ピエルルイジ・カジラギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエルルイジ・カジラギ Football pictogram.svg
Pierluigi Casiraghi Lazio.jpg
ラツィオ時代のカジラギ(1993年)
名前
愛称 ダイハード
ラテン文字 Pierluigi Casiraghi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1969年3月4日(47歳)
出身地 モンツァ
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1991-1998 イタリアの旗 イタリア [1] 44 (13)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピエルルイジ・カジラギPierluigi Casiraghi, 1969年3月4日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手。サッカー指導者。元イタリア代表。ポジションはFW

経歴[編集]

1990年代前半のイタリアを代表するフォワード。強靱なフィジカルをもち、ポストプレーヤーとしての素質は高いものを見せた。当時はユヴェントスに所属していたが、ジャンルカ・ヴィアッリなどの陰に隠れ、二流選手との見方が一般的だったが、代表監督だったアリゴ・サッキが、その才能に着目し代表に招集した。だが、当初は鳴かず飛ばずで、カジラギ自身もメディアの激しい糾弾に度々さらされた。

才能を開花させるのは1994年アメリカ・ワールドカップ以降で、セリエA1994-95シーズンにはラツィオで14得点をマーク、同シーズンのフィオレンティーナ戦では4得点を挙げた。1995-96シーズンにも14得点を挙げ、1996年欧州選手権の際には代表になくてはならない存在となっていた。だが、第2戦のチェコ戦で、カジラギに全幅の信頼を置いていたはずのサッキは致命的な失策を犯した。第1戦のロシア戦で2得点を挙げたカジラギとジャンフランコ・ゾラを下げ、代表歴の浅いエンリコ・キエーザファブリツィオ・ラバネッリに交替させる。同試合では2-1で敗北。1次リーグ最終戦のドイツ戦で、カシラギはPKを獲得するなど活躍を見せるが、これをゾラが外し、イタリアは引き分けに持ち込まれ、同大会は1次リーグで姿を消すこととなった。また、その後のフランス・ワールドカップ予選では、プレーオフのロシア戦で決勝点を挙げるものの、本大会への選出はならなかった。

1998-99シーズン、チェルシーへ移籍するがウェストハム戦において相手GKと激突し靱帯を損傷する大怪我を負った。手術を数度行うも、怪我は回復せずに2000年に現役を引退した。

選手経歴[編集]

指導経歴[編集]

出典[編集]