ユヴェントスFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユベントスから転送)
Jump to navigation Jump to search
ユヴェントスFC
Juventus Logo.png
原語表記 Juventus Football Club s.p.a
愛称 La Vecchia Signora (おばあさん)
La Fidanzata d'Italia (イタリアの彼女)
La Madama (ピエモンテ語で、「奥さん」)
I Bianconeri (白と黒)
Le Zebre (シマウマ)
La Signora Omicidi (キラー・レディー)
La Goeba (ピエモンテ語で、「せむし」)
クラブカラー     白・   
創設年 1897年
所属リーグ セリエA
所属ディビジョン 1部
ホームタウン トリノ
ホームスタジアム Juventus v Real Madrid, Champions League, Stadium, Turin, 2013.jpgアリアンツ・スタジアム
収容人数 41,507
代表者 イタリアの旗 アンドレア・アニェッリ
監督 イタリアの旗 マッシミリアーノ・アッレグリ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ユヴェントス・フットボール・クラブ(Juventus Football Club s.p.a)は、イタリアトリノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。1923年以来、多数の実業家を輩出するイタリアの名門一族アニェッリ家によって所有されている。

概要[編集]

ユヴェントスはラテン語で「若者」や「青春」を意味するユウェントゥス (juventus/iuventus) に由来する。略称で、ユーヴェ (Juve) とも呼ばれる。愛称は、エンブレムやユニフォームの配色からビアンコネーロイタリア語で白と黒)、ビアンコネーリ(複数形)や、ラ・ヴェッキア・シニョーラ(老貴婦人)などがある。サポーターは、ユヴェンティーノ(単数形)や、ユヴェンティーニ(複数形)と呼ばれている。

白と黒の縦縞がクラブカラーだが、これはノッツ・カウンティの同じユニフォームが由来となっている。それまでは、ピンクのユニフォームを使用していた(その後も、一時期は、アウェイユニフォームがピンクの時期があった)。エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源がタウリーニ(牛の人々)であることが由来である。

セリエAにおいて最も成功したクラブの一つである。セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、「ユヴェントス」、「ACミラン」、「インテル」のビッグ3の一角を占め、スクデット獲得回数はセリエA最多の32回で、ACミランインテルナツィオナーレ・ミラノ(共にスクデット獲得18回)と並んでイタリアのみならず、世界でも指折りのビッグクラブの一つである。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去8度決勝に進むもうち6度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAプレミアリーグに関しては例外である。

2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度もセリエBイタリア2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。現在も降格経験がないインテルとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ国内外の注目を集め、ミラノダービーローマダービーと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。トリノFCとの対戦はトリノ・ダービーと呼ばれる。しかし「カルチョ・スキャンダル」によるペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへ降格した。

ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。フィアット・グループのオーナーのアニエッリ家の資産管理会社の「エクソール」がクラブの株式の63.8パーセントを所有する。

2014年1月、世界最大の会計事務所である『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグによると、2012-13シーズンのクラブ収入は2億7240万ユーロであり、世界9位、イタリアでは1位である[1]。2011-12シーズンは9季ぶり28度目のスクデット獲得。

歴史[編集]

創設期 - セリエA以前[編集]

1898年の選手
1905年の選手

クラブは1897年11月1日にマッシモ・ダゼーリオ高等学校の生徒らによってスポルト・クラブ・ユヴェントス (Sport Club Juventus) として創設された。1900年よりイタリア選手権(後のセリエAに相当する全国大会)に参加。この時期までユヴェントスが使用していたピンクと黒のユニフォームは色褪せしやすいという問題があり、1903年に現在の白と黒(ビアンコネッロ)に代わった。この配色は、当時クラブに所属したイングランド人選手ジョン・サヴェージから代替ユニフォームを頼まれた母国の友人がノッツ・カウンティのファンであったことに由来する。

1905年にイタリア選手権で初優勝した。1906年にはクラブの紛争によってスイス人のアルフレド・ディック会長がクラブを去り、FBCトリノ(現トリノFC)を創設した。

1923年、地元の自動車会社フィアット社オーナーのエドアルド・アニェッリがクラブを買い取り、会長に就任。これが現在まで続くアニェッリ家とフィアットによるユヴェントスへの関与の端緒となる。1925–26シーズンには21年ぶりにイタリア選手権に優勝した。

セリエA発足 - 欧州制覇[編集]

ジョヴァンニ・トラパットーニ
ミシェル・プラティニ

1929年にセリエAが発足。間もない1930年代前半には5シーズン連続の優勝を飾り、クラブの歴史上最初の黄金時代を築いた。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会に優勝したイタリア代表には、アルゼンチン出身のFWライムンド・オルシやMFルイス・モンティ、代表主将を務めたGKジャンピエロ・コンビら、実に9人ものユヴェントス選手を含んだ。

1947年にジャンニ・アニェッリが会長に就任、クラブは株式会社化された。1940年代はライバルであるACトリノ(現トリノFC)の好調の影に隠れる格好になった。

1957-58シーズン、初めてのダブルを達成したのみならず、通算10回目のリーグ優勝によってステッラ(星)を胸に付けることを認められる最初のクラブになった。このシーズンから1960-61シーズンまでの4シーズンの間にスクデット3回、カップ2回を獲得。長らくクラブの最多得点記録者だったジャンピエロ・ボニペルティジョン・チャールズオマール・シヴォリのFW三人組は「魔法のトリオ (Il Trio Magico)」と呼ばれた。

1960年代以降、欧州のカップ戦でたびたび上位に入ったが、優勝にまでは至らなかった。

1976年に監督に就任したジョバンニ・トラパットーニは、1986年まで続く長期政権下に多くの栄誉をもたらした。まず、初年度の1976-77シーズンにクラブ初の欧州タイトルとなるUEFAカップで優勝。セリエAでもコンスタントに優勝し、1981-82シーズンに通算20回目のリーグ優勝を達成。1983-84シーズンにUEFAカップウィナーズカップで初優勝。

1984-85シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)において、3度目の決勝進出で初勝利し、念願の欧州チャンピオンに輝いた。試合前にはイングランドのフーリガンの蛮行に端を発する惨劇で多くの死傷者が出た(詳細はヘイゼルの悲劇を参照)。同年末にはトヨタカップでアルゼンチンのアルヘンティノス・ジュニアーズをPK戦で破り、世界一のタイトルも手に入れた。

この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレアFIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。

1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にもロベルト・バッジョ等の活躍もあり、欧州では2度のUEFAカップ優勝を果たした。

2度目の欧州制覇[編集]

1994年にマルチェロ・リッピが監督に就任すると、初年度の1994-95シーズンに9年ぶりにスクデットを獲得。1995-96シーズンには、後に絶対的なバンディエラとなるアレッサンドロ・デル・ピエロがエースとして活躍、ヴィアリラバネッリ等と3トップを形成しUEFAチャンピオンズリーグで2度目の欧州チャンピオンに輝き、同年末のトヨタカップにも勝利した。特にUEFAチャンピオンズリーグでは、その後ジネディーヌ・ジダンフィリッポ・インザーギディディエ・デシャン等の活躍により1995-96シーズンから3シーズン連続で決勝に進出するという離れ業を成し遂げている。

低迷期[編集]

1998-99シーズンはセリエA3連覇は堅いと予想されていた。しかし、蓋を開けてみると、予想に反して期待を裏切ったシーズンだった。開幕戦こそペルージャに勝利したものの、デル・ピエロがシーズンを棒に振るほどの大怪我を負って以降は、無得点試合が何試合も続くほどの慢性的な得点欠乏症に苦しみ、中位に低迷した。マルチェロ・リッピが監督を退任した後、カルロ・アンチェロッティが監督に就任したが、セリエA優勝には届かなかった。

不正による2つのスクデット剥奪と史上初の降格[編集]

約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲパベル・ネドベドジャンルイジ・ブッフォンリリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った[2]為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。

エメルソンファビオ・カンナヴァーロズラタン・イブラヒモビッチといった新戦力を補強し、カペッロ監督の下、ユヴェントスは2004-05及び2005-06シーズンを連覇する。しかし、2006年夏にルチアーノ・モッジGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚(カルチョ・スキャンダルも参照)クラブは2004-05及び2005-06シーズンのスクデット剥奪に加え、史上初のセリエB降格処分を受けた。

セリエA昇格から低迷期[編集]

アレッサンドロ・デル・ピエロ

カルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006-07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロダヴィド・トレゼゲジャンルイジ・ブッフォンパベル・ネドベドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。

下馬評ではUEFAチャンピオンズリーグへの復帰は難しいだろうと考えられていた2007-08シーズンは予想を覆す勢いで勝利を挙げ3位でシーズンを終え、2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ予備戦3回戦からの復帰が確定。デル・ピエロとトレゼゲの2トップはリーグ戦合計で41ゴールを挙げ、デル・ピエロは21ゴールで得点王のタイトルを獲得した。

しかし、2008-09シーズンは無冠が決定し、シーズン途中でクラウディオ・ラニエリは解任され、かつてユヴェントスのDFとして活躍したチロ・フェラーラがシーズン終了まで指揮を執ることとなった。

2008-09シーズンが無冠で終わったことから、2009年夏の移籍市場では活発に動き、市場開幕前にレアル・マドリードよりフリートランスファーで、かつて所属したファビオ・カンナヴァーロを、また、ヴェルダー・ブレーメンより2450万ユーロでジエゴを、更に移籍金2050万ユーロ(約27億円)に加え、イタリア代表経験のあるMFマルコ・マルキオンニと引き換えにフィオレンティーナからブラジル代表のフェリペ・メロを獲得した。

2009-10シーズンは昨季途中から引き続きフェラーラの指揮の下、開幕当初は勝ち星を重ねることができたものの、徐々に成績を落としていき、チャンピオンズリーグはグループリーグで敗退、21節を終えた時点で首位と勝ち点16差を付けられるなどチームは低迷する。コッパ・イタリアも敗退が決まるとクラブはフェラーラを解任。後任としてアルベルト・ザッケローニの監督就任が発表された。36節カターニア戦で引き分け、来季のチャンピオンズリーグ出場権が消滅してしまった。このシーズン結局7位に終わる。

アンドレア・アニエッリ就任と盟主復活へ - 現在[編集]

アレッシオ・セッコSD(スポーツディレクター)らフロント陣の改造が行われ、会長にアンドレア・アニェッリが就任し、GD(ゼネラルディレクター)にジュゼッペ・マロッタを招聘。監督にはルイジ・デルネーリが就任。

2011年、セリエAのチームとしては珍しいチアリーディングチーム(メンバー写真)が結成され、フロムワンの雑誌「CALCIO2002」(2011年3月号)に紹介された。チアリーダーの面々はホームスタジアムでの入場セレモニーやスタンドの応援だけにとどまらず、トリノの街角で選手と同じユニフォームとチームカラーの黒と白の大きいポンポンを振りかざしてのゲリラ的パフォーマンスを繰り広げるなどしている。セリエAのクラブではチアリーダーはこれまで登場したことがないことから、注目された。

2010-11シーズン中盤以降の失速により、最終的に前年度と同じ7位となった。また、ヨーロッパリーグではグループリーグ敗退。デルネーリを解任し、クラブOBでACシエーナをセリエA昇格へ導いたアントニオ・コンテを監督に招聘。

2011-12シーズンに向けてユヴェントスのオーナー陣は増資を決定し、1億2000万ユーロの補強資金が用意された。このうち3700万ユーロは昨季レンタルで獲得したファビオ・クアリャレッラSSCナポリ)を3年契約、アレッサンドロ・マトリカリアリ)を4年契約、シモーネ・ペペマルコ・モッタ(ともにウディネーゼ)を4年契約で、完全移籍で獲得するのに使われた。スイス代表のレト・ツィークラー、ACミランでの契約延長に合意しなかったイタリア代表MFアンドレア・ピルロをフリーで獲得した。フェリペ・メロモハメド・シソッコを売却する一方で、ステファン・リヒトシュタイナーアルトゥーロ・ビダルミルコ・ヴチニッチを獲得した。

2011年9月、イタリアでは初めてのクラブ占有のスタジアム、ユヴェントス・スタジアムが完成した。スタジアム完成後初のシーズンを23勝15分の無敗で優勝し、セリエA復帰後初優勝を達成した。なお、今回で公式には28回目の優勝であるが、カルチョ・スキャンダルで剥奪された分も含めて30回目の優勝だと主張しており、「30 Sul Campo」(フィールド上では30回)の文字をユニフォームに入れている。このシーズン限りでバンディエラでもあるキャプテンのアレッサンドロ・デル・ピエロがユヴェントスのユニフォームを脱ぐことが決定した。その後、デル・ピエロはシドニーFCに移籍が決定。

2012-13シーズンは、クワドォー・アサモアマウリシオ・イスラのウディネーゼからのコンビやポール・ポグバらを獲得したが監督のコンテがシエナ時代の八百長の報告義務違反で処分され、10ヶ月出場停止となったが(4ヶ月に軽減)、2013年5月5日に連覇を果たした。また、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグでは、グループリーグを突破するも準々決勝でバイエルン・ミュンヘンにホーム・アウェーとも2-0で敗れた。

2013-14シーズンは、2013年1月に獲得が内定していたフェルナンド・ジョレンテや、デル・ピエロが着用していた「10番」を継ぐカルロス・テベス、同じ街のトリノFC生え抜きのアンジェロ・オグボンナを獲得。3節にインテルとのイタリアダービーに引き分け、8節のフィオレンティーナ戦でも2-0から逆転負けし、当時首位で開幕10連勝のセリエA新記録を更新したローマとの勝ち点差が4となる。しかしローマがその後の4戦を続け様にドローで終えると間隙を縫って勝ちを積み重ね13節から再び首位に浮上。まだシーズンの3分の1しか消化していない時点でローマこそ勝ち点差が1だったが、ナポリに6、インテルに8、フィオレンティーナに10の勝ち点差をつけ、敗れたフィオレンティーナ戦以降12連勝。その中には2014年1月5日に行われた新年最初のセリエAにあたるローマとの頂上決戦も含まれ(3-0で快勝)、ホーム戦全勝でリーグ3連覇を達成し、公式に30回目の優勝を果たした。また、このシーズンにチームが積み上げた勝ち点「102」は、欧州主要リーグの最多勝ち点記録を更新した。その一方でチャンピオンズリーグは、勝ちを計算出来た筈のFCコペンハーゲンガラタサライに引き分け、アンチェロッティが就任したレアル・マドリードの敵地で敗れ3連敗とヨーロッパ戦線では躓き、FCコペンハーゲンのホームでやっと初勝利を挙げ、最終戦にあたる敵地のガラタサライホームでの悪天候による再試合といったハプニングもあり、翌日に再開された試合では引き分けてもベスト16に入れた状況だった為当時勝ち点4でグループ3位、このままではグループリーグ3位となってヨーロッパリーグに回る為、勝たなければならない状況で諦めない姿勢を見せたトルコのガラタサライの抵抗に遭い、勝利への執念を見せなかったツケがヴェスレイ・スナイデルの一発で1-0と沈む形で回り、グループリーグ3位で敗退。引き分け狙いの油断が招いた悲劇がイタリアでは記録的な強さを見せたシーズンの汚点を残す羽目になった。3位で敗退した事で回ってきたヨーロッパリーグは、ベスト32からのスタート。トラブゾンスポルには2戦合計4-0と快勝し、ベスト16では同じイタリアのフィオレンティーナから失点が目立つようになり、フィオレンティーナ戦は2戦合計2-1、かつてリーグ7連覇を果たしたオリンピック・リヨンとの準々決勝でも3-1で勝ち上がり、決勝がホームグラウンドのユヴェントス・スタジアムであった為、地元開催の決勝進出が後半戦の目標だったが準決勝で国内3冠を果たしポルトガルを牛耳ったベンフィカと対戦し初戦の2-1で敗れた試合を取り戻せず、ホームでスコアレスドローを演じてしまいベスト4で敗退となった。

2014-15シーズンの夏の移籍市場においては、アルバロ・モラタパトリス・エブラロベルト・ペレイラらを獲得。しかし開幕前のプレシーズンキャンプ中、7月15日に監督のコンテが突然辞任。翌日、元ミラン監督であるマッシミリアーノ・アッレグリの監督就任が決定した。このシーズンは4試合を残してリーグ戦4連覇を達成、コッパ・イタリアではラツィオを延長戦の末2-1で下し、20年ぶりの10回目となるコッパ・イタリア制覇を果たした。チャンピオンズリーグでは、準決勝で前回チャンピオンのレアル・マドリードを二試合合計3-2で下し12年ぶりの決勝進出を果たした。決勝では同じく2冠を達成したバルサとお互いに3冠を賭けて対戦したが、試合開始早々に失点し、追いつくも再び勝ち越され、結果的に3-1で敗れた。これにより歴代最多となる6度目の準優勝に終わった。

2015-16シーズン前にはテベス、ピルロ、ビダルといった主力に加え、ジョレンテやオグボンナを放出する一方、パウロ・ディバラマリオ・マンジュキッチサミ・ケディラアレックス・サンドロフアン・クアドラードシモーネ・ザザダニエレ・ルガーニエルナネスといった新戦力を獲得した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。その後1度の引き分けを挟むと9連勝。3試合を残して4月25日に優勝を決め、セリエA史上4チーム目となる5連覇を達成した。コッパ・イタリアでは決勝に勝ち進み、5月21日のACミランとの決勝では0-0で延長戦に入るも延長戦後半に途中出場のモラタがゴールを挙げ、1-0で勝利し連覇を達成した。これで2年連続の国内二冠を達成。またスーペルコッパ・イタリアーナを含めて史上初のイタリア国内三冠を達成した。 また、キャプテン・ブッフォンが2016年3月20日のトリノとのトリノダービーで1993-94シーズンに元イタリア代表GKセバスティアーノ・ロッシが記録した929分のセリエAにおける無失点記録を更新する「974分」の無失点記録を達成した。 UEFAチャンピオンズリーグでは、ベスト16でドイツの巨人・バイエルンと対戦。ホームアウェー共に2-2、180分で合計4-4のスコアとなり延長戦にもつれこんだ。しかし、延長戦で2点を決められ敗退した。

2017年から新しく使用されるエンブレム

2016-17シーズン前にはポグバを当時サッカー界史上最高額の移籍金である1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに売却し、モラタを古巣であるレアル・マドリードに買戻しされた一方、ダニエウ・アウベスをフリー、メディ・ベナティアをレンタルで獲得し、移籍市場閉鎖直前にクアドラードをレンタルの形で再獲得。さらにナポリから昨シーズンの得点王であるゴンサロ・イグアインをセリエA史上最高額の9000万ユーロで、ASローマからミラレム・ピアニッチを3200万ユーロで獲得。また夏にはマルコ・ピアツァを、冬にはリカルド・オルソリーニ、マッティア・カルダーラを獲得した。イグアインやピアニッチ、アウベスらの新戦力がフィットしきれなかったにも関わらず開幕3連勝と勢いに乗り、5節以降1度も首位を明け渡す事無く独走状態。前半戦終了時点で当時2位だったローマに勝ち点7差をつけ、チャンピオンズリーグに軸足を移した後半戦は2017年1月22日のサッスオーロ戦でそれまでの3-5-2から4-2-3-1に変更すると、イグアインとディバラの2トップを横から縦に変更したのに加え、それまでベンチを温めていたマンジュキッチやクアドラードを両翼に収め、ピアニッチをレジスタにすると21節以降勝ち点を43も荒稼ぎし、2017年5月21日、セリエA史上初となるリーグ6連覇を達成。コッパ・イタリアでは準決勝でナポリとの第2戦を落としただけで決勝に勝ち進み、2017年5月17日のラツィオ戦で2-0の勝利。史上初となるコッパ・イタリア3連覇と3年連続の国内2冠を達成した。しかし最重要課題だったUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝ではスペイン王者でもあるレアル・マドリードとの対戦になった。開始20分、アウベスがマルセロからボールを奪われるとそのままショートカウンターを浴びダニエル・カルバハルとのリターンを5年連続得点王を目指すクリスティアーノ・ロナウドに決められ先制点を失う。7分後にマンジュキッチが見事なバイシクルキックで同点に追いつき前半を終えるも、右サイドから攻撃参加したアウベスが同胞のカゼミーロとの接触プレーでファウルを主張するも認められず、アウベスの戻りが遅れて出来たスペースを突かれ、カゼミーロに右足一閃(ケディラの足に当たって)され、再び勝ち越されるとペナルティーエリアとハーフウェイラインの間でルカ・モドリッチにボールを奪われるとカルバハルとのパス交換から突破され最後はまたもロナウドにドッビエッタを喰らい1-3。終了間際のフリーキックでロナウドの蹴ったボールが壁に当たりそれを拾ったマルセロに途中出場のマリオ・レミナが競り負け、マルコ・アセンシオにもダメ押し点を奪われ、2014-15シーズンに続きセリエAでは圧倒的な強さを見せたのが嘘だったかの様に1-4で大敗しCL決勝では5連敗、通算7度目の準優勝となった。

2017-18シーズンは4-1で下した昨シーズン2月のパレルモ戦でアッレグリと激しく口論し、続くFCポルトとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で命じられた事が尾を引いた挙句ボヌッチをACミランへ、ダニエウ・アウベスを契約解除でのフリー移籍でパリ・サンジェルマンへと放出した。一方、バイエルン・ミュンヘンからドウグラス・コスタを、シャルケ04からベネディクト・ヘーベデスを買取OP付きのレンタルで獲得し、ボヌッチとの紳士協定でマッティア・デ・シリオをミランから、ヴォイチェフ・シュチェスニーアーセナルFCから、さらにパリ・サンジェルマンからブレーズ・マテュイディを完全移籍で獲得。さらにロベルト・バッジョの再来と言われているフェデリコ・ベルナルデスキACFフィオレンティーナから獲得した。[3]9月23日のトリノとのトリノダービーでそのシーズンから背番後10を背負うディバラが6試合目にして早くも10ゴール目。1958-59シーズンにインテルのアントニオ・アンジェリッロ(4試合で11ゴール)が記録して以来59年ぶりの快挙を成し遂げた。10月からのアタランタ戦とラツィオ戦にこそ勝ち切れず、28年ぶりのスクデット獲得を目指すナポリの抵抗を受ける。2018年に入ってもナポリが首位を走ることを許すも、逆転。このまま、優勝に向けて独走するかと思いきや、足踏みし一時は勝ち点9差に開いていたのが、勝ち点4差に迫られ、4月22日の第34節、本拠地での直接対決でまさかの1-0の敗北。勝ち点1差になった。しかし、続く第35節のインテルとのイタリアダービーで逆転勝ちし、ナポリは敗北。そのまま四連勝し前人未到のセリエA七連覇を達成した。また、コッパ・イタリアも5月9日に優勝し、史上初となるコッパ・イタリア四連覇、4年連続国内二冠を達成した。 チャンピオンズリーグではグループリーグでFCバルセロナの後塵を拝してグループ2位通過となる。ラウンド16ではトッテナム・ホットスパーFCと対戦。1stレグを2-2の同点で終え、ウェンブリー・スタジアムに乗り込んでの2ndレグで先制を許し、勝ち抜けには後半だけで最低2得点必要な状況まで追い込まれたが、イグアインとディバラの連続得点により2-1で逆転勝利した。準々決勝では前回決勝で敗れ、目の前で連覇を許したレアル・マドリードとの対戦になった。ホームでの1stレグではクリスティアーノ・ロナウドに豪快なオーバーヘッド弾を決められるなど0-3で完敗。この試合で一発退場となり出場停止のディバラ抜きで敵地サンティアゴ・ベルナベウでの2ndレグで最低でも3得点必要という絶体絶命な状況に追い込まれた。しかし、迎えた2ndレグでは効果的に攻め、前半だけでマンジュキッチが2得点して後半に入ると、後半16分にゴール前のこぼれ球をマテュイディが押し込み3-0、2戦合計3-3の同点とした。その後もレアル・マドリードの猛攻を耐え凌いでいたが、後半終了間際にレアルFWルーカス・バスケスをベナティアが後方から倒してPKを献上。さらにこの判定に猛抗議した守護神・ブッフォンが一発退場となってしまった。急遽控えGKのシュチェスニーが出場したが、ロナウドにPKを決められてしまい試合終了、2戦合計3-4で敗退となった。最後のPK判定を巡っては試合後にマイケル・オリバー主審がブッフォンや多くのサポーターから非難を浴びるなど物議を醸した。 2017-18シーズン閉幕前の2018年5月17日、キャプテンのジャンルイジ・ブッフォンが退団を発表[4]。後継キャプテンはジョルジョ・キエッリーニになった。

2018-19シーズン開幕前に、ジャンルイジ・ブッフォンをはじめ、ステファン・リヒトシュタイナークワドォー・アサモア、さらにクラウディオ・マルキジオゴンサロ・イグアインといったユヴェントスのセリエA七連覇に貢献してきた選手が退団。一方、補強では7月11日に1億ユーロで2017年のバロンドーラーであるクリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリードから獲得し、世界を驚かせた。さらに、マッティア・カルダーラとの実質トレードの形でACミランからレオナルド・ボヌッチを出戻りの形で獲得。その他にジョアン・カンセロマッティア・ペリンエムレ・ジャンを獲得し、新時代の幕明けともいえるオフシーズンになった。

タイトル[編集]

トロフィールーム

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン カテゴリ 順位 勝点 試合 コッパ UEFACL UEFAEL 監督
2018-19 セリエA ' ' マッシミリアーノ・アッレグリ
2017-18 優勝 95 38 30 5 3 86 24 優勝 ベスト8
2016-17 優勝 91 38 29 4 5 77 27 優勝 準優勝
2015-16 優勝 91 38 29 4 5 75 20 優勝 ベスト16
2014-15 優勝 87 38 26 9 3 72 24 優勝 準優勝
2013-14 優勝 102 38 33 3 2 80 23 ベスト8 グループリーグ敗退 ベスト4 アントニオ・コンテ
2012-13 優勝 87 38 27 6 5 71 24 ベスト4 ベスト8
2011-12 優勝 84 38 23 15 0 68 20 準優勝
2010-11 7位 58 38 15 13 10 57 47 ベスト8 グループリーグ敗退 ルイジ・デルネーリ
2009-10 7位 55 38 16 7 15 55 56 ベスト8 グループリーグ敗退 ベスト16 チロ・フェラーラ
アルベルト・ザッケローニ
2008-09 2位 74 38 21 11 6 69 37 ベスト4 ベスト16 クラウディオ・ラニエリ
チロ・フェラーラ
2007-08 3位 72 38 20 12 6 72 37 ベスト8 クラウディオ・ラニエリ
2006-07 セリエB 優勝 85 42 28 10 4 83 30 ベスト32 ディディエ・デシャン
2005-06 セリエA 1位→20位[5] 0 38 27 10 1 71 24 ベスト8 ベスト8 ファビオ・カペッロ
2004-05 1位[6] 86 38 26 8 4 67 27 ベスト16 ベスト8
2003-04 3位 69 34 21 6 7 67 42 準優勝 ベスト16 マルチェロ・リッピ
2002-03 優勝 72 34 21 9 4 64 29 ベスト8 準優勝
2001-02 優勝 71 34 20 11 3 64 23 準優勝 2次リーグ
2000-01 2位 73 34 21 11 3 61 27 ベスト16 1次リーグ カルロ・アンチェロッティ
1999-00 2位 71 34 21 8 5 46 20 ベスト8 ベスト16
1998-99 6位 54 34 15 9 10 42 36 ベスト8 ベスト4
1997-98 優勝 74 34 21 11 2 67 28 ベスト4 準優勝 マルチェロ・リッピ
1996-97 優勝 65 34 17 14 3 51 24 ベスト8 準優勝
1995-96 2位 65 34 19 8 7 58 35 ベスト16 優勝
1994-95 優勝 73 34 23 4 7 59 32 優勝 準優勝
1993-94 2位 47 34 17 13 4 58 25 ベスト32 ベスト8 ジョバンニ・トラパットーニ
1992-93 4位 39 34 15 9 10 59 47 ベスト4 優勝
1991-92 2位 48 34 18 12 4 45 22 準優勝
1990-91 7位 37 34 13 11 10 45 32 ベスト8 ルイジ・マイフレディ
1989-90 4位 44 34 15 14 5 56 36 優勝 優勝 ディノ・ゾフ
1988-89 4位 43 34 15 13 6 51 36 2回戦 ベスト8
1987-88 6位 31 30 11 9 10 35 30 ベスト4 ベスト32 リノ・マルケージ
1986-87 2位 39 30 14 11 5 42 27 ベスト8 ベスト16
1985-86 優勝 45 30 18 9 3 43 17 ベスト16 ベスト8 ジョバンニ・トラパットーニ
1984-85 5位 36 30 11 14 5 48 33 優勝
1983-84 優勝 43 30 17 9 4 57 29 ベスト16

現所属メンバー[編集]

セリエA 2018-19シーズン 開幕戦フォーメーション

Soccer Field Transparant.svg

2018年8月20日現在
No. Pos. 選手名
1 ポーランドの旗 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー
2 イタリアの旗 DF マッティア・デ・シリオ
3 イタリアの旗 DF ジョルジョ・キエッリーニ キャプテン
4 モロッコの旗 DF メディ・ベナティア (Flag of France.svg)
5 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 MF ミラレム・ピアニッチ (Flag of Luxembourg.svg)
6 ドイツの旗 MF サミ・ケディラ (Flag of Tunisia.svg)
7 ポルトガルの旗 FW クリスティアーノ・ロナウド
10 アルゼンチンの旗 FW パウロ・ディバラ (Flag of Italy.svg)(Flag of Poland.svg)(第三主将)
11 ブラジルの旗 FW ドウグラス・コスタ
12 ブラジルの旗 DF アレックス・サンドロ
14 フランスの旗 MF ブレーズ・マテュイディ (Flag of Angola.svg)
15 イタリアの旗 DF アンドレア・バルツァッリ (副主将)
No. Pos. 選手名
16 コロンビアの旗 FW フアン・クアドラード
17 クロアチアの旗 FW マリオ・マンジュキッチ
19 イタリアの旗 DF レオナルド・ボヌッチ
20 ポルトガルの旗 DF ジョアン・カンセロ
21 イタリアの旗 GK カルロ・ピンソーリョ
22 イタリアの旗 GK マッティア・ペリン
23 ドイツの旗 MF エムレ・ジャン (Flag of Turkey.svg)
24 イタリアの旗 DF ダニエレ・ルガーニ
30 ウルグアイの旗 MF ロドリゴ・ベンタンクール
33 イタリアの旗 FW フェデリコ・ベルナルデスキ
34 イタリアの旗 FW モイーズ・キーン (Flag of Côte d'Ivoire.svg)
37 イタリアの旗 DF レオナルド・スピナッツォーラ
監督

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
No. Pos. 選手名


out
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 GK アルベルト・ブリニョーリ (ベネヴェント)
-- イタリアの旗 GK エミル・アウデロ (サンプドリア)
-- ルーマニアの旗 GK ラウレンティウ・ブラネスク (FCディナモ・ブカレスト)
-- ブラジルの旗 DF ホジェリオ (サッスオーロ)
-- イタリアの旗 DF ダリオ・デル・ファブロ (ノヴァーラ)
-- イタリアの旗 MF ルカ・マッローネ (バーリ)
-- イタリアの旗 MF ルカ・クレメンツァ (アスコリ)
-- ブラジルの旗 MF マテウス・ペレイラ (パラナ・クルーベ)
-- イタリアの旗 MF ステファノ・ストゥラーロ (スポルティング)
-- イタリアの旗 FW ステファノ・パドヴァン (カゼルターナ)
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 FW エリック・ラニーニ (パドヴァ)
-- イタリアの旗 FW アルベルト・チェッリ (カリアリ)
-- イタリアの旗 FW ステファノ・ベルトラーメ (ゴー・アヘッド・イーグルス)
-- カメルーンの旗 FW マメ・ババ・ティアム (エンポリFC)
-- イタリアの旗 FW リッカルド・オルソリーニ (ボローニャ)
-- イタリアの旗 FW キング・ウドゥ (アルマ・ユヴェントス・ファーノ1906)
-- ギニアの旗 FW アルハッサン・スマー (WSGヴァッテンス)
-- アルゼンチンの旗 FW ゴンサロ・イグアイン (ACミラン)
-- クロアチアの旗 FW マルコ・ピアツァ (ACFフィオレンティーナ)
-- イタリアの旗 FW アンドレア・ファヴィッリ (ジェノアCFC)

プリマヴェーラ[編集]

歴代記録[編集]

出場試合数[編集]

名前 出場試合数 期間
1 アレッサンドロ・デル・ピエロ 705 1993-2012
2 ジャンルイジ・ブッフォン (#) 655 2001-2018
3 ガエターノ・シレア 552 1974-1988
4 ジュゼッペ・フリーノ 528 1965-1966, 1969-1984
5 ロベルト・ベッテガ 482 1966-1969, 1970-1983
6 ディノ・ゾフ 476 1972-1983
7 ジャンピエロ・ボニペルティ 459 1946-1961
8 サンドロ・サルヴァドーレ 450 1962-1974
9 フランコ・カウジオ 447 1970-1981
10 ジョルジョ・キエッリーニ (#) 441 2005-

得点[編集]

名前 得点数 期間
1 アレッサンドロ・デル・ピエロ 290 1993-2012
2 ジャンピエロ・ボニペルティ 179 1946-1961
3 ロベルト・ベッテガ 178 1966-1969, 1970-1983
4 ダヴィド・トレゼゲ 171 2000-2009
5 オマール・シヴォリ 167 1957-1965

(#) は現役選手であることを示す。

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
エリベルト・エレーラ パラグアイの旗 パラグアイ 1964-1969
ルイス・カルニグリア アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1969-1970
Ercole Rabitti イタリアの旗 イタリア 1970
アルマンド・ピッキ 1970-1971
チェストミール・ヴィツパーレク  チェコ 1971-1974
カルロ・パローラ イタリアの旗 イタリア 1974-1976
ジョヴァンニ・トラパットーニ 1976-1986
リノ・マルケージ 1986-1988
ディノ・ゾフ 1988-1990
ルイジ・マイフレディ 1990-1991
ジョヴァンニ・トラパットーニ 1991-1994
マルチェロ・リッピ 1994-1999
カルロ・アンチェロッティ 1999-2001
マルチェロ・リッピ 2001-2004
ファビオ・カペッロ 2004-2006
ディディエ・デシャン フランスの旗 フランス 2006-2007
ジャンカルロ・コッラディーニ イタリアの旗 イタリア 2007
クラウディオ・ラニエリ 2007-2009
チロ・フェラーラ 2009-2010
アルベルト・ザッケローニ 2010
ルイジ・デルネーリ 2010-2011
アントニオ・コンテ 2011-2014
マッシミリアーノ・アッレグリ 2014-

歴代所属選手[編集]

ユニフォーム[編集]

Period Kit manufacturer Shirt sponsor
1979–1989 Kappa Ariston
1989–1992 UPIM
1992–1995 Danone
1995–1998 Sony
1998–1999 D+Libertà digitale/Tele+
1999–2000 CanalSatellite/D+Libertà digitale/Sony
2000–2001 Lotto Sportal.com/Tele+
2001–2002 Fastweb/Tu Mobile
2002–2003 Fastweb/Tamoil
2003–2004 Nike
2004–2005 Sky Sport/Tamoil
2005–2007 Tamoil
2007–2010 FIAT (New Holland)
2010–2012 BetClic/Balocco
2012–2015 FIAT/ FCA Italy (Jeep)
2015– Adidas

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Deloitte Football Money League 2014 Archived 2014年9月7日, at the Wayback Machine.(2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング)
  2. ^ 日本スポーツ企画出版社 2003-2004 EUROPE SOCCER TODAY 完結編10、11頁
  3. ^ バッジョの再来!? 英雄の軌跡をたどるベルナルデスキ、約52億円でユーヴェ移籍合意 the WORLD (2017年7月22日)
  4. ^ http://www.skysports.com/football/news/11095/11375820/gianluigi-buffon-to-leave-juventus-after-17-years-at-the-club
  5. ^ カルチョ・スキャンダルによって優勝を剥奪された。
  6. ^ カルチョ・スキャンダルによって優勝を剥奪された。

外部リンク[編集]

公式