世界首都ゲルマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界首都ゲルマニアの模型
南の中央駅から北を望む。途中の門が凱旋門で、二本のメインストリート交差地点の北向かいにフォルクスハレが建つ。
青年画家時代のヒトラーが1925年に描いた巨大凱旋門スケッチ画

世界首都ゲルマニア(せかいしゅとゲルマニア、ドイツ語: Welthauptstadt Germania)とは、ドイツ首都ベルリンが広く国内外で「世界の首都」と讃えられるよう、アドルフ・ヒトラーがグランド・デザインを考え、建築家アルベルト・シュペーアが細部デザインを任された都市改造構想である。戦時下であっても土地収用や工事は並行して行われていた。

概要[編集]

ゲルマニア計画ジオラマをアルベルト・シュペーアと共に眺めて細部を見直すアドルフ・ヒトラー総統

小規模で設計・建造を進めながらも後に1933年アルベルト・シュペーアが総合建設計画「ゲルマニア」(Germania) 計画として本格的に具体化設計・建設総指揮を担ったベルリン改造計画の名称。欧州有数の大都会ながら建築の面では地方的であり見劣りのしたベルリンを、ロンドンパリをしのぐ世界の首都にふさわしい外観と規模のものにしようとした大計画であった。シュペーアの回想録によれば独ソ戦開始時点のヒトラーの考えでは、1945年に戦争に勝利した後、1950年に世界首都ゲルマニアを完成させて自身は引退する予定であったと記述されている。肝心のドイツが敗戦した事もあり、完成を迎える事は無かった。

建設予算[編集]

計画初年である1939年より完成予定年である1950年までの11年間にて、年に国家予算の約4%にあたる5億マルク(即ち総額55億マルク)を拠出・資金投入する見積もりが立てられていたとされる[1]

膨大な支出に対する批判について、ベルリン市関係者に対しては既存首都再開発案とは別案(メクレンブルク遷都計画案)の存在も示唆して牽制を行なったり、或いは部分的に別名目化可能な工事には個別の財源から支出させる(例えばベルリン鉄道網再編成に関する工事はドイツ帝国鉄道予算から、交通整備に関する工事はベルリン市予算から)事で国家財源支出負担額を減らす等、問題化を避ける方策を実行している。フリードリヒ通りに取って代わる新たな南北縦貫メインストリートについても建設予定地の大半は比較的地価が低く、沿道に社屋建設を望んでいた企業からも支持された[1]

それでも閣内不一致覚悟で反対の姿勢を崩さないルートヴィヒ・シュヴェリン・フォン・クロージク蔵相に対しては、「大蔵大臣には、この建築が(将来のドイツ)国家にとってどんなに凄い(観光収入)財源になるか分からないのだ。ルートヴィヒ2世はどうだ。城(ノイシュヴァンシュタイン城)の建設費で常識はずれの浪費家と言われた(詳細は「ルートヴィヒ2世の精神病について」参照の事)が、外国人の大部分はそれがあるからバヴァリア(バイエルン州)に来るではないか」とヒトラーが反論し、一蹴されている[1]

幻に終わった建造物[編集]

二本の大通りの交差地点北向かいに建つフォルクスハレ
ヒトラー自身のデザインをもとにしている
新南北縦貫メインストリートと飛行場
それまでのベルリン南北縦貫メインストリートであるフリードリヒ通りに取って代わり、道幅120m [注釈 1]・南北5kmの道路とされた。後述するフォルクス・ハレより南方向に伸びるルートは、現:96号線道路にほぼ近く(但し、無数の細かい蛇行や、途中で接しているラントヴェーア運河沿いに添って一旦大きく東に迂回する事は無く、幾何学的なまでに直線状の道路として)、旧テンペルホーフ空港ターミナルビルまで続く。フォルクス・ハレ以北部分については、北方向ではなく北西方向に折れる形で伸び、長方形型の巨大人工池を間に挟む形で(反対側である南端に配置されるテンペルホーフ空港に匹敵する巨大規模の)空港ビルまで続く[2]。両空港飛行場を取り巻くように環状道路が6本、放射状道路が17本作られる様になっていた。
東西横断メインストリート
ゲルマニア計画では東西横断メインストリートの西半分となる予定であった現在の6月17日通り。奥に東半分となる予定であったウンター・デン・リンデンとの境界であるブランデンブルク門が見える。
旧来よりベルリンを東西1.4km・道幅60m [注釈 2]に渡り横断していた(間にブランデンブルク門を挟み、一直線に繋がっている)二本の東西メインストリート(ウンター・デン・リンデンおよび(ティーアガルテン公園中央を横切る)シャルロッテンブルガー・ショセー(現:6月17日通り))を一体化。現在、ティーアガルテン公園中央ロータリーにある戦勝記念塔は、この整備計画の一環として、帝国議会(現:国会議事堂)前広場より移転された。前述の新南北縦貫メインストリートとは、ブランデンブルク門西手前およびフォルクス・ハレ南手前付近で十字路に交差する。
ベルリン中央駅 (世界首都ゲルマニア構想版)
新南北縦貫メインストリートの出発点。後述している「ベルリン・テンペルホーフ国際空港」本館ターミナル建物の北方向向かいに立地(東西ドイツ統合後に造られた現ベルリン中央駅、および旧東ドイツ末期に「ベルリン中央駅」を名乗っていたベルリン東駅とは、立地場所など全く異なる)。プラットホームは上下4層あり、エレベーターとエスカレータで行き来可能とした。
国家中枢区画
サイズ比較:国家中枢区画「凱旋門」と(凱旋門風正面ホールのある)ベルリン王宮
都市の南の端には総統宮殿と大理石の巨大な凱旋門がそびえ立つ。新メインストリートは凱旋門から始まる。11の政庁ビルがあり、2万人収容の映画館、1,500のベッド数を持つ21階建てホテルがある。
フォルクス・ハレ(別名「聖杯神殿」)(de:Große Halle)
サイズ比較:フォルクス・ハレ「大ドーム」とベルリン王宮「大ホール」
戦後、東ドイツにより(フォルクス・ハレ建設予定地であった敷地に)建設・開園、東西ドイツ統一後に民営化するも経営破綻・閉園した旧クルトゥアパーク・プレンターヴァルト(2017年4月)
新南北縦貫メインストリートの端(シュプレー川ノルトハーフェン川がT字状に繋がる地点および現:シュプレーボーゲン公園敷地地点)にはドーム型集会ホール「フォルクス・ハレ(邦訳:国民会議場)」が威容を誇る。1,200人の議席がある国会議事堂(当時の国会は議員席は580席で足りるが、ドイツとは異なる国籍を持ちドイツ国外に居住しているゲルマン系諸民族代表議員達も参加する事を展望していた)なども予定されていた。
クルトゥアパーク・プレンターヴァルト
1969年、フォルクス・ハレ建設予定地で開園した(東ドイツ唯一の)常設型遊園地テーマパーク。往時には年間170万人を集客していたが、1990年に旧西ドイツ実業家により民営化され、名称も「シュプレーパーク」に改名。1990年代後半には年間40万人まで集客が激減し、2001年に閉園(経営者はペルーに逃亡)。2011年5月下旬、ドイツ演劇団体「ヘッベル劇場」主催イベント「ルナパーク・ベルリン」の一貫として4日間期間限定で復活している[3][4][5]

完成部分[編集]

現存する建物(現在、閉鎖中の建物も含む)[編集]

現存しない建物[編集]

ゲルマニアを扱った作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『ナチスの発明 知られざるナチスの真実 -特別編集版-』内『第4章 夢の残骸』内『1 世界首都ゲルマニア構想』内『◆莫大な予算』(著:武田知弘彩図社 ISBN 978-4-88392-633-6)参考。
  2. ^ ゲルマニア計画完成後のベルリンおよび現ベルリン比較地図
  3. ^ 解説HP1”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ 解説HP2”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ 解説HP3”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ “Olympic hubris”. ガーディアン. (2007年8月13日). https://www.theguardian.com/commentisfree/2008/aug/07/olympics2008.architecture 2018年7月29日閲覧。 
  7. ^ “The House of Speer: Still Rising on the Skyline”. ニューヨーク・タイムズ. (2003年2月7日). https://www.nytimes.com/2003/02/27/world/the-house-of-speer-still-rising-on-the-skyline.html 2018年7月29日閲覧。 

外部リンク[編集]

ドイツ語[編集]