トーマス・フェルメーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • トーマス・フェルマーレン
  • トーマス・ヴェルマーレン
トーマス・フェルメーレン Football pictogram.svg
Vermaelen (cropped) (cropped).jpg
ベルギー代表でのフェルメーレン (2018年)
名前
本名 トーマス・フェルメーレン Thomas Hoelgebaum Vermaelen
カタカナ トーマス・フェルメーレン
ラテン文字 Thomas VERMAELEN
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1985-11-14) 1985年11月14日(35歳)
出身地 カペレン
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 4
利き足 左足
ユース
1991-1999 ベルギーの旗 ジェルミナル・エケレン
1999-2000 ベルギーの旗 ジェルミナル・ベールスホット
2000-2003 オランダの旗 アヤックス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2009 オランダの旗 アヤックス 97 (7)
2004-2005 オランダの旗 RKC (loan) 13 (2)
2009-2014 イングランドの旗 アーセナル 110 (13)
2014-2019 スペインの旗 バルセロナ 34 (1)
2016-2017 イタリアの旗 ローマ (loan) 9 (0)
2019- 日本の旗 ヴィッセル神戸 22 (1)
代表歴2
2002-2003  ベルギー U-18 5 (0)
2003-2004  ベルギー U-19 7 (0)
2004-2007  ベルギー U-21 13 (1)
2008  ベルギー U-23 5 (0)
2006- ベルギーの旗 ベルギー 83 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月19日現在。
2. 2021年6月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トーマス・フェルメーレンThomas Vermaelen1985年11月14日 - )は、ベルギーアントウェルペン州カペレン英語版出身のサッカー選手Jリーグヴィッセル神戸所属。ベルギー代表。ポジションはディフェンダー

フェルマーレンヴェルマーレンと表記されることもある(後述)。

クラブ経歴[編集]

アヤックス[編集]

5、6歳の時にKFCジェルミナル・エケレン(現在は解散)の下部組織に入団した[1]。エケレンはオランダアヤックス・アムステルダムと友好関係があり、2000年、15歳の時にアヤックスのユースチームに移籍した[1]。2003年にトップチームに昇格し、2004年2月15日のFCフォレンダム戦でデビューした。この年アヤックスはエールディヴィジ優勝を果たすが、これ以降退団まで優勝を経験することはなく、最初で最後の優勝となった。

2004-05シーズンはRKCヴァールヴァイクへとレンタルされた。レギュラーポジションは掴めなかったが、エールディヴィジ初ゴールを記録。13試合出場で2ゴールとまずまずの結果を残した。2005-06シーズンにアヤックスに復帰して以降はチームの中心選手となり、KNVBカップヨハン・クライフ・シャールの連覇に貢献。2008-09シーズンにはアヤックスのキャプテンに選ばれたが、チームは無冠に終わった。

アーセナル[編集]

2009年6月19日、アーセナルFCへ移籍金1000万ポンドで移籍した[2]。8月15日のエヴァートンFC戦でプレミアリーグデビューを果たし、プレミアリーグ初出場で初得点を記録した。その後は驚異的な早さでチームに順応し、ウィリアム・ギャラスと鉄壁のセンターバックコンビを形成。開幕からわずか数試合でクラブにおける地位を確固たるものにした。シーズンを通してチームを牽引し、加入1年目にして替えの利かない絶対的な存在となった。ただ、2010年4月14日のトッテナム・ホットスパーFCとのノース・ロンドン・ダービーにおいて前半でミカエル・シルヴェストル負傷交代し、その後シーズン終了まで復帰できなかったが、チームメイトのセスク・ファブレガスと共に2009-10シーズンのプレミアリーグのベストイレブンに選出された[3]

2010-11シーズンはギャラスがトッテナムへ、ソル・キャンベルニューカッスル・ユナイテッドFCへ、シルヴェストルがヴェルダー・ブレーメンへ移籍したことにより、新加入のローラン・コシールニーセバスティアン・スキラシ、昨シーズン終盤に怪我から復帰したヨハン・ジュルーと共にセンターバック陣の形成を期待された。しかし9月7日のEURO2012予選トルコ戦でアキレス腱を負傷し、公式戦出場は8月28日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦までのわずか3試合に留まった。当初は短期間で戦列に復帰できると見込まれていたが回復せず、2011年3月17日にヴェンゲル監督により2010-11シーズン中の復帰は無理と発表された[4]。しかし、それを覆して4月28日のマンチェスター・ユナイテッドとの練習試合で復帰した。5月8日のストーク・シティFC戦では遠征メンバーに帯同し、5月15日のアストン・ヴィラ戦ではフル出場を果たした。

主将だったセスク・ファブレガスFCバルセロナに移籍したことよって、2011-12シーズンは新主将ロビン・ファン・ペルシに次ぐ副主将となった。この年は、何度か怪我による離脱もあったがDFながらチーム3位タイの6得点をあげるなど活躍を見せた。

ファン・ペルシがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したため、2012-13シーズンは新たに主将に就任した。しかし、2012年11月3日のユナイテッド戦で自身のクリアミスからそのファン・ペルシに先制弾を許して1-2で敗北[5]。さらにそれ以外にもミスが目立ち、主将ながらベンチに降格。コシールニーとペア・メルテザッカーの後塵を排した。

バルセロナ[編集]

2014年8月9日、FCバルセロナへ5年契約で移籍した[6]。加入後も度重なる負傷によって離脱を繰り返し、チームはリーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの三冠を達成するものの、自身はリーグ戦1試合のみの出場に留まった。

2015-16シーズンは開幕戦からスターティングメンバーに名を連ね、開幕2戦目の8月29日、対マラガCF戦でダイレクトボレーで決勝点となる移籍後初ゴールを決め勝利に貢献した[7]。しかし、再び負傷によって戦列を離れ、復帰後のパフォーマンスは低調に終わりポジションを得るには至らなかった。

2016年8月8日、セリエAASローマへレンタル移籍した[8]。買取オプション付きのレンタルとなる。

2017-18シーズンはバルセロナに復帰するも出場機会が得られない状態が続いたが、CBに負傷者が続出したことでレギュラー入りを果たす。12月23日のレアル・マドリードとのエル・クラシコではフル出場し無失点に貢献するなど、リーグ戦では14試合に出場した。

ヴィッセル神戸[編集]

2019年7月27日、Jリーグヴィッセル神戸への加入が発表された[9]。背番号は4番。8月10日の大分トリニータ戦でスタメンでJ1デビュー。翌年1月1日、天皇杯決勝・鹿島アントラーズ戦では先発フル出場し、チーム初のタイトル獲得に貢献した。

2020シーズンは、怪我の影響もありリーグ戦14試合のみの出場となったが、クラブ史上初のACLでは6試合に出場し、クラブのベスト4進出に貢献した。

2021年5月15日、J1リーグ第14節のセレッソ大阪戦において後半アディショナルタイムに挙げたゴールが移籍後初ゴールとなった[10]

代表経歴[編集]

2006年3月5日、ルクセンブルク代表戦でベルギー代表デビューを果たした[11]

北京オリンピックにも出場し、3位決定戦でブラジルに敗れ銅メダルを逃すも、チームの健闘を支えた。2009年10月8日からは代表のキャプテンに指名されていた。2009年11月14日の親善試合・ハンガリー戦で代表初ゴールを記録[11]

2014 FIFAワールドカップではグループリーグ第2戦のロシア戦のみ出場[11]2018 FIFAワールドカップでは3試合に出場、3位決定戦のイングランド戦でもプレー[11]、チームの3位に貢献した。UEFA EURO 2020予選では7試合に出場(4試合でフル出場)した[11]

2021年5月17日、UEFA EUROに向けたベルギー代表メンバーに招集され[12]。現役JリーガーがUEFA EUROに出場するのはドラガン・ストイコビッチ以来21年ぶりとなった[13]。大会ではグループステージ第1戦、2戦は共に途中出場、第3戦のフィンランド戦では先発起用されると、コーナーから頭で合わせたシュートはポストに当たるも、相手GKのオウンゴールを誘い、これが決勝ゴールとなった[14]。決勝トーナメント1回戦、ポルトガル戦でも先発、クリスティアーノ・ロナウドを抑え込み、チームのベスト8入りに貢献、この日のプレーはベルギーメディアやロベルト・マルティネス監督らからも賞賛された[15][16]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2003-04 アヤックス 33 エールディヴィジ 1 0 - 0 0 1 0
2004-05 RKC 3 13 2 - 1 0 14 2
2005-06 アヤックス 15 24 3 - 4 1 28 4
2006-07 4 23 0 - 5 0 28 0
2007-08 18 0 - 0 0 18 0
2008-09 31 4 - 2 0 33 4
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2009-10 アーセナル 5 プレミアリーグ 33 7 0 0 1 0 34 7
2010-11 5 0 0 0 0 0 5 0
2011-12 29 6 2 0 2 0 33 6
2012-13 29 0 1 1 2 0 32 1
2013-14 14 0 2 0 3 0 19 0
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2014-15 バルセロナ 23 プリメーラ 1 0 0 0 - 1 0
2015-16 10 1 5 0 - 15 1
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2016-17 ローマ 15 セリエA 9 0 - 0 0 9 0
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2017-18 バルセロナ 25 プリメーラ 14 0 5 0 - 19 0
2018-19 24 9 0 1 0 - 10 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 神戸 4 J1 8 0 - 4 0 12 0
2020 14 0 0 0 - 14 0
2021
通算 オランダ エールディヴィジ 110 9 - 12 1 122 10
イングランド プレミア 110 13 5 1 8 0 123 14
スペイン プリメーラ 34 1 10 0 - 44 1
イタリア セリエA 9 0 - 0 0 9 0
日本 J1 22 0 0 0 4 0 26 0
総通算 285 23 15 1 24 1 324 25

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点
UEFAUEFA ELUEFA CLクラブW杯
2005-06 アヤックス 15 - 5 0 -
2006-07 4 5 0 2 0 -
2007-08 1 0 2 0 -
2008-09 8 1 - -
2009-10 アーセナル 5 - 11 1 -
2010-11 - 0 0 -
2011-12 - 7 0 -
2012-13 - 7 0 -
2013-14 - 2 0 -
2014-15 バルセロナ 23 - 0 0 -
2015-16 - 3 0 1 0
2016-17 ローマ 15 2 0 1 0 -
2017-18 バルセロナ 25 - 1 0 -
2018-19 24 - 2 0 -
AFCACL-クラブW杯
2020 神戸 4 6[注釈 1] 0 - -
通算 UEFA 16 1 43 1 1 0
通算 AFC 6 0 - -

代表での成績[編集]


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2006 6 0
2007 5 0
2008 5 0
2009 11 1
2010 4 0
2011 2 0
2012 7 0
2013 6 0
2014 3 0
2015 2 0
2016 8 0
2017 6 0
2018 6 0
2019 7 1
2021 1 0
通算 79 2

代表での得点[編集]

得点 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1 2009年11月14日 ベルギーの旗 ヘント  ハンガリー 2 - 0 3 - 0 親善試合
2 2019年9月9日 スコットランドの旗 グラスゴー  スコットランド 0 - 2 0 - 4 UEFA EURO 2020予選

表記[編集]

  • 日本では、フェルマーレンフェルメーレンヴェルマーレンヴェルメーレンなどいくつもの表記が存在する。ヴィッセル神戸での表記はフェルマーレン現地語の発音(FORVO)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アヤックス
アーセナルFC
FCバルセロナ
ヴィッセル神戸

個人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際には計7試合に出場したが、第1節のジョホール・ダルル・タクジムFC戦が無効試合となった。

出典[編集]

  1. ^ a b 「1000万ポンドの輝き」ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2009年10月15日号、42-44頁
  2. ^ Thomas Vermaelen completes move to Arsenal アーセナルFC公式ウェブサイト、2009年6月19日
  3. ^ Two Arsenal stars in PFA Team of the Year アーセナルFC公式ウェブサイト、2010年4月26日
  4. ^ Vermaelen ruled out for rest of the season アーセナルFC公式ウェブサイト、2011年3月17日
  5. ^ ヴェンゲル、ミスのヴェルメーレンを批判 Goal.com 2012年11月4日
  6. ^ バルサ、ヴェルメーレン獲得を正式発表 Goal 2014年8月10日
  7. ^ 現Jリーガーの豪快な一撃!フェルマーレンが決めたバルセロナ初ゴール【ファースト・ゴールズ”. web.ultra-soccer (2020年10月8日). 2020年10月13日閲覧。
  8. ^ トマス・フェルメーレンがASローマへレンタル移籍”. FC Barcelona (2016年8月8日). 2018年5月4日閲覧。
  9. ^ DFトーマス フェルマーレン選手が完全移籍加入のお知らせ, , ヴィッセル神戸, (2019年7月27日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16459.html 2019年7月27日閲覧。 
  10. ^ “神戸フェルマーレン執念のゴールを生み出した主将イニエスタ攻撃リズム”. 日刊スポーツ. (2021年5月15日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202105150001462.html 2021年5月16日閲覧。 
  11. ^ a b c d e Thomas Vermaelen nationalmannschaft”. www.transfermarkt.co.uk. 2020年7月7日閲覧。
  12. ^ DFトーマス フェルマーレン選手 UEFA EURO2020 ベルギー代表メンバー選出のお知らせヴィッセル神戸 2021年5月17日
  13. ^ ヴィッセル神戸、フェルマーレンがEURO本大会へベルギー代表選出。Jリーガー出場は21年ぶりフットボールチャンネル 2021年5月17日
  14. ^ 神戸DFが決勝点をもたらす! 優勝候補ベルギーがフィンランドを撃破、3連勝でB組首位通過を果たす”. サッカーダイジェスト (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  15. ^ ベルギー8強入りの影の立役者…Jリーグから欧州で力を証明するフェルマーレン”. ゲキサカ (2021年6月29日). 2021年7月4日閲覧。
  16. ^ 現役JリーガーとしてEURO参戦中! フェルマーレンの凄さをベルギー代表監督が説明”. コリー (2021年6月30日). 2021年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]