エドウィン・カルドナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルドナ第二姓(母方の)はベドヤです。
エドウィン・カルドナ Football pictogram.svg
名前
本名 エドウィン・アンドレス・カルドナ・ベドヤ
Edwin Andrés Cardona Bedoya
愛称 Crackdona (クラックドナ)
ラテン文字 Edwin CARDONA
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1992-12-08) 1992年12月8日(26歳)
出身地 メデジン
身長 182cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 CFパチューカ
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2014 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル 102 (25)
2012 コロンビアの旗 サンタフェ (loan) 43 (9)
2013 コロンビアの旗 ジュニオール (loan) 42 (7)
2015-2019 メキシコの旗 モンテレイ 80 (31)
2017-2018 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ (loan) 31 (7)
2019- メキシコの旗 CFパチューカ 19 (6)
代表歴2
2014- コロンビアの旗 コロンビア 35 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年4月29日現在。
2. 2019年6月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドウィン・アンドレス・カルドナ・ベドヤ(Edwin Andrés Cardona Bedoya, 1992年12月8日 - )は、コロンビアアンティオキア県メデジン出身の同国代表サッカー選手CFパチューカ所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

2006年にアトレティコ・ナシオナルのユースチームでキャリアをスタートさせ、2009年にトップチーム昇格した。

2015年、メキシコのCFモンテレイに移籍した。

代表[編集]

コロンビア代表として2009 南米U-17選手権で7得点を記録し、2009 FIFA U-17ワールドカップにも出場した。2014年10月10日、エルサルバドル代表戦でA代表デビューを果たした[1]

2017年11月の韓国戦 (1-2)で、キ・ソンヨンに対して、両手で目を吊り上げるジェスチャーを行い、5試合(親善試合のみ)の出場停止を受けた[2]

2018 FIFAワールドカップ・予選では、左サイドアタッカーのレギュラーとして15試合(うち先発8試合)に出場、チーム2位タイの3得点を挙げる活躍を見せ、2018 FIFAワールドカップに向けた予備登録35人に選ばれた[3]が、結果的に前述の差別行為、2018年1月にはアルゼンチン国内での婦女暴行事件疑惑の浮上、カルドナが不在の間の試合でルイス・ムリエルホセ・イスキエルドマテウス・ウリベ、3年ぶりの招集となったフアン・フェルナンド・キンテロの活躍もあり、代表メンバー23人から落選する結果となった[4][5]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アトレティコ・ナシオナル
インデペンディエンテ・サンタフェ
ボカ・ジュニアーズ

脚注[編集]

外部リンク[編集]