パオロ・ディ・カーニオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パオロ・ディ・カーニオ Football pictogram.svg
Paolo Di Canio at Upton Park.jpg
名前
ラテン文字 Paolo Di Canio
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1968年7月9日(45歳)
出身地 ローマ
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW(ST)
利き足
代表歴
1988-1990 イタリアの旗 イタリアU-21 9 (2)
監督歴
2011-2013
2013
スウィンドン・タウンFC
サンダーランドAFC
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

パオロ・ディ・カーニオPaolo Di Canio1968年7月9日 - )は、イタリアローマ出身の元サッカー選手FW)、サッカー指導者。

経歴[編集]

1985年ラツィオとプロ契約を結び、テルナーナへのレンタル移籍を挟んで1990年まで在籍。1990年にはユヴェントスへ移籍し、1994年から在籍したACミランではセリエA優勝に貢献した。1996年セルティックへ移籍。その後は、FAプレミアリーグのチームを渡り歩いた。

1999-2000シーズンから4シーズンウェストハムに在籍し、チームを支えた。在籍時の2001年にFIFAフェアプレー賞を受賞している。2004-2005シーズンからは、再びラツィオに復帰を果たす。

2006年、ラツィオとの契約を終えた後、部リーグにあたるセリエC2のチスコ・ローマで2年間プレー。2007-2008シーズンを最後に現役を引退した。2011年5月23日、イングランド・フットボールリーグ2(4部相当)のスウィンドン・タウンFC監督に就任。2013年3月31日にサンダーランドAFCと2年半契約を結び、同クラブのプレミアリーグ残留に貢献したが、9月22日に契約を解除した。

フェアプレー賞[編集]

2000年12月16日エヴァートン対ウェストハム戦。

1-1で迎えた後半ロスタイム。カヌーテとの1対1の場面で飛び出したエヴァートンGKのジェラードが、カヌーテと交錯して足を負傷[1]。そのままプレーが続けられ、ボールを拾ったシンクレアからのクロスは、無人のゴール前でフリーになっていたディ・カーニオにコントロールされるが、ディ・カーニオはシュートを打つことなく、そのボールを手でキャッチしてプレーを切り、ジェラードの治療を優先させた[1]。試合は1-1のドローに終わったが、メディアやファンはこのディ・カーニオの選択を賞賛し、このプレーにより翌年にFIFAフェアプレー大賞を受賞した。

選手経歴[編集]

指導者歴[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b No.346 パウロ・ディカニオ「決勝点を捨てた哲学」”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (2001年1月15日). 2013年9月21日閲覧。
  2. ^ Nazi deportees speak to Di Canio

外部リンク[編集]