ロヘリオ・ドミンゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はドミンゲス第二姓(母方の)はロペスです。
ロヘリオ・ドミンゲス Football pictogram.svg
Rogelio Dominguez Racing.jpg
名前
本名 ロヘリオ・アントニオ・ドミンゲス・ロペス
Rogelio Antonio Domínguez López
ラテン文字 Rogelio DOMÍNGUEZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1931年3月9日
出身地 ブエノスアイレスの旗 ブエノスアイレス
没年月日 2004年7月23日(満73歳没)
身長 183cm
選手情報
ポジション GK
代表歴
1951-1963 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 58 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロヘリオ・アントニオ・ドミンゲス・ロペス(Rogelio Antonio Domínguez López, 1931年3月9日 - 2004年7月23日)は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

1946年CAリーベル・プレートのユースに加入し、1948年ラシン・クラブでデビュー。1951年からは10年以上にわたりアルゼンチン代表としてプレーした。1956年レアル・マドリードへと移籍。レアル・マドリードではキャプテンであったフアン・アロンソを押しのけてUEFAチャンピオンズカップの決勝に2度(1959年1960年)出場した。しかし、5シーズンの在籍期間において2桁出場は2シーズンのみにとどまった[1]。1956年、1957年と2年連続でアメリカ大陸の最優秀GKに選ばれ、1957年にはコパ・アメリカも勝ち取った。

1962年にユース時代を過ごしたCAリーベル・プレートへと戻った。その後も南米のクラブを転々とし、1969年CRフラメンゴで引退。引退後は指導者として、現役時代に所属したラシン・クラブなどのクラブチームを率いた。

2004年7月23日心筋梗塞のため死去。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『GREATEST TEAM』、ワールドサッカーマガジンベースボール・マガジン社、Vol.148 2007年1月18日号

外部リンク[編集]