ジョセフ・ルード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・ローワン
エリック・ローワンの画像
プロフィール
リングネーム エリック・ローワン
ソルーフ
ソルーフ・マリウス
本名 ジョセフ・エリック・ルード
ニックネーム アメリカン・ヴァイキング
身長 202cm
体重 136kg
誕生日 (1981-11-28) 1981年11月28日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州ミネアポリス
所属 WWE
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー エディ・シャーキー
ハーリー・レイス
本田多聞
デビュー 2003年9月1日
テンプレートを表示

ジョセフ・ルードJoseph Erick Ruud1981年11月28日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身。現在、WWEエリック・ローワンErick Rowan)のリングネームで所属。

来歴[編集]

ミネソタ大学に在学時はアメリカンフットボール選手として活躍。プロレスラーになるため卒業後、ロード・ウォリアーズなどを指導したことで有名なエディ・シャーキーが主宰するエディ・シャーキー・ジムにてトレーニングを開始。2003年9月1日に地元であるミネソタ州ミネアポリスのインディー団体にてケン・アンダーソンを相手にソルーフ・マリウスThoruf Marius)のリングネームでプロレスラーデビューを果たした。デビュー後、ノースミッドウエスト地区のインディー団体を中心に活動。

2006年、WLWとNOAH共催のレスリング・キャンプに参加。これがきっかけでWLWにソルーフThoruf)のリングネームで参戦[1]。トレーニングを中心に活動し、2007年6月にはWLWから5人目の留学生としてNOAHに参戦。約3ヶ月間に渡ってNOAHの合宿所に入り、日本人レスラーと共にトレーニングを積む。また、ツアーにも同行して雑用なども行った[1]。主にロッキー・ロメロとタッグを組んでアンダーカードに出場し、勝ち星に恵まれなかったがシングルマッチにおいて唯一平柳努から勝利を得ている。

帰国後はMCW(Music City Wrestling)、MIW(Midwest Indy Wrestling)など、ミネソタのインディー団体に参戦する傍ら、ノルウェーのテレビ局であるTVNorgeにて放送されたリアリティーショー、Alt for Norgeに出演。

2010年12月WWEとディベロップメント契約。傘下団体のFCWにてエリック・ローワンErick Rowan)のリングネームでデビュー。FCWと新人発掘番組であったNXTが統合した新生NXTへと移行後、ハウスショーを中心に出場。11月よりテレビショーにデビューし、ブレイ・ワイアットがリーダーを務める怪奇派ユニット、ワイアット・ファミリーに加わった。

2013年1月、初代NXTタッグ王座トーナメントに出場するが、決勝でブリティッシュ・アンビションと対戦して敗戦し、初代王者チームになれなかった。そしてNXTタッグ王座を巡ってブリティッシュ・アンビションと抗争を開始することになるが、抗争開始早々にオリバー・グレイが腕の故障により欠場することになったために試合でグレイを一方的に襲撃して長期欠場をさせるアングルが組まれた。一人になったエイドリアン・ネヴィルがグレイの代理としてボー・ダラスと組んで幾度となく対戦を繰り広げ、5月2日にNXTタッグ王座を奪取した。

5月よりワイアット・ファミリーのPVがRAWSmackDownなどの番組で流されるようになり、その際に羊のマスクを被り始める。7月8日、RAWにてケイン vs クリスチャンのシングルマッチにおいてケインの勝利後、ワイアット・ファミリーのメンバーと共に乱入。ケインを襲撃し、担架で搬送しての退場をさせた。

2014年、ルーク・ハーパーと共にWWEタッグ王座に挑戦する活躍を見せるも獲得をする事が出来ず、10月にブレイ・ワイアットの解散の号令により独立した。以降は独特の行動を見せながら時折スキットに登場していた。11月17日、RAWにて当日に故障によりSurvivor Series 2014に出場不可能となったシェイマスの代役としてチーム・シナ入りし、ベビーターンを果たした。その後、チーム・シナを裏切ったビッグ・ショーに対し「いじめっ子は嫌いだ」と言い、抗争を開始。シナ・チームとして勝利した。その後しばらくベビーとして戦い続けるも、2015年5月に再びハーパーと組む。

その他[編集]

  • NOAHに参戦時、2メートルを越す巨体から繰りだすパワー殺法で注目された。パワーだけでなくスピードを兼ね備えた選手になることを目標としている[2]。また慣れない日本での生活で一時ホームシックになりかけたものの、当時NOAHの世界ジュニア王者だった青木篤志が積極的に手を差し伸べたことで問題を克服したことから、現在も青木を敬愛しているという[3]

得意技[編集]

  • アルゼンチン・バックブリーカー
2014年11月のベビーターン以降のフィニッシャー。
  • サイドスラム
WWEでのフィニッシャー。
  • スピニング・サイドスラム
NXTでのフィニッシャー。
WWE昇格時に使用したフィニッシャー。
インディー団体活動時のフィニッシャー。変型ネックブリーカー
チョークスラム

獲得タイトル[編集]

NXT
w / ルーク・ハーパー
FLWA(French Lakes Wrestling Association)
  • FLWAヘビー級王座 : 1回

入場曲[編集]

  • Live in Fear
  • Swamp Gas
  • Sheepherder - 現在使用中

脚注[編集]

  1. ^ a b NOAH Summer Navigation'07公式パンフレット
  2. ^ NOAH Spring Navig'07公式パンフレット
  3. ^ 悩めるWWEローワンを救った男 - 東京スポーツ・2015年3月1日

外部リンク[編集]