マリオ・ロンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロンドン第二姓(母方の)はフェルナンデスです。
マリオ・ロンドン Football pictogram.svg
名前
本名 マリオ・ジュニオール・ロンドン・フェルナンデス
ラテン文字 Mario Rondón
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1986-03-26) 1986年3月26日(32歳)
出身地 カラカス
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ルーマニアの旗 CSガズ・メタン・メディアシュ
ポジション FW(CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2000-2004 ベネズエラの旗 カラカス
2004-2005 ポルトガルの旗 ポンタッソレンセ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2009 ポルトガルの旗 ポンタッソレンセ 100 (21)
2009-2011 ポルトガルの旗 パソス・デ・フェレイラ 31 (9)
2010 ポルトガルの旗 ベイラ・マル(loan) 10 (1)
2011-2015 ポルトガルの旗 ナシオナル 108 (31)
2015-2016 中華人民共和国の旗 石家荘永昌 31 (6)
2018- ルーマニアの旗 ガズ・メタン・メディアシュ
代表歴2
Flag of Madeira.svg マデイラ諸島
2011-2015  ベネズエラ 13 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月13日現在。
2. 2017年12月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・ジュニオール・ロンドン・フェルナンデスMario Junior Rondón Fernández1986年3月26日 - )は、ベネズエラポルトガルのサッカー選手。ベネズエラ代表。ポジションはFW

クラブ歴[編集]

カラカスで生まれカラカスFCのユースに在籍した。18歳でポルトガルに渡り、ADポンタッソレンセの下部組織からトップチームに昇格した。2009年夏にFCパソス・デ・フェレイラに移籍しプリメイラ・リーガ初出場。2010年にリーガ・デ・オンラSCベイラ・マルにレンタル移籍した。2010-11シーズン初めにパソス・デ・フェレイラに復帰、第一節・8月14日のスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル戦で初得点[1]、その後もリーグで8点を、タッサ・ダ・リーガで4点を獲得しクラブ得点王に輝き、またカップを決勝進出まで導く活躍を見せた[2]

2011年7月14日にCDナシオナルに5年契約で移籍したが、その移籍金は明らかになっていない[3]。2013-14シーズンは30試合で12得点とキャリア史上最多得点を記録し、UEFAヨーロッパリーグ 2014-15の予選でも活躍した。

2015年2月28日に中国サッカー・スーパーリーグ石家荘永昌に移籍[4]。3月9日の広州恒大戦で初得点[5]

代表歴[編集]

マデイラ諸島代表での出場経験があるが、これは国際サッカー連盟や各大陸のサッカー連盟に加盟していない。だがNF-Boardに加盟している。

ベネズエラ代表で初出場したのは2011年3月25日のジャマイカ代表戦で78分にアレハンドロ・モレノとの交代での途中出場であった。初得点は2014年9月5日の韓国代表戦であった[6]

個人成績[編集]

代表での得点一覧[7]

# 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1. 2014年9月5日 大韓民国の旗 京畿道富川市富川総合運動場  韓国 1–0 1–3 親善試合
2. 2014年9月9日 日本の旗 神奈川県横浜市横浜国際総合競技場  日本 1–1 2–2 親善試合
3. 2015年9月12日 ボリビアの旗 ラパスエスタディオ・エルナンド・シレス  ボリビア 1–2 2–4 2018 FIFAワールドカップ・南米予選

参考文献[編集]

外部リンク[編集]