ジャンルカ・クルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンルカ・クルチ Football pictogram.svg
Gianluca Curci.jpg
名前
ラテン文字 Gianluca CURCI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1985-07-12) 1985年7月12日(32歳)
出身地 ローマ
身長 191cm
体重 88kg
選手情報
ポジション GK
背番号 23
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008
2008-2010
2010-2011
2011-2015
2012-2014
2015-2016
イタリアの旗 ローマ
イタリアの旗 シエナ
イタリアの旗 サンプドリア
イタリアの旗 ローマ
イタリアの旗 ボローニャ (loan)
ドイツの旗 マインツ
29 (-42)
68 (-94)
35 (-41)
3 (-4)
14 (-12)
代表歴2
2003-2004
2004-2005
2005-2007
2007-2008
イタリアの旗 イタリア U-19
イタリアの旗 イタリア U-20
イタリアの旗 イタリア U-21
イタリアの旗 イタリア
3 (-8)
3 (-1)
22 (-15)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年5月19日現在。
2. 2012年8月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャンルカ・クルチ(Gianluca Curci, 1985年7月12日 - )はイタリアローマ出身のサッカー選手。ポジションはGK。元イタリア代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

ASローマの下部組織出身。2004年にトップに昇格し、当初はイバン・ペリッツォーリカルロ・ゾッティクリスティアーノ・ルパテッリ等を抑えて正GKを務めていたものの、彼等の退団後は2005-2006シーズンに加入したドニと2006-07シーズンに加入したジュリオ・セルジオの両ブラジル人の前に出場機会に恵まれなかった。

2008-09シーズンはアルトゥールの加入で第4GKに降格し、共同保有という形でシエナへ移籍。シエナではユヴェントスに移籍したアレクサンダー・マニンガーの穴を埋め、2シーズンにわたって正GKとして活躍したが、2009-2010シーズンにチームは2部降格。2010-2011シーズンからはサンプドリアに所属。ここでもマルコ・ストラーリルカ・カステラッツィの穴を埋めて正GKとして活躍したが、チームはまたしても2部降格となってしまった。

2011年に3シーズンぶりにローマ復帰を果たし、エミリアーノ・ヴィヴィアーノの獲得に失敗したこともあって正GK確保も期待されたが、後に加入したマールテン・ステケレンブルフボグダン・ロボンツに次ぐ第3GKとなり3試合の出場に留まった。

2012年7月17日ジャン=フランソワ・ジレを放出したボローニャFC期限付き移籍[1]。2013-14シーズンもレンタルが延長され、引き続きボローニャでプレーする[2]

2015年8月15日、ドイツ・ブンデスリーガマインツ05へ2017年シーズン終了までの2年契約で完全移籍した[3]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ボローニャFC 2012-2014(loan)

代表歴[編集]

  • 2003-2004 イタリアの旗 イタリア代表U-19 3試合
  • 2004-2005 イタリアの旗 イタリア代表U-20 3試合
  • 2005-2007 イタリアの旗 イタリア代表U-21 22試合
  • 2007-2008 イタリアの旗 イタリア代表 0試合

脚注[編集]

  1. ^ クルチをローマから獲得”. CARA BOLOGNA (2012年7月17日). 2012年8月9日閲覧。
  2. ^ ローマ、クルチら4選手の放出を発表”. goal.com (2013年7月9日). 2013年11月9日閲覧。
  3. ^ Curci kommt fürs Tor”. マインツ05公式 (2015年8月15日). 2015年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。