ラディスラオ・マズルケビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマズルケビッチ第二姓(母方の)はイグレシアスです。
ラディスラオ・マズルケビッチ Football pictogram.svg
WK 74 training Uruguay in Duitsburg, vlnr keeper Mazurkievic, trainer Porta, Bestanddeelnr 927-2463.jpg
1974年のマズルケビッチ(左側)
名前
本名 ラディスラオ・マズルケビッチ・イグレシアス
Ladislao Mazurkiewicz Iglesias
愛称 エル・ポラコ (El Polaco)[1]
マスルカ (Mazurka)[2]
ラテン文字 Ladislao Mazurkiewicz
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1945-02-14) 1945年2月14日
出身地 ピリアポリススペイン語版
没年月日 (2013-01-02) 2013年1月2日(67歳没)
身長 178cm[3]
体重 75kg
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1963-1964 ウルグアイの旗 ラシン
1965-1970 ウルグアイの旗 ペニャロール
1971-1974 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 44 (0)
1974-1976 スペインの旗 グラナダ 2 (0)
1976-1978 チリの旗 コブレロア
1979-1980 コロンビアの旗 アメリカ・カリ 36 (0)
1980-1981 ウルグアイの旗 ペニャロール
代表歴
1964 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20
1965-1974 ウルグアイの旗 ウルグアイ 36 (0)
監督歴
1988-1989 ウルグアイの旗 ペニャロール
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラディスラオ・マズルケビッチ(Ladislao Mazurkiewicz, 1945年2月14日 - 2013年1月2日)は、ウルグアイマルドナド県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元ウルグアイ代表。ポジションはゴールキーパーポーランド系ウルグアイ人[1]1960年代から1970年代南米を代表するゴールキーパー[4]、あるいはウルグアイサッカー史上最高のゴールキーパーの一人と評されている[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

マズルケビッチはポーランド出身の父とスペイン出身の母との間に生まれた[1]。モンテビデオ郊外のラシン・クラブ・デ・モンテビデオで育ち、当初はディフェンダーを務めていたがクラブの幹部から不適格と見做され、15歳の時にゴールキーパーへ転向した[1]。また、少年時代にはサッカーのほかにバスケットボールの選手を務めており、サッカーよりもバスケットボールに傾倒した時期もあったが、この経験がキーパーに必要な敏捷性やジャンプ力をもたらした[1]

キーパーに転向後すぐに頭角を現し、1963年にラシンとプロ契約を結ぶと[5]1965年CAペニャロールへ移籍した[1]。当初はルイス・マイダナ英語版が正キーパーを務めていたが、同年に行われたコパ・リベルタドーレス準決勝のサントスFC戦からポジションを獲得[4]1966年の同大会決勝ではアルゼンチンのCAリーベル・プレートを下して優勝、さらにインターコンチネンタルカップではスペインのレアル・マドリードを相手に無失点に抑えて優勝に貢献した[4]。また、1968年に行われたダヌービオFC戦から同年10月13日に行われたCAリーベル・プレート戦にかけて985分間無失点という国内記録を打立てており[2]2003年グスタボ・ムヌアがこの無失点記録に迫ったが記録更新は逃した[2]

1971年、ブラジルのアトレチコ・ミネイロへ移籍し評価を得た後[4]1974年にスペインのグラナダCFへ移籍したが手首の怪我のため2シーズンに2試合の出場に止まった[5]。その後、チリのCDコブレロア、コロンビアのアメリカ・デ・カリでプレーした後、古巣のCAペニャロールに復帰し1981年限りで現役を引退した[5][6]

代表[編集]

ラシン在籍時の1964年にU-20ウルグアイ代表に招集され、コロンビアで開催された南米ユース選手権に参加したが、正キーパーはペニャロールのエドゥアルド・ガルシア・バルガラ英語版が務めたため出場機会はなかった[7]

ウルグアイ代表としては1965年1月に行われた東ドイツ代表戦でデビュー[8]。1966年にイングランドで開催された1966 FIFAワールドカップではグループリーグをフランス代表戦でのPKによる1失点に抑えイングランド代表次いで2位で決勝トーナメントに進出[1]。準々決勝ではウルグアイが2人の退場者を出したこともあり西ドイツ代表に4失点を喫して敗れたが、マズルケビッチ自身は大会を通じてソ連レフ・ヤシン、イングランドのゴードン・バンクスと並ぶ世界的キーパーとの評価を得た[1][4]

1967年、地元ウルグアイで開催されたコパ・アメリカではパラグアイ代表戦とアルゼンチン代表戦の2試合に出場し優勝に貢献[9]1970年メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは準々決勝までの4試合で1失点に抑えたが、準決勝ではブラジル代表に1-3、3位決定戦では西ドイツ代表に0-1のスコアで敗れ4位という結果に終わった[1]。一方、この大会でも安定した守備を見せたことから大会NO.1キーパーという評価を得た[1][5][6]

その後、代表から遠ざかっていたが1974年に西ドイツで開催された1974 FIFAワールドカップの直前にウルグアイサッカー協会が所属クラブのアトレチコ・ミネイロに対して違約金を支払う形で呼び戻された[1]。この時期のウルグアイ代表は低迷期にあり、マズルケビッチ自身は往時のプレーを見せたものの、グループリーグで敗退した[1]。同年6月23日に行われたスウェーデン代表戦が最後の試合出場となった[10]。ウルグアイ代表としての通算成績は国際Aマッチ36試合出場[10]

引退後[編集]

現役引退後はサッカー指導者に転じ、1988年から1989年にかけて古巣のCAペニャロールの監督を務めた[11]2002年日本韓国で共同開催された2002 FIFAワールドカップではウルグアイ代表のゴールキーパーコーチ[12]、晩年はCAペニャロールのゴールキーパーコーチを務めた[2]

2013年1月2日呼吸器疾患のために死去[13]。67歳没。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ペニャロール
アトレチコ・ミネイロ

代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「スーパースター列伝 11 ラジスラオ・マズルケビッチ」『サッカーダイジェスト』1981年11月号、日本スポーツ企画出版社、112-114頁。
  2. ^ a b c d e Ladislao Mazurkiewicz”. padreydecano.com. 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ https://www.fifa.com/news/goalkeepers-who-belied-their-size-1544328
  4. ^ a b c d e 週刊サッカーマガジン 編『サッカーマルチ大事典 改訂版』ベースボール・マガジン社、2006年、464-465頁。ISBN 4-583-03880-1
  5. ^ a b c d Mazurkiewicz, el gran portero uruguayo”. EL PAÍS (2013年1月3日). 2016年10月29日閲覧。
  6. ^ a b Uruguay legend Mazurkiewicz passes away”. FIFA.com (2013年1月3日). 2016年10月29日閲覧。
  7. ^ Sudamericanos sub-20: 50's y 60's”. Asociación Uruguaya de Fútbol. 2016年10月29日閲覧。
  8. ^ A seguir atajando "Polaco"”. Asociación Uruguaya de Fútbol. 2016年10月29日閲覧。
  9. ^ Southamerican Championship 1967”. rsssf.com. 2016年10月29日閲覧。
  10. ^ a b Uruguay - Record International Players”. rsssf.com. 2016年10月29日閲覧。
  11. ^ Planteles Históricos”. campeondelsiglo.com. 2016年10月29日閲覧。
  12. ^ Report-Umschlag gesamt.indd (PDF)”. FIFA.com. p. 267. 2016年10月29日閲覧。
  13. ^ Former Uruguay keeper Mazurkiewicz dies at 67”. TEN SPORT. 2013年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]