エスタディオ・デ・メンディソロツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エスタディオ・デ・メンディソロツァ
Estadio de Mendizorrotza
Estadio de Mendizorroza.JPG
施設情報
所在地 スペインの旗 スペインバスク州アラバ県ビトリア=ガステイス
位置 北緯42度50分13.60秒 西経2度41分16.96秒 / 北緯42.8371111度 西経2.6880444度 / 42.8371111; -2.6880444
開場 1924年4月27日
修繕 1998年
所有者 ビトリア=ガステイス
運用者 デポルティーボ・アラベス
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m x 68 m
使用チーム、大会
デポルティーボ・アラベス(サッカー)
CDビトリアスペイン語版(サッカー)
サッカーバスク代表(サッカー)
収容能力
19,840人
アクセス
メンディソロツァの位置(ガステイス内)
メンディソロツァ
メンディソロツァ

エスタディオ・デ・メンディソロツァバスク語: Estadio de Mendizorrotza)は、スペインバスク州アラバ県ビトリア=ガステイスにある市営スタジアムリーガ・エスパニョーラに所属するデポルティーボ・アラベスのホームスタジアムであり、サッカーバスク代表が親善試合に使用することもある。19,840人を収容する。

地理[編集]

エスタディオ・メンディソロツァの周辺はビトリア=ガステイスのスポーツ施設が集中しており、隣接してメンディソロツァ市営プール、メンディソロツァ陸上競技場、スタジアム財団、メンディソロツァ・ペロタ競技場、メンディソロツァ体育館がある。

歴史[編集]

アラバ地方の守護聖人であるプルデンティウススペイン語版(プルデンシオ)の祝祭の前日、1924年4月27日にエスタディオ・デ・メンディソロツァが竣工した。スポルティング・ヒホンエル・モリノン(1908年竣工)とバレンシアCFメスタージャ(1923年竣工)に次いで、移転を経ずに現役で使用されているスタジアムとしてはリーガ・エスパニョーラでスペインで3番目に古いスタジアムである[1]

1950年代から1970年代にはビトリア市第2のクラブであるCDビトリアスペイン語版テルセーラ・ディビシオンがエスタディオ・メンディソロツァをホームスタジアムとして使用した[2][3][4]。幾度かの改修を経ており、デポルティーボ・アラベスがプリメーラ・ディビシオンに昇格した1998-99シーズン前には大きな改修が行われた。

バスク代表[編集]

1980年のビルヘン・ブランカ祭期間中の8月5日には、サッカーバスク代表サッカーハンガリー代表の親善試合が開催され、バスク代表が5-1で勝利した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]