フアン・カルロス・ムニョス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フアン・カルロス・ムニョス Football pictogram.svg
JC Munoz.jpg
名前
ラテン文字 Juan Carlos Muñoz
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1919-11-22) 1919年11月22日
出身地 ブエノスアイレス州, アベジャネーダ
没年月日 (2009-11-22) 2009年11月22日(90歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1938-1939
1939-1950
1951-1953
スポルティボ・ドク・スド
CAリーベル・プレート
CAプラテンセ
- (-)
184 (39)
39 (3)
代表歴
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 11 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フアン・カルロス・ムニョス(Juan Carlos Muñoz1919年3月4日 - 2009年11月22日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州アベジャネーダ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダーで主にレフトウィンガーとして試合し出場した。

1938年にスポルティボ・ドク・スドでプロとしてプレーを始め[1]、翌年の1939年6月にはCAリーベル・プレートへと売却された。移籍先ではホセ・マヌエル・モレノアドルフォ・ペデルネラアンヘル・ラブルナフェリックス・ロウスタウとともにラ・マキナ(La Máquina、機械の意)の異名をとり、1940年代の南米を代表するチームの一員となった。所属リーグのプリメーラ・ディビシオンでは1941年、1942年、1945年、1947年にリーグ制覇を果たした。1951年にはCAプラテンセへと移籍し、1953年までに39試合に出場しており、3ゴールを挙げた。

1945年にアルゼンチン代表にも招集されており、コパ・アメリカで優勝している[2]。しかしFIFAワールドカップ第二次世界大戦の激化していた時代ということもあり、大会が開催されず出場することは叶わなかった。

2009年11月22日、心臓発作により90歳で亡くなっている[3]

出典[編集]