加藤カレッティ丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 カレッティ 丈 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カトウ カレッティ ジョウ
ラテン文字 Kato Caletti Joe
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
日本の旗 日本
イタリアの旗 イタリア[1]
生年月日 (1998-09-14) 1998年9月14日(23歳)
出身地 マレーシアの旗クアラルンプール
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC
ポジション MF(CMF)
背番号 18
ユース
2013 オーストラリアの旗 FNSW NTC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 オーストラリアの旗 FFA CoE 28 (0)
2016-2019 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 31 (0)
2016-2018 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアーNPL 7 (0)
2019-2020 ノルウェーの旗 フローレ 11 (1)
2020- オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド
代表歴
2015-2016  オーストラリア U-17 19 (2)
2017-  オーストラリア U-23 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 カレッティ 丈(かとう かれってぃ じょう、Kato Caletti Joe1998年9月14日 - )は、クアラルンプール出身のサッカー選手。ポジションはMF

クラブ歴[編集]

父親の仕事の関係でマレーシア・クアラルンプールに生まれ[2]、その後父親の故郷であるオーストラリアで育った。

FFAセンター・オブ・エクセレンスから2016年1月にAリーグブリスベン・ロアーFCに加入[3]。2019年4月に契約満了が発表された[4]。この発表前からJリーグガンバ大阪セレッソ大阪への移籍が噂されていたが、実現しなかった[5]。結局、夏にオッドセンリーガエンフローレSKに移籍した。

代表歴[編集]

年代別代表ではオーストラリアを選択、2015年にはU-17代表の主将として2015 FIFA U-17ワールドカップに臨んだ[6]

プレースタイル[編集]

体格は小さいが、積極的な中盤での競り合いとハードワークをする選手。ボールを持った時の落ち着きと急所を突くパスは、ブリズベン・ロアーの先輩であるマッシモ・マードッカに近い[7]

家族[編集]

父がイタリア系オーストラリア人で、母が日本人[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Joe Caletti”. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ a b サイ・ゴダードだけでない“ハーフ”の有望株。豪州の将来を担う“あしたのジョー”、日本代表の可能性も”. フットボールチャンネル (2014年9月24日). 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ Joe Caletti”. Brisbane Roar FC. 2019年5月27日閲覧。
  4. ^ BRFC confirm player departures”. Brisbane Roar FC (2019年4月30日). 2019年9月4日閲覧。
  5. ^ 移籍市場で大阪ダービー勃発!? ガンバ、セレッソが若手ハーフMFに興味”. the WORLD (2019年3月8日). 2019年9月4日閲覧。
  6. ^ Joe Caletti”. Brisbane Roar FC. 2019年5月27日閲覧。
  7. ^ “Murdocca tells Caletti how being small can be a big advantage” (英語). The World Game. (2017年3月2日). http://theworldgame.sbs.com.au/article/2017/03/02/murdocca-tells-caletti-how-being-small-can-be-big-advantage 2017年3月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]