ウバルド・フィジョール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウバルド・フィジョール Football pictogram.svg
Ubaldo Fillol 2006.jpg
名前
本名 ウバルド・マティルド・フィジョール
Ubaldo Matildo Fillol
愛称 El Pato
ラテン文字 Ubaldo FILLOL
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1950-07-21) 1950年7月21日(67歳)
出身地 サン・ミゲル・デル・モンテスペイン語版
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1965-1971 アルゼンチンの旗 キルメス 57 (0)
1972-1973 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 59 (0)
1974-1983 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 360 (0)
1983 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス 17 (0)
1984-1985 ブラジルの旗 フラメンゴ 34 (0)
1985-1986 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 17 (0)
1986-1989 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 71 (0)
1989-1991 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 42 (0)
代表歴
1974-1985 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 58 (0)
監督歴
2004 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウバルド・フィジョールUbaldo Matildo Fillol, 1950年7月21日 - )は、アルゼンチン出身の元同国代表サッカー選手サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー。現在はアルゼンチン代表のゴールキーパーコーチを務めている。

経歴[編集]

最初にデビューしたクラブチームのキルメスACで57試合に出場した。1972年にラシン・クラブに移籍し、1974年からは9年間CAリーベル・プレートに所属した。それからAAアルヘンティノス・ジュニアーズブラジルCRフラメンゴスペインアトレティコ・マドリードに在籍した。その後アルゼンチンに戻り、ラシン・クラブに在籍し、1991年にCAベレス・サルスフィエルドに在籍したのを最後に現役を引退した。

代表歴[編集]

1974年にデビューし、同年開催されたFIFAワールドカップに出場した。4年後の1978 FIFAワールドカップでは、若きキャプテンダニエル・パサレラ、ストライカーマリオ・ケンペスらと共にアルゼンチンのワールドカップ初優勝に貢献した。そして4年後の1982 FIFAワールドカップにも出場した。1986 FIFAワールドカップ・予選では好セーブを連発し、本戦出場に貢献したが、この大会の前年に代表を引退し、4大会連続出場はならなかった。