マティ鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マティ鈴木
プロフィール
本名 鈴木勝義
身長 178cm
体重 102kg
誕生日 (1938-01-25) 1938年1月25日(79歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
所属 日本プロレス
国際プロレス
全日本プロレス
スポーツ歴 野球
トレーナー 力道山光浩吉原功
デビュー 1959年
引退 1978年
テンプレートを表示

マティ鈴木(まてぃ・すずき 1938年1月25日 - )は、日本の元プロレスラー。本名:鈴木勝義。

人物[編集]

1938年1月25日神奈川県出身。日体荏原高等学校卒業で、高校時代は野球部で捕手を務めていた。高校の1年先輩で野球部のエースだったのがヒロ・マツダ(小島泰弘)であった。

高校時代から東京都中央区日本橋浜町にあった力道山道場でボディビルをやった後、日本プロレスに入門。1959年5月1日、ミツ・ヒライ(平井光明)戦(後楽園ジム)でデビュー。

日本プロレス時代は『ミスター・鈴木』のリングネームを名乗り、前座で山本小鉄星野勘太郎上田馬之助らと出世争いを展開していた。

1966年に吉原功と共に日本プロレスを離脱、高校の先輩であるヒロ・マツダも加えて国際プロレス旗揚げに参加。その間には豊登道春アントニオ猪木が旗揚げした東京プロレスにもゲストながら参戦している。

国際プロレス時代は新人選手のコーチも務め、若手時代のストロング小林(小林省三)、マイティ井上(井上末雄)、ヤス・フジイ(藤井康行)らを指導している[1]

その後、ヒロ・マツダと共に国際プロレスを離脱し、アメリカ合衆国へ渡航。アメリカではオレゴン州フロリダ州オクラホマ州などのテリトリーを転戦し、現地の強豪レスラーと鎬を削った。

1973年から1975年までジャイアント馬場に請われて全日本プロレスに助っ人として参戦。日本側陣営の重鎮として馬場とコンビを組んだほか、コーチとしてジャンボ鶴田(鶴田友美)、渕正信[2]ら当時の若手レスラーを指導している。また全日本プロレスのビッグイベントであるチャンピオン・カーニバルに、第1回(1973年)、第2回(1974年)と連続参加した。

1976年から再びアメリカへ戻り、オレゴン州を中心にファイトし、1978年に現役を引退。引退後はオレゴン州ポートランドに居を構えて実業家として活動しており、年に一度は日本へ来ることもあるという。

指導した選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『忘れじの国際プロレス』P11、P40(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  2. ^ 渕は鈴木のことを現在でも師と慕っている。マティ鈴木さん 渕正信ブログ 酔々ブルース 2009年5月17日参照