ドニエベル・アレシャンデル・マランゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアレシャンデル第二姓(父方の)はマランゴンです。
ドニ Football pictogram.svg
Doni.jpg
名前
本名 ドニエベル・アレシャンデル・マランゴン
Donieber Alexander Marangon[1]
ラテン文字 DONI
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1979-10-22) 1979年10月22日(38歳)
出身地 ジュンジアイ
身長 194cm
体重 91kg
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001 ブラジルの旗 ボタフォゴ 0 (0)
2001-2003 ブラジルの旗 コリンチャンス 59 (-68)
2004 ブラジルの旗 サントス 0 (0)
2004-2005 ブラジルの旗 クルゼイロ 6 (-7)
2005 ブラジルの旗 ジュベントゥージ 22 (-31)
2005-2011 イタリアの旗 ローマ 149 (-155)
2011-2013 イングランドの旗 リヴァプール 4 (-3)
2013 ブラジルの旗 ボタフォゴ 0 (0)
代表歴2
2007-2010 ブラジルの旗 ブラジル 10 (-8)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2008年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドニDoni)ことドニエベル・アレシャンデル・マランゴンDonieber Alexander Marangon, 1979年10月22日 - )はブラジルサンパウロ州ジュンジアイ出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

2012年5月1日、フラム戦にて

イタリアでは無名の選手であったが、アントニオ・カルロス・ザーゴの手引きでASローマに入団。セリエAのデビュー戦は2005年10月23日SSラツィオとの「ローマ・ダービー」だった。

2005-06シーズンはジャンルカ・クルチから定位置を奪うと、ローマの11連勝に貢献した。ブラジル代表にも選出され、コパ・アメリカ2007では正GKとしてセレソンの優勝に貢献した。その後は同胞のジュリオ・セルジオ・ベルタニョーリと激しい定位置争いを繰り広げたが、毎年コンスタントに30試合以上出場した。しかし、2009-10シーズンは故障でその座を失い、2010-11シーズンもボグダン・ロボンツの加入で出場機会には恵まれなかった。

2011年7月15日リヴァプールFCへ移籍[2]。移籍後はホセ・マヌエル・レイナの控えを務めた。2012年4月1日ニューカッスル・ユナイテッドFC戦でレイナが退場処分を受けたため[3]4月7日アストン・ヴィラFC戦でプレミアデビューを飾った。しかし、4月10日ブラックバーン・ローヴァーズFC戦で今度は自身が相手MFデイヴィッド・ホイレットを倒して一発退場となった[4]。この年は4試合の出場に止まった。

2012-13シーズン開幕前の健康診断で、心臓に異常が見つかって心肺停止に陥り一時は意識を失った。その後、検査を受けるためローマに渡りチームを離脱。第2GKの座はブラッドリー・ジョーンズに譲った[5]。結局、一発退場になったブラックバーン戦がプレミアでの最後の出場となった。

2013年1月31日、フリートランスファーでボタフォゴFCへ移籍[6]。約8年ぶりの母国復帰となった。だが、定期検査で再び不整脈が見つかり、2013年8月13日に現役続行を断念し引退を発表した[7]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

コリンチャンス
ローマ

代表[編集]

ブラジル代表

出典[編集]

  1. ^ Premier League clubs submit squad lists (PDF) (英語)
  2. ^ ドニのリヴァプール加入が決定Goal.com 2011年7月16日
  3. ^ その試合では交代枠を使い切っていたため、DFホセ・エンリケが急遽GKを務めた
  4. ^ リヴァプール、傷を残しながらも久々の白星Goal.com 2012年4月11日
  5. ^ リヴァプール退団のドニ、「むこう側に行きかけた」Goal.com 2013年2月2日
  6. ^ リヴァプール、ドニを放出Goal.com 2013年2月1日
  7. ^ 元ブラジル代表GKドニが引退 「神が望まなかった」Goal 2013年8月13日