キア・シード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シード (cee'd) とは、韓国起亜自動車欧州で発売している小型自動車である。

初代 (2006-2012年)[編集]

シード
ED型
3ドアハッチバック
Kia pro cee'd.JPG
5ドアハッチバック
Kia cee'd silver.JPG
ワゴン
Kia cee'd sw1.jpg
製造国 スロバキアの旗 スロバキア
販売期間 2006-2012年
乗車定員 5名
ボディタイプ 3/5ドアハッチバック
5ドアワゴン
エンジン ガソリン:
1.6/2.0L I4
ディーゼル:
1.6/2.0L I4
駆動方式 FF
変速機 5/6MT
4AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット式
後:マルチリンク式
全長 4,235/4,250mm (3/5ドアハッチバック)
4,470mm (5ドアワゴン)
全幅 1,790mm
全高 1,450/1,480mm (3/5ドアハッチバック)
1,525mm (5ドアワゴン)
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,257–1,572kg
姉妹車 ヒュンダイ・i30
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2006年春のジュネーヴモーターショーで5ドアハッチバックのコンセプトカーとして出展された。その後、秋のパリサロンで5ドアハッチバックおよびステーションワゴンの市販モデルが発表され、同年末より欧州で発売開始した。生産は起亜初の欧州生産拠点であるスロバキアジリナ工場で行われる。開発時のコード名は「ED」。欧州のデザインセンターでデザインされた。現状では欧州専用車であり、韓国やその他の地域では販売されていない。

シードはCセグメントに分類され、プラットフォームはヒュンダイ・エラントラ(HD型)と共通のものを使用している。ボディタイプは5ドアハッチバック/ステーションワゴンがラインナップされている。また、3ドアハッチバック「プロシード」 (Pro-cee'd) が2008年1月から発売が開始された。シードの設計を元に作られたのが、親会社の現代自動車i30である。i30はシードとは違い、韓国市場でも販売されている。

エンジンは1.6L・2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと1.6L・2.0Lのディーゼルターボ直4がラインナップされている。ミッションは5速/6速MTと4速AT

安全性においてはABSESPエアバッグ、むち打ち防止ヘッドレストなどを装備し、ユーロNCAP5つ星の評価を受けている。

シードは発売後に高い評価を受け、2008年度ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーでは第4位を獲得した。


2代目 (2012-2018年)[編集]

シード
JD型
3ドアハッチバック
20141018 Kia Pro cee'd 1.jpg
5ドアハッチバック
Kia cee'd 1.6 CRDi 128 Vision (EU) – Frontansicht, 9. Juni 2012, Düsseldorf.jpg
ワゴン
Kia cee'd sw 1.6 GDI Spirit (EU) – Frontansicht, 15. September 2012, Düsseldorf.jpg
販売期間 2012-2018年
乗車定員 5名
ボディタイプ 3/5ドアハッチバック
5ドアワゴン
全長 4,310mm (3/5ドアハッチバック)
4,505mm (5ドアワゴン)
全幅 1,780mm
全高 1,430/1,470mm (3/5ドアハッチバック)
1,485mm (5ドアワゴン)
ホイールベース 2,650mm
姉妹車 ヒュンダイ・i30
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2012年3月、ジュネーブモーターショーにて実車が初公開された[1]


3代目 (2018年-)[編集]

シード
CD型
ハッチバック
Kia Ceed Genf 2018 Red.jpg
ワゴン
Kia Ceed SW Front Genf 2018.jpg
販売期間 2018年-
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
5ドアワゴン
変速機 7DCT
全長 4,310mm (5ドアハッチバック)
4,605mm (5ドアワゴン)
全幅 1,800mm
全高 1,425/1,445mm (5ドアハッチバック)
1,460mm (5ドアワゴン)
ホイールベース 2,650mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2018年3月、ジュネーブモーターショーにて実車が初公開された[2]


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]