ・キャプウェル, グアヤキル
観客数: 6,000
主審: Victor Francisco Rojas (チリ)

1947年12月27日
ボリビア  0–2  ペルー
Castillo 73分にゴール 73分
Guzmán 82分にゴール 82分

1947年12月28日
アルゼンチン  3–1  ウルグアイ
Méndez 30分にゴール 30分46分
Loustau 85分にゴール 85分
Britos 74分にゴール 74分


1947年12月29日
チリ  4–1  コロンビア
Prieto 28分にゴール 28分
Sáez 75分にゴール 75分88分
Riera 78分にゴール 78分
Granados 90分にゴール 90分

1947年12月31日
チリ  4–3  ボリビア
Aráoz 30分にゴール 30分 (o.g.)
Sáez 44分にゴール 44分
Infante 50分にゴール 50分
López 63分にゴール 63分
Tapia 77分にゴール 77分
Tardío 84分にゴール 84分
Orgaz 88分にゴール 88分

ブラジルは棄権


優勝[編集]

 南米選手権1947 優勝 

アルゼンチン
9回目

外部リンク[編集]