マリアーノ・ペルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペルニア第二姓(母方の)はモリーナです。
マリアーノ・ペルニア Football pictogram.svg
Mariano Pernía.jpg
アトレティコ・マドリード時代のペルニア (2007年)
名前
本名 マリアーノ・アンドレス・ペルニア・モリーナ
ラテン文字 Mariano Pernía
スペイン語 Mariano Andrés Pernía Molina
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1977-05-04) 1977年5月4日(39歳)
出身地 ブエノスアイレスの旗 ブエノスアイレス
身長 178cm
体重 79kg
選手情報
ポジション LSB
利き足 左足
代表歴
2006–2007 スペインの旗 スペイン 11 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリアーノ・アンドレス・ペルニア・モリーナMariano Andrés Pernía Molina, 1977年5月4日 - )はアルゼンチン出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。2006年4月末にスペインに帰化。「ペルニーア」と表記されることもある。

経歴[編集]

2003年にレクレアティボ・ウェルバに移籍し、レギュラーとして19試合に出場したが、チームはセグンダ・ディビシオンに降格した。降格後もペルニアはチームに残り、2003-04シーズンは40試合に出場した。2004-05シーズン、ヘタフェCFに移籍し、2シーズン続けて36試合に出場した。サイドバックながら、2005-06シーズンは10得点を記録した。ヘタフェでの活躍、そして帰化の意思を表明したことで、2006 FIFAワールドカップスペイン代表メンバー入りが噂された。当初はメンバー落ちしたが、アシエル・デル・オルノの負傷により代わって登録され、レギュラーに名を連ねた。なお彼の代表落ちと緊急招集の際にはスペイン国内では様々な意見があった。

2006年、アトレティコ・マドリードに移籍、4年契約を結んだ。2009年7月、アルゼンチンに帰国中に交通事故に巻き込まれ、鎖骨を骨折するとともに左肺を損傷した。娘と甥も車に同乗していたが、怪我はなかった。[1]

2010年7月、アトレティコとの契約が満了し、ウルグアイのナシオナル・モンテビデオに移籍した。

家族[編集]

1970年代にボカ・ジュニアーズなどで活躍したビセンテ・ペルニアはマリアーノの父親である。マリアーノには4人の兄弟がいるが、一番上の兄ガストンはアメリカのオーランド・シャークスでプレーするインドア・サッカー選手である。レオネル・アドリアンもまたインドア・サッカー選手であり、シカゴ・ストームでプレーする。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年7月8日). “ペルニアが交通事故で負傷、容体は安定”. 2009年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]