ラ・ボンボネーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エスタディオ・アルベルト・J・アルマンド
"ラ・ボンボネーラ"
Bombonera Boca Juniors.JPG
施設情報
所在地 Brandsen 805 CP 1161 La Boca, Buenos Aires
位置 南緯34度38分8.34秒
西経58度21分52.74秒
座標: 南緯34度38分8.34秒 西経58度21分52.74秒
起工 1938年2月18日
開場 1940年5月25日
修繕 1996年5月5日
所有者 ボカ・ジュニアーズ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m x 68 m
旧称
エスタディオ・ボカ・ジュニアーズ (1940-1986)
エスタディオ・カミロ・シチェーロ (1986-2000)
使用チーム、大会
ボカ・ジュニアーズ(プリメーラ・ディビシオン)
収容能力
49,000人[1]

ラ・ボンボネーラ (La Bombonera) 、正式名称エスタディオ・アルベルト・J・アルマンド(Estadio Alberto J. Armando)は、アルゼンチンブエノスアイレスラ・ボカ地区にあるサッカー専用スタジアム。プリメーラ・ディビシオン に所属するボカ・ジュニアーズのホームスタジアムである。Bomboneraとは、「チョコレート箱」を意味する[2]

概要[編集]

スタジアムは1940年5月25日にボカとCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロの親善試合のために最初に使用された。正式名称はエスタディオ・カミロ・シチェーロ (Estadio Camilo Cichero) であったが、2000年12月27日からは現在のエスタディオ・アルベルト・J・アルマンド(以前のクラブ会長の名)に変更された。

しかしサポーターからは「ラ・ボンボネーラ」の愛称で親しまれ、現在では世界中のサッカーファンに広く知れ渡っている。

1996年に改修工事が行われメインスタンドにVIP専用ボックス席を増設。警備上の問題からスタジアムとピッチの間に設置されていた金網のフェンスの代わりに透明な防弾ガラスを設置し、より臨場感が増すようになった。

また「ボケンセ」と呼ばれるサポーターの熱狂的な応援によってスタジアムが激しく震動する事でも知られる。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ No.272 スターを育てる「夢の舞台」”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1999年6月30日). 2013年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]